2009年7月 5日 - 2009年7月11日 « トップへ » 2010年6月13日 - 2010年6月19日

2009年7月16日

患者さまにベストな治療を最優先します

当院では、どうしても必要な場合には、歯を抜くこともあります。
それは、無理にボロボロの歯を残しても、余計に患者さまを苦しめる場合です。
もし虫歯が進み、歯の根っこが細菌に感染してしまうと、神経を抜かなければなりません。

細菌に汚染された神経や血管を取り除き、清潔にしてから根の保存をするのが根管治療です。
しっかり根管治療を行ったうえでかぶせものをすれば、歯の機能は回復しますが、どうしても根管治療が難しい場合や、重度の歯周病の場合は、歯を抜くことがあります。
それは、残すことよりも抜くことのほうが、患者さまの健康にとって良いと判断したからです。

治療方法にこだわるのではなく、患者さまが笑顔を取り戻す為のベストな治療方法を考えるのが、当院の治療方針です。

2009年7月12日

ローンのご案内

当院では患者さまのご便宜を考えて、ローン各種クレジットをご用意しております。
無理のない金額で計画的に治療を始めてください。
ローン(ジャックス提携)の場合、
分割払手数料は24回までは初谷歯科が負担いたします。

※歯科治療の医療費は所得控除の対象になります。
 所得金額から一定の金額を差し引くもので、控除を受けた金額に応じた所得税が軽減されます。

歯科の医療費控除とは?

医療費控除とは、自分や家族のために医療費を支払った場合、一定の金額の所得控除を受けることができる制度です。

治療にかかった費用は医療費控除の対象になります。医療費控除は医療費の負担を軽減するために設けられた制度で、一年間に10万円以上の医療費が必要になった場合に所得税の一部が戻ってきます

本人及び生計を同じにする配偶者その他親族の医療費(毎年1月1日から12月31日までの分)を支払った場合には翌年の3月15日までに申告すると医療費控除が適用され税金が還付または軽減されます。

ただし、年間お支払いになった医療費が10万円以上でなければ対象となりません。(申告額は200万円が限度です)所得金額合計が200万円までの方は所得額の5%以上医療費がかかった場合に申告できます。


2009年7月 5日 - 2009年7月11日 « トップへ » 2010年6月13日 - 2010年6月19日


コールバック予約