トップへ » 当院の方針 » 一般歯科 » 【歯周病治療】

【歯周病治療】

歯周病とは歯を支えている歯肉や歯槽骨が徐々に破壊されていく病気です。
歯周病とは歯の根元にある骨(歯槽骨)や歯茎に、細菌(歯周病菌)が炎症をおこして、
骨を溶かしていく病気です。痛みなどの症状がなく進行していくため、気がつかないうちにぐらぐらして最終的には歯が抜け落ちてしまいます。

口の中は、さまざまな細菌がいっぱいいます。
その病原菌が歯肉の溝で増殖することによって歯周病が発症し、歯が抜けていくのです。
更にその菌が血液を通して全身にまわり、さまざまな病気の原因をつくります。
心臓疾患・脳血管障害・糖尿病・肺炎などに悪影響を及ぼします。
つまり歯や口の中の悪い状況が全身の健康に影響を及ぼすのです。
歯周病の治療をすると、血糖値が改善されるという報告もされています。

歯周病の発症や進行は多くの原因が考えられます。
歯周病菌・糖尿病・タバコ・メタボリックシンドロームそして、現代では咬みしめ・歯ぎしりによって歯周病を発症し、歯を喪失することが大変多くなっております。
その為にもご自分では取れない歯肉のポケットの中の深いところにつく歯石(歯垢にカルシウムが沈着したもの)を、取る必要があるのです。
そして何よりも大事なことはご自身で行う歯磨きがきちんとされることです。
まずは歯科衛生士の指導を受けて、自己管理ができるようになりましょう。
もうひとつ見落とすことができないのが、歯の噛み合わせです。
噛み合わせが悪いと歯に異常な負担がかかります。
ものが十分に噛めないところがあると、他の歯に負担がかかり、
土台がグラグラして、そこに細菌が侵入して歯周病が悪化していくのです。
歯の噛み合わせを整えることが不可欠なことです。

ご自分のお口が歯周病かどうかチェックしてみましょう!
ひとつでもこんな症状があったら早めの検査と処置が必要です。
□ 朝起きたとき口の中がネバつく。
□ 歯を磨くとき歯茎から出血する。
□ ご自分で口臭が気になる。人から口臭がすると言われた。
□ 歯肉が赤くただれている。
□ 歯と歯の間に隙間ができて食べ物がはさまる
□ 歯がグラグラして痛い。かたいものが咬めない。
いかがでしょうか。

「歯肉が腫れる・痛い」といった症状をお持ちの方、
ぜひ一度歯周病の検査を受けて頂くことをお勧めいたします。
IMGP0826.JPG
 


トップへ » 当院の方針 » 一般歯科 » 【歯周病治療】


コールバック予約