トップへ » 当院の方針 » 今月のニュースレター » バックナンバー (2008年6月号)

院内報デンタルニュース  ♦ 2008.6月号 ♦

6月4日は虫歯予防デー。「6(む)」と「4(し)」の語呂合わせにちなんで
日本歯科医師会が実施したのが始まりです。
なんと1928年(昭和3年)からという歴史のあるイベントです。

今では毎年6月4日から6月10日までの1週間が「歯の衛生週間」となっています。
ずっと歯科に通っていない方は、この機会に歯科検診を受けてみてはいかがでしょうか。
早期発見・早期治療をして歯の寿命を延ばしましょう。

歯医者に行こう!

年に一度の「歯の衛生週間」にちなんで、毎年6月には歯医者さんに行ってみませんか?別に何の症状もないと思っていても、プロの目でチェックすると思わぬ所に初期虫歯があったり、自分では見えない所に歯垢がたまっていたりするのを早期発見することができます。発見が早ければそれだけ早く治療にとりかかることができるのです。悪くなればなるほど治療も困難になり、時間もお金もかかるわけですから、少なくとも年に1回定期検診に行くというのは良いことずくめです。

★こんな時は迷わず歯医者さんに行こう!
 1.歯が痛い時
 虫歯になっている可能性大。放っておくと虫歯はどんどん進行します。
 なるべく早く治療しましょう。

 2.歯に冷たいものがしみる時
 虫歯か知覚過敏になっている可能性大。早い段階の治療は簡単です。

 3.歯ぐきから血がでる時
 歯周病の可能性大。歯ぐきの色も変色していませんか?
 重症になると歯が抜けることもあります。早めに検査しましょう。

 4.歯の汚れが気になる時
 見た目だけの問題でなく、虫歯や歯周病の原因にもなります。
 歯磨きで落ちなかった汚れや黄ばみは、プロにクリーニングしてもらいましょう。

 5.口臭が気になる時
 原因はいろいろありますが、虫歯や歯の汚れが原因の場合もあります。
 一度相談してみましょう。

 6.歯並びが気になる時
 見た目だけの問題でなく、磨きにくい部分が虫歯になりやすかったり、
 発音が悪くなったり、体調不良など、全身の健康状態に影響することがあるので、
 一度チェックしてもらいましょう。

 7.一年以上歯医者さんに行っていない時
 何の症状もないと思っても、初期の虫歯や歯周病はほとんど痛みません。
 もしこの早い段階で発見できれば治療も簡単。
 自分の健康のためにも定期的に歯科検診をしましょう。


トップへ » 当院の方針 » 今月のニュースレター » バックナンバー (2008年6月号)


コールバック予約