«  2016年9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« よく噛むことの大切さ、咬み合わせの大切さ 四ツ谷駅・麹町駅近くの初谷歯科 | メイン | 歯科の機械にも定期的なメンテナンスが必要 四ツ谷駅・麹町駅近くの初谷歯科 »

2012年2月10日

先日、テレビの「タケシの家庭の医学」でTCHという病名があげられました。
TCHという聞きなれない言葉ですが、これは、常に無意識に歯と歯が接触している状態をいいます。
本来は口を閉じている場合でも、食事以外は歯と歯は接触しないものなのです。
しかし、現代では全人口の40%以上の人がこのように噛みしめや、くいしばりによって
歯が欠けたり、割れたり、歯槽膿漏になったりしています。
そして歯を失い、顎のバランスをくずした結果、頭痛、肩こり、腰痛等を起こしているのです。
更にその原因として、正しく噛めていない場合が多いのです。
まず口腔衛生のレベルをあげて
正しく噛める状態を回復しなくてはなりません。
そして肩から力を抜いて、リラックスすることを心掛けましょう。

院長

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
初谷歯科医院 院長 : 初谷 宏一

医療法人社団NDO
初谷歯科医院
院長 初谷 宏一

www.hatsuya-dental.com

日本顎咬合学会認定指導医
日本歯内療法学会認定指導医

【所属学会】
 米国歯内療法学会正会員
 日本顎態調和法研究会
 日本ヘルスケア会員
 CBSベーシックコース主宰