トップへ » 当院の方針 » 一般歯科 » 【レーザー治療】治りの早いレーザー治療を導入

【レーザー治療】治りの早いレーザー治療を導入

レーザーは、色々な症例に治療効果が高く、今まで治りにくかった症例に威力を発揮します。CO2レーザーにおいては、麻酔も不要です。また、治りも早く、副作用もありません。より質の高い治療が可能となります。
レーザー治療

幅広いレーザーの治療範囲
虫歯の治療
最近は、なるべく神経を抜かないで、虫歯が深く達している場合でも生きたまま歯を使えるようにします。その際、レーザーを使うことによって、治療の質を上げることができるのです。

歯周病の治療
歯周病で腫れた歯肉や、歯と歯茎の間の溝にたまったウミを出し、殺菌することによって、健康な歯茎を取り戻すことができます。従来ですと、抜歯のケースも多くありましたが、レーザーによって治癒力を高め、当院では改善されることが多くあります。

あごの痛みの治療
大きな口を開けられない場合は、あごの関節の痛みをとります。

根(神経)の治療
細菌に感染した根管内のウミを出し、殺菌を行うことで炎症を抑えます。

口内炎や入れ歯の傷への治療
痛い口内炎や、入れ歯でできた口内の傷もレーザーによって早く改善します。

知覚過敏の治療
歯の根っこが露出し、歯ブラシなどがあたると痛い場合も、レーザーによって症状を軽減させることが可能です。


トップへ » 当院の方針 » 一般歯科 » 【レーザー治療】治りの早いレーザー治療を導入


コールバック予約