«  2022年4月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2022年4月 1日

  
  間食などで砂糖を頻回に摂取すると、歯面の脱灰時間が長くなり
  虫歯のリスクになります。

  1日に飲食の回数の合計が何回までなら、虫歯になりにくいのでしょうか❓

    研究の結論を見てみるとー


  虫歯のリスクを低くく抑えるためには 糖を含む飲食を
  1日4回までにするのがよいでしょう。

  これはそんなに大変なことではなさそうですね☺️
  朝昼晩、きちんと食べて、おやつは🍪時間を決めて
  飲みものは砂糖ぬきの水やお茶を飲めば🙆‍♀️
  楽しく美味しい毎日を送りましょう

    歯科衛生士 てる

2022年3月28日

  
  カリエスコントロールのために糖の摂取を減らすことは
  もちろん重要ですが、虫歯により大きく影響するのは
         量と回数とどっちでしょうかー⁉️

  歯磨き粉などのフッ化物の使用が増えている今日では
  糖の摂取量とう蝕発症の相関性は弱いとされています。

  ということはー量よりも回数増加のほうが、う蝕の重要なリスク と言えます🖕
  
  とは言っても食べすぎは肥満🙅‍♀️のもと😉
  ほどほどにしましょうね。


  歯科衛生士 てる

2022年3月23日

マイオブレースは早期予防矯正治療です。

装置を入れて様々なアクティビティをすることにより
鼻呼吸や安静時の正しい舌の位置
正しい飲み込み方、唇を閉じた姿勢など身につけることができます。

当院でもマイオブレースをする患者さんが増えてきました❗️

毎月の変化がとても楽しいという親御さんのお声と
歯医者さん好き❗️と言ってくれるお子さんたちが
たくさん来院していてとても嬉しいです。

これからも頑張っていきます。
 
受付 ユキ

2022年3月22日

  
   私たちの身の回りには、虫歯につながる食べ物、飲み物がたくさんあります。
   虫歯の心配せずに間食できるものをご紹介しましょう。

   チーズ🧀、ナッツ🥜、コーヒー☕️、麦茶、牛乳🥛がおすすめです。
   もちろん、コーヒー☕️は砂糖なしです😉
   ナッツも甘い味のついてないものを選んでください。

   又歯科専売のキシリトールのみのガムやタブレットもあります。
   興味がある方は是非おためしください。
  

   歯科衛生士 てる

お口の中は細菌だらけ。
わたしたちにとって都合のいい菌、悪い菌がいます。

今日は歯周病菌について。
歯周病になるとお口の中にいる歯周病菌が、
毛細血管の集まりである歯ぐきの
血管を通って全身をかけめぐります。

心臓や脳、その他様々な病気に歯周病の原因菌が
関わっているのではないかと言われています。

正しいケアをすれば歯周病菌が悪さをする可能性は
減らすことができます。

むし歯とは違って痛みが出にくく、気づきにくい病気。
より健康でいるために歯磨きだけではなく、
食事、生活習慣からケアを始めていきましょう。


歯科衛生士 マヤ

春です♪

卒園、卒業、
その後には入学式、就職など行事が続きますね。

今年もマスクが外せなかったり
行事がキャンセルになったりとありますが
人との出会いには、良い印象を持ってもらいたいですね。

新生活が始まりますと、通院が難しくなります。
早めの検診とクリーニングをオススメします
こんな時期だからこそホワイトニングもオススメです

お待ちしております。

受付 ユキ

2022年3月21日

気温の変化が激しいですがいかがお過ごしでしょうか?
そして花粉症の方はつらい時期ですね。

私も毎日鼻血が出るほど花粉症が辛いです。

学生の皆様は春休みの時期ですね!
春休みの時こそ、歯科医院で検診を受けましょう。
綺麗な歯で新生活を迎えましょう

受付 ユキ

2022年3月20日

普段何気なくやっている
"噛む"にはメリットが沢山あります
例えば表情筋が鍛えられて笑顔美人につながったり、
不安や緊張をほぐす効果もあります。
また唾液も沢山出るので、虫歯予防にもつながります。
食事をする時に、しっかり噛むことを意識してみましょう

歯科衛生士サキ

2022年3月 9日

歯磨きをして血が出ることはありませんか?

歯ぐきから血が出るのは歯ぐきに炎症があるためです。
ではなぜ歯ぐきが炎症を起こしてしまうのでしょうか。

歯ぐきの炎症の主な原因は「細菌」です。
私達は毎日歯ブラシやデンタルフロスなどで細菌を除去しています。
毎日歯磨きをしてるのに歯ぐきから血は出ていませんか?

毎日歯磨きをしていても自分に合っていない歯ブラシを使っている
いつ変えたか覚えてない歯ブラシで磨いている
お砂糖の入っている飲み物を常飲している
毎日間食を欠かさない
唾液が少ないなど、
人それぞれ様々な原因で細菌が付きやすかったり、
細菌がベタベタして歯ブラシで落としにくかったりします。

どのような原因で細菌(デンタルプラーク)がついているか、
歯ぐきの検査をして、健康な歯ぐきを目指しましょう。


歯科衛生士  マヤ

2022年3月 8日

  
  乳歯の臨界pHは約6で成人エナメル質よりも脱灰が起こりやすいため、
  より注意が必要です。
 
   2日間成熟させたバイオフィルムにおいて、牛乳、母乳などを口の中に含んで保持
   させた時のpHを調べた実験では、牛乳と母乳の臨界pHは上回るという結果に
   なったようです。
  
  ということは、水やお茶と同じくように牛乳🥛や母乳🤱は虫歯のリスクの
  ない飲みものになります👏
   
   赤ちゃんの大切な栄養❤️安心してあげて下さいね。

  歯科衛生士 てる

Archives

comments

trackbacks

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。