トップへ » 当院の方針 » 一般歯科 » 【虫歯治療】痛みが少ない、できるだけ削らない治療

【虫歯治療】痛みが少ない、できるだけ削らない治療

あなたは今、歯があるから大丈夫、たとえ歯を失っても、義歯(入れ歯)やインプラントがあるから安心、一生歯には困らないはずだと思っているのではありませんか。歯を失って初めて歯の大切さがわかります。歯がないと咬みにくい・バランスが悪い・美味しく感じられないのです。

"治療するのは痛い""歯を削られるのはイヤだ"こういった不安から、虫歯をそのまま放置している方はいませんか?どうぞ、ご安心ください。当院では、「できるだけ削らない・痛くない」をモットーに、患者さまへの負担が少ない歯科治療を行っています。

虫歯の治療といえば、歯を削って充填する。更に虫歯が進行すると神経をとるという治療を行ってきました。しかし神経をとった歯は大変にもろくなり、枯れ枝のように割れたり、折れたりします。

最近の治療では神経もなるべくとらずに、ぎりぎりまで持たせるようにします。当院では窩洞内の細菌を消毒し、レーザー治療によって神経の活性化を促す研究を行っております。その方の持っている生命力、体力、免疫力等によって少しでも長持ちさせるようにします。

nk.png
MI治療(自費)
MI=Minimal Interventionの略で、
必要最小限度の侵襲という意味です。
顕微鏡を用いることで、
カリエス治療による歯質切削量は劇的に少なくなります。


トップへ » 当院の方針 » 一般歯科 » 【虫歯治療】痛みが少ない、できるだけ削らない治療


コールバック予約