トップへ » 当院の方針 » 咬合矯正歯科

咬み合わせから全身の健康を考えたい方の為の【矯正治療】

矯正治療

矯正治療「思うように物が噛めない」「肩こりがひどい」「胃の調子が悪い」「集中力がない」「うまく噛めていないが、なぜかどこの歯科医院でも『問題ありません』と言われる」そんな症状はありませんか?それは歯の噛み合わせが原因かもしれません。

噛み合わせがよくないと、体ばかりか精神的にも悪影響がでてきます。当院での矯正は総義歯のようにキレイに並べる美容矯正ではなく、噛み合わせを正しくすることで、歯の機能を回復させることを目的としています。


このページでは当院が行っている矯正歯科治療についてご紹介いたします。

【当院の矯正治療の考え方】見てくれだけの矯正から、全身の健康を考えた矯正へ

当院での矯正は総義歯のようにキレイに並べる美容矯正ではなく、噛み合わせを正しくすることで、歯の機能を回復させることを目的としています。見た目だけ美しく並んでも、噛めなくては意味がないからです。

噛むことがいかに脳力に影響を与えるか、ということは近年いろいろと研究され、一般にも広く知られるようになってきました。よく言われる例として以下の事があげられます。

・寝たきりだった人が、歩けるようになった。
・うつ状態でこもっていた人が、すっかり明るい表情になった。
・スポーツ選手が噛み合わせを直したら、成績が上がった。

当院でも以下のような事例があります。
・長年、仲々子宝に恵まれなかった人が、噛み合わせを直してきたら妊娠したり、子沢山になった。
・今まで何回も入試に失敗してきた人が、合格した。 

全て、全身のバランスがよくなって血流がよくなった結果ではないでしょうか。

従来の矯正治療は歯が並ぶスペースをつくるために抜歯して、ワイヤーで固定するという方法でしたが、当院では拡大床の装置によって、いったんあごを拡げ、無理なく上下を噛み合わせます。

その後、新たな装置によって、自然に正しい噛み方に治まるという、人間本来の持つ自然の力を利用しております。しっかり噛めるようになると顔の筋肉が活性化して、表情もやさしくイキイキしてきます。

「思いきり口を開けて笑えるようになった」「キレイになったといわれた」「若返った」など、たくさんの喜びの声が寄せられています。

【床矯正】当院で使用している矯正装置

今までの矯正歯科は、永久歯を抜いたあとブラケットを使い24時間何年も装着するという、患者さまにとって、見た目にも精神的にも、大変負担のかかるものでした。

当院の矯正では、夜寝ているときだけ装着する取り外し式の矯正装置を使用します。これはワイヤーを使った治療方法ではないため、食事中や学校・仕事のときなど、人前に出るときは装置をはずすことが可能です。

この矯正法は床矯正(しょうきょうせい)と呼ばれ、歯を正しい位置に動かすとともに、歯の土台そのものを正しい大きさに拡大します。床矯正装置には、スクリューが装着されており、ネジを巻いてスクリューを移動させることで、歯の土台を拡げたり歯を動かしたりします。

ただ、この方法は噛み合わせを正常にするための方法です。つまり、前歯の並びも改善されますが、総義歯のように横一列に並ぶということは難しいといったデメリットがあります。

<床矯正の特徴>
・装置は取り外しができます。お口の掃除もきちんとできて衛生的です。
・夜だけの装着が可能なので外出中など外見を気にする心配がありません。
・装置は初め2、3日違和感や軽度の痛みがある程度です。食事の制限もありません。
・期間は2~3年、保定に1年かかります。途中で止めると噛み合わせが悪くなってしまいますので、必ず続けることが大切です。

床矯正

患者様からのお問い合わせQ&A

Q.治療期間はどのくらいですか?
A.治療期間は個人差があり、1年半から3年近くかかる場合があります。

Q治療費は医療費控除の対象になりますか?
A.医療費控除の対象になります。

関連するページ一覧

当院の方針
院内ツアー一般歯科咬合矯正歯科/症例審美歯科・ホワイトニング/症例
入れ歯治療予防歯科顎関節症歯ブラシ・予防グッズ
今月のニュースレターアクセス・今月の診療時間患者さまの声ローン、医療費控除について

ドクター紹介・経歴
スタッフ紹介ドクター向けページ
スタッフ募集プライバシーポリシー

虫歯・入れ歯・噛み合わせについてのご相談・受診予約を受け付けています

無料カウンセリングのお申し込み、ご予約はこちら

このページのトップへ


トップへ » 当院の方針 » 咬合矯正歯科


コールバック予約