«  2020年1月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2020年1月19日

キシリトールは世界中で様々な研究が
行われ虫歯予防に効果がある事が
証明されています。
しかしキシリトールを摂取しているだけで
虫歯菌にならないように
なるわけではありません。
毎日のブラッシングは必ず必要です。
ハブラシ+αとして活用していきましょう。
1日3回 甘味料の50%以上が
キシリトールのものを選んで摂取しましょう。

歯科衛生士 サキ

2020年1月18日

ミュータンス菌はキシリトールを消化も吸収も
することが出来ないので、ミュータンス菌はどんどん弱り
ミュータンス菌の代わりに善玉菌が
定着するようになります。
またミュータンス菌は酸だけでなく、
グルカン(ネバネバしたもの)も排出します。
そこに様々な菌が集まり増殖してプラークを
形成しているのです。そのグルカンもつくられないので
プラークも形成出来なくなります。
研究でも、キシリトールを摂ることで
口腔内が虫歯の出来にくい環境に変わることが分かっています。

歯科衛生士 サキ

2020年1月17日

キシリトールは「歯にいい」と言うことは
何となく一般的にも知られていると思いますが、
どうして歯にいいのか具体的に
お伝えしていきたいと思います。

普段虫歯菌(ミュータンス菌)は糖を食べて栄養を吸収し、
その過程で不要物である酸を排出します。
その酸で歯は溶かされ虫歯になります。
しかしキシリトールの場合は、ミュータンス菌が
栄養を吸収しようとしても、消化も吸収も出来ないのです。
そのため排出物である酸もつくられないので、
キシリトールは虫歯の原因にならないのです。

歯科衛生士 サキ

2020年1月16日


今月入社した照井です。
ここ10年程予防歯科に勤めておりました。

予防は、お口のお掃除だけでなく、
歯周病の治療やプラークコントロールの確認、
虫歯の早期発見、より良い口腔内の健康のためのご提案

また体は食べた物で出来ているので健康に繋がる第一歩です。
長くお手伝い出来るよう頑張りますので
よろしくお願い致します!  


歯科衛生 アキ

2020年1月 7日

アクセスバーズを知っていますか。
頭にある32のポイントを指先で優しく触れることで、
脳と頭、身体に休息をもたらし、ストレスを解消することができます。
過度なストレスにより、無意識に「噛みしめ」や
「くいしばり」が習慣化している方が増大しています。
『アクセスバース』は噛みしめやくいしばりの緩和に効果的です。


当院の衛生士はアクセスバーズを行うことが可能です。
もしご興味がありましたら、スタッフにお尋ねくださいね。

受付 ユキ

2020年1月 6日


あけましておめでとうございます。
今年もスタッフ一同、頑張っていきますのでよろしくお願いいたします。

年末忙しくて検診クリーニングに行けなかった方も
新しい年になりましたので、お口もスッキリしませんか

お口の中の健康は全身の健康にもつながります。
ぜひ、いらしてください。
お待ちしております。

受付 ユキ

2019年12月27日

今年もお世話になりました。

来年もスタッフが一同頑張っていくのでよろしくお願いいたします。

年末年始のお知らせです。

当院は12月29日(日)~1月5日(日)まで休診です。

明日の13時半までは診療していますので、
なにかございましたら、ご連絡お待ちしております。

素敵な年末年始をお過ごしくださいね。

受付 ユキ

2019年12月20日

皆さん今日の歯磨きは100%中どれぐらい磨けているでしょ

定期検診では歯垢染め出し液を使って視覚的にわかりやすく
しています。

ご自身でどこにデンタルプラークが残っているのか、
苦手なところ、落としにくいところなどを把握することで
毎日の歯磨きでお口や、身体の健康を守ることができます。

歯磨きは毎日の習慣なので、どうしても無意識になってしまいます。
意識をしながら歯磨きをすることで磨き残しを減らせます。

定期検診で磨けているか歯磨きチェックを受けましょう。


歯科衛生士 マヤ

2019年12月18日

毎日の口腔ケアで歯周病菌を減らすことが
インフルエンザの予防につながるとお伝えしました。
口腔ケアにはブラッシングはもちろん、
唾液も重要になります。
耳下腺、舌下腺、顎下腺と3ヶ所の
大きな唾液の出類場所があります。
ここをマッサージする事で唾液の分泌を
促す事が出来ます。
ぜひ試してみて下さい。

歯科衛生士 サキ

前回は歯周病菌の話でしたが、今回は歯垢(プラーク)です。
歯垢1mgには約10億個の細菌がいることを知っていますか?
想像するだけでゾッとしますが、その歯垢細菌が作る酵素には
細胞内で増殖したインフルエンザウイルスを
細胞から出るのを助ける作用があります。
そのため重症化しやすくなるのです。
また治療薬の効果を低下させる可能性もあるそうです。
毎年インフルエンザにかかっているという人は
一度口腔ケアのチェックも受けてみてはいかがですか。

歯科衛生士 サキ

Archives

comments

trackbacks

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。