トップへ » 当院の方針 » 入れ歯(義歯)治療 » 入れ歯(義歯)でお悩みの方の為の【咬める入れ歯(義歯)治療】

入れ歯(義歯)でお悩みの方の為の【咬める入れ歯(義歯)治療】

入れ歯治療今の入れ歯に不満はありませんか。

「痛くて咬めない」「口をあけると落ちてくる」
「しゃべりづらい」「食事の時ははずす」・・・・・

このような義歯でお困りの方、ご相談下さい。
当院では昔ながらの方法のみにとらわれず、
一人一人の顎の状態にあった方法を
いつも開発しながら「咬める入れ歯」を作成していきます。

どうせ入れ歯なんだから、少しぐらいのガタツキはしょうがない......。初めからそう思いこみ、少々不具合があっても、我慢して使っている方はいらっしゃいませんか?合わない入れ歯には、必ず理由があります。当院では患者さまが抱えている問題点を詳しくお聞きしながら、ベストな方法を的確にアドバイスしています。

このページでは当院の入れ歯治療についてご紹介いたします。

<噛める入れ歯(義歯)について>
当院では義歯を作るときに噛む機能を回復させるための義歯ということを重視しています。最近では歯を失ったところにはインプラントを植め込む方法も増えてきました。しかし、それは充分な診査の上で顎の骨の状態がしっかりしていて、骨にインプラントを植立しても大丈夫という状態でないと、骨ごとダメになります。

そのため、リスクのある治療は安易に行うことはできません。歯周病が進んで歯槽膿漏で歯を失った場合、やはりすぐに噛めなくなってしまします。当院ではそれらの問題を解決すべく、治療を行っています。


<大事なことは歯茎(土手部分)を固めることです>
1本でも歯が抜けたら周囲の歯が倒れてきます。また、顎のなくなった歯の反対部分の歯が伸びてきます。こうして、全体のバランスが崩れてしまいます。1本歯が抜けても、入れ歯、ブリッジ、インプラントなどによって、きちんと修復することが大事です。入れ歯を入れても、やはり馴れるまでに1ヶ月近くはかかります(人によります)。少なくとも2~3回の調整をした方が、よりぴったりフィットしてきます。
    
大事なことは歯茎(土手部分)を固めることです。入れ歯がしっかり噛めるようにするには、その為にも歯茎をゴムブラシでマッサージすることが大切です。

PICT0075.JPG
PICT0074.JPG
PICT0158.JPG
PICT0157.JPG



トップへ » 当院の方針 » 入れ歯(義歯)治療 » 入れ歯(義歯)でお悩みの方の為の【咬める入れ歯(義歯)治療】


コールバック予約