«  2020年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2020年10月20日

お子さんのお口ポカーンで、
悩まれている親御さんいませんか?
我が家の娘も気付くとお口ポカーン....
お口の回りの筋肉を鍛えるのと
ベロの位置改善のために、ベロまわしを始めました。
唇を閉じた状態で歯と唇の間をベロで
右回り左回りそれぞれ行います。
しっかりやると以外と疲れるのが分かりますよ

小学低学年のうちは、筋機能訓練で
歯並びが改善することもあります。
当院ではマイオブレースシステムを導入しています。
気になる事があればお問い合わせ下さい

歯科衛生士 サキ


2020年10月18日


 さて今週テレビでも話題になりました!
  
 以前より認知症との関係もあるとお話ししましたが
 どうやらアルツハイマー方認知症との関係がマウスの実験
  (これはやめてほしいですが)でもハッキリしたようです。
 
  歯茎より歯周病菌が入り、血管内に入り脳内に蓄積され
 アミロイドβが10倍になるという結果、、、それにより認知症を引き起こす
 ということです。
  
  しかしながら原因が分かってきたということは予防が出来ます!

  
  まずは検査して、正しい歯ブラシを覚えませんか?
  

  衛生士 てる

2020年10月 8日

10/6にスキルアップの為にスタッフ同士で
口腔内写真の相互実習をしました。

私は受付なので患者さんの立場になって施術してもらいました。
お口を開けている時間や、ミラー、風を当てるだけでも
とても敏感にわかります。

衛生士たちも、患者さんにより良い歯周治療をお届け出来る様に
日々勉強とスキルアップに勤しんでおります。

歯周病はとても怖い病気です。
今ご自身のお口の中の環境を知ることは
カラダ全体の事にも繋がって来ますので
ぜひ、定期検診にいらして下さい。

受付 ユキ

2020年10月 6日

11月16日(月)〜11月18日(水)まで都合により休診いたします。
11月19日(木)より通常通り診療いたします。

ご迷惑おかけしますが、何卒ご了承くださいますようお願い致します。

受付 ユキ

2020年10月 1日


10月に入りました。10月といえばハロウィンですね。
今年は少しイベントなどは難しいですが、、、
ハロウィンと言えば、カボチャが頭に浮かびます。

かぼちゃはビタミンE、ビタミンA、ビタミンC がバランスよく含まれています。
βカロチンも豊富な緑黄色野菜です。
カロチンは体内で ビタミンAとして働き
口腔などの粘膜、ウイルスなどの外敵から体を防御して、
免疫力をアップさせる効果があるそうですよ。

お口にもカラダ全体にも良い食べ物の1つです。
ハロウィンは出来ないけれど
カボチャを食べて、ハロウィン気分を味わって健康にもなれる!

歯ッピーハロウィン

受付 ユキ

2020年9月30日

むし歯が発生するのを予防するフッ素は、
お口の中に長く留めておくことが大切です。

フッ素は歯科医院でフッ素塗布をするより、
毎日の歯磨きや洗口液の低い濃度で
頻回にチャージしたほうが
フッ素の効果があります。

フッ素入りの歯磨き粉を使った後は少量のお水で
ゆすぎ、できれば2時間そのままフッ素を口の中に留めておきます。

もしそれが難しいようであれば、
寝る直前にフッ素入りの洗口液で最低30秒よくゆすぎます。

フッ素は唾液に混ざり、歯や粘膜からも体の中に吸収されます。
吸収されたフッ素はまた新しい唾液に含まれた状態で分泌されます。

当院ではフッ素入りの洗口液を置いています。
それぞれ濃度は同じなのですが、味が違います。
味比べをしてどちらが長く続けられそうかお試しいただけます。

お気軽にスタッフにお声がけください。


歯科衛生士 マヤ

2020年9月28日

皆さんはなにを基準に歯ブラシを選んでいますか?

なんとなく目に止まったもの、適当に選んだもの、
毛先が細い方が溝に入りやすそうだからなど
人それぞれ理由は違うと思います。

歯ブラシにもそれぞれ特徴があり、
一人一人のお口の中の状態も違うため、
歯ブラシの選択はとても重要です。

歯科医院で今使っている歯ブラシが
自分に合っているかどうか確認して、
お口の中から健康になっていきましょう。


歯科衛生士  マヤ

2020年9月23日


 さて歯周病は、 お口の病気? だけではないのです!
 実は 成人病 といわれている 高血圧症や糖尿病などの
 様々な全身疾患と関係しているのです。

  糖尿病とは?

 ☆ 血糖値が高くなると血糖をコントロールするホルモン(インスリン)
  の働きが弱くなり、血糖値が下がりにくくなります。
  糖尿病は高血糖状態が続くことにより、血管が傷つく病気です。
1型と2型がありますが、90%以上2型で、主な原因は生活習慣病と言われています。

     歯周病が改善すると糖尿病の数値も安定すると言われています。
     
      まずは歯科検診でお口の健康診断しませんか?

2020年9月21日

 
 最近改めて患者さまに質問しています。

 歯周病ってなんですか?

 なんどとなく説明を聞いたりしていると思いますが、何となく分かっているような
 いないような、、、方が多いかと思います。


  歯周病は 細菌の感染によって歯肉に炎症がおこる病気です。
  進行すると歯ぐきの腫れや出血がめだってきます。
  そしてやがて骨がとけ、腫れが抜けてしまう病気です。

  なんと、歯がなくなる原因は虫歯ではなく、歯周病が第一位なんです。


   次回は成人病と歯周病の関係についてお話しします。

 衛生士 てる

2020年9月20日

お口の中の細菌を顕微鏡で見たことありますか?
初めて映像をみる人は、こんなにいるの?気持ち悪い...
とびっくりする事がほとんどです。
これは大人も子供も同じです。
特に子供は反応が素直で興味を持ってくれます。
先日低学年の男の子にも、自分のお口の細菌を
顕微鏡でみてもらいました。
この大きいかたまりはバイ菌の家?
こっちにもいるー!
もっと見たい!
よし自分でやっつける!早く磨きたい
と、意欲をもって自分から歯ブラシをはじめました。
歯ブラシを嫌がってるお子さんももしかしたら
気持ちが変わるかもしれません。
ぜひ、一度顕微鏡で細菌をみてみませんか。
きっと大人も子供も意識が変わると思いますよ

歯科衛生士 サキ


Archives

comments

trackbacks

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。