トップへ » 当院の方針 » 一般歯科 » 【根管治療】できるだけ歯を抜かない治療

【根管治療】できるだけ歯を抜かない治療

根管治療当院は抜く必要のない歯はできるだけ抜かないように、安全かつ最新の技術で治療し、歯を残すようにします。そのひとつが根管治療です。根管治療とは歯の根っこの治療のことで、細菌に汚染された神経や血管を取り除いて清潔にして薬剤を詰め、被せものをします。
当院では、どうしても必要な場合には、歯を抜くこともあります。それは、無理にボロボロの歯を残しても、余計に患者さまを苦しめる場合です。

無題sat.jpg
治療ではレントゲン写真、お口の模型、口腔内写真などで説明を行い、コミュニケーションをとりながら治療を進めていきますのでご安心ください。被せる物も見た目に美しいだけでなく、アレルギーの心配がないオールセラミック冠・パラジウムフリーの金属冠などがあります。

【マイクロスコープ】より精度の高い治療のために
当院ではドイツ製の手術用顕微鏡を使い、虫歯の診断や根管治療を行っています。肉眼では確認できない初期虫歯やひび、細い根管も顕微鏡を利用することで、より正確な診断、治療が可能になりました。精度の高い治療を行うことで、患者さまの負担が軽くなり、完治までの時間が短縮できるというメリットがあります。
根管治療


トップへ » 当院の方針 » 一般歯科 » 【根管治療】できるだけ歯を抜かない治療


コールバック予約