トップへ » 当院の方針 » 顎関節症 » 【顎関節症の予防】顎が痛い、良く噛めないという方へ

【顎関節症の予防】顎が痛い、良く噛めないという方へ

顎関節症の予防虫歯、やわらかい食べ物を好む、噛みグセなどがあると、あごに負担がかかり、顎関節症を引き起こすことがあります。

口が開かない、大きな食べ物が食べられない、喉が痛む、カクカク音が鳴る、頭痛・肩こりなどの症状がありませんか。また、歯を失う一番の原因が噛みしめによるものです。自分では気が付かなくても、噛みしめによって、歯が折れたりします。就寝中はナイトガードをつけることによって歯ぎしりを防止します。

スポーツや力仕事などのほか、歯ぎしりでも歯が折れたり、すり減って噛み合わせが悪くなって顎関節症を起こすことがあります。就寝中の歯ぎしり防止にはナイトガードや、前歯部にスプリントをつけるのが効果的です。

顎関節症の予防口が開かない、大きな食べ物が食べられない、あごが痛む、カクカク音が鳴る、頭痛・肩こりなどの症状がありませんか?思い当たる方は当院で検診してみることをおすすめします。


トップへ » 当院の方針 » 顎関節症 » 【顎関節症の予防】顎が痛い、良く噛めないという方へ


コールバック予約