トップへ » 当院の方針 » 今月のニュースレター

6月の歯の話

歯医者に行こう!
年に一度の「歯の衛生週間」にちなんで、毎年6月には歯医者さんに行ってみませんか?別に何の症状もないと思っていても、プロの目でチェックすると思わぬ所に初期虫歯があったり、自分では見えない所に歯垢がたまっていたりするのを早期発見することができます。発見が早ければそれだけ早く治療にとりかかることができるのです。悪くなればなるほど治療も困難になり、時間もお金もかかるわけですから、少なくとも年に1回定期検診に行くというのは良いことずくめです。


★こんな時は迷わず歯医者さんに行こう!

 1.歯が痛い時
   虫歯になっている可能性大。放っておくと虫歯はどんどん進行します。
なるべく早く治療しましょう。
 2.歯に冷たいものがしみる時
   虫歯か知覚過敏になっている可能性大。早い段階の治療は簡単です。
 3.歯ぐきから血がでる時
   歯周病の可能性大。歯ぐきの色も変色していませんか?重症になると
歯が抜けることもあります。早めに検査しましょう。
 4.歯の汚れが気になる時
   見た目だけの問題でなく、虫歯や歯周病の原因にもなります。歯磨きで
   落ちなかった汚れや黄ばみは、プロにクリーニングしてもらいましょう。
5.口臭が気になる時
   原因はいろいろありますが、虫歯や歯の汚れが原因の場合もあります。
   一度相談してみましょう。
 6.歯並びが気になる時
   見た目だけの問題でなく、磨きにくい部分が虫歯になりやすかったり、
発音が悪くなったり、体調不良など、全身の健康状態に影響することが
あるので、一度チェックしてもらいましょう。
 7.一年以上歯医者さんに行っていない時
  何の症状もないと思っても、初期の虫歯や歯周病はほとんど痛みません。
  もしこの早い段階で発見できれば治療も簡単。自分の健康のためにも
  定期的に歯科検診をしましょう。

歯の衛生週間です。歯やお口の健康を考えましょう!

5月の歯の話

風薫る5月。ゴールデンウィークも過ぎて、少し遊びつかれてはいませんか?
さて、6月4日は虫歯予防デーです。定期検査に行くことをお勧めします。毎日歯を磨いていても知らないうちに意外なほど汚れがついています。プロの手でしっかり歯の汚れを落としてもらい、虫歯や歯周病のない快適な生活を送りましょう。

歯並び
あなたは自分の歯並びが気になりますか?歯並びがきれいな人の笑顔は美しいものですね。理想的な歯並びとは、噛んだ時に上下・前後で2~3㎜重なり、中央の歯と歯の境目が上下合っていて、前の下の歯以外が上下互いに1本につき2本対応している噛み合わせです。歯並びや噛み合わせの悪さは、見た目の問題だけではなく、磨きにくい部分が虫歯になりやすかったり、発音が悪くなったり、肩こり・頭痛、原因不明の体調不良など、全身の健康状態に影響することがあるので注意が必要です。

★歯並びが悪くなる原因
歯並びが悪くなる原因は様々。あなたの日常生活のふとした動作やくせが、歯並びを悪くする原因になっているのかもしれません。以下に歯並びに影響するポイントをあげました。このすべてが歯並びを悪くするものと断定することはできませんが、原因を知ることで予防も可能になりますのでチェックしてみてください。

く せ...指しゃぶりの時期が長かったり、指・爪・唇を噛む、寝る時にいつも同じ方を向いて寝る、ほおづえをつくことなどが習慣になっていると、噛み合わせが悪くなることがあります。
食べ方...柔らかいものばかり食べていたり、あまり噛まずに飲み物で流し込むような食べ方をしていると、あごが十分に発達しません。そうすると歯の大きさとあごの大きさのバランスが悪くなり、歯の生えるスペースが狭くなって歯並びがデコボコになります。子供の頃から食べ物をしっかり噛んで食べる習慣をつけましょう。
虫 歯...乳歯の虫歯で早い時期に歯を抜いてしまうと、本来生える位置と違う場所に6歳臼歯が生えてくるため、歯並びがデコボコになりやすくなります。大人になってからでも、親知らずに押されたり、抜歯した所をそのままにしておいたことで歯並びが悪くなることがあります。
遺 伝...歯やあごの形や大きさなどがある程度遺伝するので、それが問題になる可能性があります。
口呼吸...本来、正常な呼吸方法は鼻呼吸ですが、アレルギー性鼻炎や扁桃腺の影響で口呼吸のくせがつくと、顔面の発育に悪影響を及ぼし歯並びが悪くなる原因になることがあります。

4月の歯の話

入園・入学・就職などの新しい生活が始まる春。
学校や職場では、通常4月から5月の早い時期に健康診断が行われます。
普段気を付けていたにもかかわらず、新生活に向けての準備に追われ、お口のお手入れがおろそかになっていませんでしたか?早期発見・早期治療が大切です。
検診に行きましょう!

虫歯の進み方と症状

子供の頃、学校の歯科検診で、「C1」とか「C2」とチェックされませんでしたか?
これは虫歯の進行度合いを表すもので、Cは虫歯の意味をする「カリエス(Caries)」からきています。虫歯の進行状態はCOからC4までの5段階あります。

★CO(シーオー)
 Oは数字のゼロではなく英語の「オブザベーション(Observation観察)」のオーで要観察歯のことです。自覚症状がなく、明らか虫歯というわけではないがエナメル質が白濁している初期症状。丁寧な歯磨きを身につけましょう。

★C1(エナメル質の虫歯)
 歯の表面が灰白色・黄褐色・黒褐色に変色し、エナメル質が溶けて穴があいている状態。まだ痛みやしみる症状はありません。虫歯の部分を取り除いて、樹脂や金属をつめる治療をします。麻酔を使わなくても痛みは感じません。

★C2(象牙質の虫歯)
 虫歯がエナメル質の下の象牙質まで進んだ状態。甘いものや冷たいものがしみたりします。C1と同じく虫歯の部分を取り除いて、樹脂や金属をつめる治療になりますが、象牙質は痛みを感じる所なので、治療では麻酔を使うことがあります。

★C3(歯髄の虫歯)
 象牙質をつきぬけて虫歯が歯髄(神経)にまで及んだ状態。ズキズキした痛みがあり、我慢強い人もさすがに歯科への通院を決断する時期です。虫歯部分を取り除き、神経を取り、そこにできた空洞をきれいにして薬をつめ、被せ物をする治療になります。歯の型を取ったり、薬の交換もあるので治療に時間がかかります。

★C4(歯根だけ残った虫歯)
 歯肉から上の見える部分がほとんどなくなってしまい、歯の神経が死に、歯の根の先の方まで細菌が感染してしまった状態。歯髄が死んでいると痛みは感じませんが、炎症はあごの骨にまで進むことも。ここまでくると歯を抜いてしまうしかありません。それどころか放っておくと全身の健康を害する病巣になることもあります。

虫歯は早期発見・早期治療が重要です!

3月の歯の話

卒園・卒業、別れの季節の3月。
その後には入学・就職などの新しい出会いが待っています。
新しい環境での新しい出会いの時には、やはり他人には良い印象を与えたいものです。
白くて美しい歯でニッコリと、とびきりの笑顔を見せられるようにしましょう。
そのためにも虫歯や歯周病は早めに治療しておきます。
新生活がスタートすると、新しい環境に慣れるまで通院の予定が組みにくくなると思われます。
今のうちに時間を作って診察に行くようにしましょう。

お口のにおい、気になりませんか?
一口に口臭と言っても原因や程度はさまざま。時々自分の口臭を客観的にチェックして予防することは、マナーとしても健康のためにも大切なことです。必要以上に気にしすぎることはありませんが、虫歯や歯周病、気になる口臭がある方は、早めに歯科へ行き、原因を解明し治療しましょう。

2月の歯の話

2月といえばバレンタインデー
チョコをプレゼントしたいなと考えている人、いくつもらえるか期待に胸をふくらませている人、いろいろでしょうね。チョコの甘さが歯にしみませんでしたか?そんな時は迷わず診察に行きましょう。甘い物を食べたら歯磨きをお忘れなく。
甘い物を食べると虫歯になるの?

虫歯の原因になるミュータンス菌は砂糖が大好き。砂糖をたくさん使ったお菓子、なかでもキャラメルのように歯にくっつきやすいものや、キャンディのように長時間口の中に入れているものは虫歯になりやすいお菓子といえるでしょう。お菓子の代わりにチーズなどの乳製品や、果物や野菜を利用すれば、歯のためにも栄養面から見ても理想のおやつになります。ただし、甘いお菓子がすべて悪いわけではありません。要するに食べ物の種類よりも、食べ方や食べたものが口の中に残っている時間が問題になるのです。おやつは時間と量を決めてダラダラ食いをしないことが大切なポイントです。

1月の歯の話

あけましておめでとうございます
本年もよろしくお願い致します。

お正月はどのようにお過ごしになりましたか?年末年始の暴飲暴食による歯や歯ぐきの不具合はありませんか?お餅を食べて歯の詰め物が取れたりしませんでしたか?そんな時は迷わず診察に行きましょう。
年末年始も休まず働いているあなたの歯にも是非、定期検診というお年玉を。

「歯のかぶせ物」ってどんなもの?

虫歯になっても、早期発見・早期治療をすれば、虫歯を削った後に「詰め物」をするだけで済むので、通院回数も短く済みます。虫歯がひどくなると、「かぶせ物」の治療になるので通院回数も少し長くなります。虫歯かなと思った時も、治療した所が取れた時にも早めに歯科へ。

★詰め物(インレー)・かぶせ物(クラウン)
保険治療の場合に使用するのは、金銀パラジウム合金などの金属(一般に奥歯に使われる銀歯)や、歯の色に合わせたレジンなどの樹脂。保険外であれば、オールセラミック、あるいはメタルボンド(金属にセラミックを被せたもの)、セラミックとプラスチックの複合材料、金合金など優れた材料を使用することができます。銀合金は保険適用で安価ですが、見た目が目立つのが気になるという方もいます。前歯には保険で白いレジンを銀合金に被せたクラウンの使用が認められましたが、唾液を含んで色が変わったり膨張したりします。セラミックやメタルボンドなら美しく耐久性もあるのですが、保険外のため高価です。最近では種類も増えており、その分治療費の幅も広がっています。高いものほど自然で美しい仕上がりになるのは確実。考えようによっては、歯は毎日使うものなのでそれほど高い買い物ではないのかもしれません。ただしお手入れが悪ければ、せっかく高価なものを選んでも長持ちしません。定期検診を忘れずに受けましょう。
それぞれの材料に、メリット・デメリットがありますので、よく歯科医に相談して決めましょう。

★治療した歯は虫歯になりやすい?
虫歯を治療した所は、どうしてもかぶせ物との境目に歯垢がたまりやすくなるもの。汚れがたまったまま放置しておくと、知らないうちに虫歯が進行して、歯の神経が侵されたり、歯ぐきが腫れたりします。治療したからと安心しないで、日ごろから歯間ブラシやデンタルフロスを使って丁寧に磨くようにしましょう。


トップへ » 当院の方針 » 今月のニュースレター


コールバック予約