«  2021年1月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2021年1月24日

 
     今日は PMTCで落とせる着色の種類、原因について のお話です。
  
  PMTCで落とすことが出来るのは、飲みものや食事、タバコなどの外因性による
  着色です。
  主にポリフェノール化合物を含むもの、ワインや緑茶、そして実は
  洗口剤もそのひとつです。
  日本のものは少ないですが、アメリカの濃度の高いクロルヘキシジン配合の物は
  注意が必要です。
           
  またマスクが必須な昨今、口腔内が乾燥し、歯の歯面にも以前より着きやすくなって
  います。ご自身ではなかなか取りきれない汚れを、是非当院できれいにすっきりして
  快適な毎日のお手伝いをさせてください。

  衛生士 てる

2021年1月22日

院内でスタッフは
3ヵ月おきにメンテナンスをしてもらっています。

患者さんの気持ちになって、
どうしたらもっと良くなるかの勉強会も
一緒に行っております。

私は今回染め出しをして
自分が磨けていない箇所があり
衛生士さんに歯ブラシの指導を受けました。
とっても勉強になりました。

3ヵ月後は磨き残しが減っているといいです。
皆さんもご自身の口腔内がどうなってるかの確認のためにも
定期的にメンテナンスにいらして下さいね。

受付ユキ

2021年1月21日

最近、歯の虫歯の治療をした小さなお子様に
帰りがけに受付で
今日、麻酔出来て偉かったね。と言ったところ
全然痛くなかった!と帰られました。

当院では、麻酔を打つ前に
打つ箇所にクリーム状の表面麻酔を塗るので
針が刺さった感覚が減ります。
電動麻酔器は音楽が流れるので気がまぎれます。

歯科の麻酔は打つとき痛いというのが印象でしたが、
当院では小さいお子様でも痛くないくらいで
とても喜ばれております。

受付 ユキ

2021年1月19日

口輪筋を鍛えることは子供の頃から大切です。
口輪筋が鍛えられてないと、口を開けてる
習慣がついてしまったり、歯並びにも影響します。
風船を膨らませるなどの遊びを取り入れながら
鍛えられるといいですね。
当院では、トレーニングをとりいれた、
マウスピースの矯正をおこなっています。
気になることがある方は一度ご相談下さい。

歯科衛生士サキ

1/19今日は、いい口の日です

口の周りの筋肉「口輪筋」を知っていますか⁇
唇の周りの筋肉の事です。
意識しないと動かすことが少ないため、
衰えてくると口角も下がってしまいます。
特に今は毎日マスク生活、在宅勤務などで、
口を動かす機会が減ってきています。
意識して口輪筋を鍛えていきましょう!

歯科衛生士 サキ

2021年1月18日

前回の続きです。

今回はTCH(歯の接触癖)が及ぼす影響についてお話します。

まずは筋肉と顎関節への影響です。

筋肉に対しては、歯の接触による筋肉の疲労や痛みです。

顎関節に対しては歯の接触による持続的な力が関節に加わり、
顎の関節が圧迫され関節内の血流が悪くなり関節内で摩擦が
起こり、痛みが出ます。

次に歯への影響です。(TCHと歯ぎしりの兆候です。)

・金属の被せものが一部分ピカピカに光っている、穴があいている
・天然歯がすり減っている、天然歯が欠ける、詰め物が欠けやすい
・セラミックの被せものが欠ける、割れる
・歯にたくさんヒビが入っている(そのヒビからむし歯になることがある)

次に歯ぐきへの影響です。(TCHと噛みしめの兆候です。)

・歯周病になっている人は特に歯周病が悪化しやすい
・歯ぐきが下がってしまう

TCHは無意識に行っていることがほとんどです。

次回歯の接触癖を回避する方法についてお話します。


歯科衛生士  マヤ

2021年1月12日

今回はTCHが出やすい時についてお話します。

・緊張するような時
(営業のお仕事をされている方や人前で話したりする前など)

・うつむく動作
(読書中、何かを書いているとき、デスクワークの方、スマホを見ているときなど)

・集中しているとき
(細かい作業、運転する方など)

・家事全般
(料理中、掃除機をかけているときなど)

ご自身の生活スタイルのなかでTCHになってしまっている場面は
意外と多いかと思います。

どんなときにTCHをしているか意識してみるとよいでしょう。

次回続きをお話します。


歯科衛生士  マヤ

2021年1月11日


   今日も詳しくPMTCについてお話ししていきます。
  
 細菌の塊は、プラーク といわれますが、バイオフィルムは違います。
 バイオフィルムは細菌の安定した 住処 です。
 排水口のヌメリは流水だけでは取ることが出来ず、ブラシやスポンジなどでこすらなけれ
 ば取れません。
 歯についたバイオフィルムも歯ブラシやフロス、歯間ブラシでしか取れません。
 でもそれは歯から上の部分です。
 歯から下、歯肉の中にたまってしまった バイオフィルム は自分では取れません。
 
 そこで、私たち衛生士がプロフェショナルケアによる細菌叢の除去をお手伝いします!
      それかPMTCです!
 是非一度当院でおためし下さい。痛みなくとても気持ちいいですよ。


 衛生士 てる

2021年1月10日


    
 当院でもおすすめしているPMTCについて
 何回かに分けてお話していきます。

 PMTCの大きな目的は汚れや着色を除去し、歯面をただ磨くのではなく、
 バイオフィルムと呼ばれる細菌の膜を破壊し取り除くことです。
 
 バイオフィルムはたとえるなら排水溝のヌメリのようなものです。
 湿度があると細菌は繁殖します。落としにくい排水溝は汚れがたまりやすいですし、
 毎日洗う方は少ないと思います。
 
 歯も毎日歯ブラシはしますが、細かな歯と歯の間や歯と歯肉の間など
 きちんと歯磨きが出来ていないとバイオフィルムが形成されてしまうのです。
 
 衛生士 てる

2021年1月 8日

新型コロナウィルスの他にインフルエンザも流行る時期になりました。
皆様はどんな事に気を付けていますか?

バランスの良い食事・充分な睡眠・適度な運動といろいろありますが、
口腔内をキレイにする事で予防の1つになることをご存知ですか?

口の中にはウィルスが簡単に侵入しないように
粘膜をガードしているタンパク質の膜があります。
この膜は、歯垢などから発生する酵素によって
破壊されやすい為、歯磨きをすることによって
この膜を守り、ウィルスが粘膜に侵入することを
防ぐことができると言われています。

毎日の歯ブラシだけでは取りきれない汚れもあるので
当医院の予防のプロフェッショナルの衛生士に
ご自身では取りきれない汚れを落として貰い
しっかりとした予防をすることでウィルスに負けない体作りをしていきましょう。

鼻からの呼吸が習慣化すれば咽頭を守る事ができます。
お口の中を清潔にする事により、咽頭の炎症を未然に防ぐ事ができます。

もちろん、バランスの良い食事・充分な睡眠を心がけ、ストレスも少なくなる様に
心身を健康に保ち免疫力をUPさせることが1番大切です。
自分の身体は自分で守る(自己管理)を頑張って行きましょう。

受付ユキ

Archives

comments

trackbacks

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。