«  2012年8月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2012年8月31日

海外に旅行や出張、留学で行く事が決まったら、
検診とクリーニングに行きましょう!
当院は土地柄、海外出張や海外留学に行く前に検診とクリーニングに
いらっしゃる方が多いです。
虫歯になっていても、初期の場合痛みがありません。
そのままで進行が進み、たまたま海外に行ったときに痛くなってしまったり。
ただ、海外も場所によっては治療費が高額であったり、
しっかり治療してもらえなかったり。
アメリカ出張中で歯が痛くなり、日本で治療した方が
安心だし、交通費・治療費も含めても安いからと帰国される方もいらっしゃるくらいです。
歯の痛みは耐えられないと言う方が多いです。
せっかくの旅行で歯が痛くて楽しめなかったり、
美味しいものが食べにくかったり。そんなの嫌ですよね。
検診の結果次第では、治療が長期必要になる場合がございますので
海外に行く事が決まったら、なるべく早く受診することをオススメします。

受付 リサ

2012年8月14日

顎がはずれやすくて、以前に他の歯科医院で
歯の治療中に顎がはずれて治らず、
その時大変困った経験のある患者さんがみえました。
その患者さんは顎がはずれるのが恐くて歯が痛くても
歯科を受診するのが恐くて我慢していたとの事でした。
今回どうしても我慢できずに来院したわけです。
案の定、治療中に顎がはずれてしまいました。
が、すぐに整復して事なきを得たわけです。
歯科の先生は下顎の脱臼に対して
整復術に熟練しておいて頂きたいと思います。

院長 初谷宏一

2012年8月 7日

先日、行われた勉強会では「止血」について勉強しました。
親知らずや治療の為の抜歯の際には出血がつきものです。
当院でも抜歯の後はガーゼを強く噛んで頂き止血します。
このような圧迫止血を行う事で出血が止まります。
また、少し面白い方法に紅茶のティーパックを使った方法もあります。
抜歯した患部に新しいティーパックを当て、強く噛みます。
すると、お茶に含まれるタンニンという止血成分が
効果を発揮し出血を止めてくれます。
また、抜歯後の抜歯窩を塞いでいる血の塊(血餅)はかさぶたのような
役割をはたすため、そのまま取らないことが大切です。
皆さんも、もし抜歯をすることがあれば、参考になさってみて下さい。
どうしても、縫合すると腫れやすくなるため、
当院ではなるべく縫合はしません。

歯科助手 ハルカ

2012年8月 1日

60才男性が右顎下部に野球のボール大の腫張を訴えて来院しました。
この患者さんは来週からヨーロッパ旅行に行く予定との事でしたが、
抗生剤を投与すると、3日でピンポン玉大に腫れは小さくなりましたが、
相変わらず硬い腫張がありました。
レントゲン撮影により右顎下部に大豆大の不透過を認め、
唾石症と診断しました。
お口の内には虫歯だけでなく、多くの疾患がありえますから、
信頼のおける先生に定期検診をして頂きましょう。

院長 初谷宏一

« 2012年7月 | メイン | 2012年9月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
初谷歯科医院 院長 : 初谷 宏一

医療法人社団NDO
初谷歯科医院
院長 初谷 宏一

www.hatsuya-dental.com

日本顎咬合学会認定指導医
日本歯内療法学会認定指導医

【所属学会】
 米国歯内療法学会正会員
 日本顎態調和法研究会
 日本ヘルスケア会員
 CBSベーシックコース主宰