«  2013年3月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2013年3月29日

前回に引き続き歯周病につてお伝えしたいと思います。
"歯周病ぐらい"と放置したままでいるのは危険です。
口の中の細菌は歯肉炎で出血した部分から
血管の中に入っていきます。
その細菌が全身の血管をめぐり、
血管の壁にくっついて炎症を起こします。
それが動脈硬化、虚血性心疾患、脳卒中などの
病気につながると考えられています。

血管や全身の健康を守るためにも
お口の中の菌をうまくコントロールしていくことがとても大切です
最低でも1日1回はしっかりお口の中の汚れ(プラーク)を
キレイにしていきましょう

歯科衛生士 マキ

2013年3月25日

四ツ谷駅近くの土手の桜が綺麗に咲きました。
今年は暖かい日が多く、あっという間に満開になりました。
ちょっと足をのばせば千鳥ヶ淵もお花見客でいっぱいです。
春は卒業式・入学式・入社式・結婚式といろいろ行事の多い季節ですね。
お口もホワイトニング・クリーニングをして、
しっかり身だしなみを整えて素敵な笑顔で楽しくのぞみましょう。
IMGP0205.JPG

初谷歯科ホームページホワイトニングご紹介ページはコチラです。

初谷歯科ホームページクリーニングご紹介ページはコチラです。

受付

2013年3月21日

前回、酸蝕歯についてお話しました。
今回は、その酸蝕歯を予防する
歯磨き粉をご紹介したいと思います。
薬用シュミテクトのPROエナメルです。
シュミテクトはCMなどでもおなじみ、
知覚過敏を予防してくれる歯磨き粉として
ご存知の方も多いと思います。
シュミテクトの中でも何種類かあって
そのうちの1つがPROエナメルです。
しみるのを防いでくれるのはもちろん、
酸による歯のダメージに着目した処方で
フッ素がエナメル質を強く硬くし虫歯を予防してくれます。
私も知覚過敏でしみる歯があったとき、
使用し続けたところしみなくなりました。
知覚過敏の患者様にもオススメしたところ
しみなくなりました!というお声いただき、
リピートして購入される方がいらっしゃいます。
知覚過敏でお悩みの方、
よろしかったらお試しになってみて下さい。

受付 リサ

2013年3月19日

今日は患者さんの長い間治療していた歯も
最終段階に入り、ようやく新しい白いセラミック(瀬戸物)の歯が入りました。
特に前歯の場合は皆さん鏡を見て、うっとりなさいます。
やっぱり口元が美しくなると表情も若々しく明るくなりますね。
しかし、これからが大変なことです。
前歯が入っても安心してはいけません。
やはり治療した歯は元の様な丈夫な歯というわけにはいきません。
あくまでも被せることによって保護しているのです。
無理してはいけません。
リンゴやかたいお肉を噛みちぎるとかしないでほしいのです。
物を噛むのは奥歯でゆっくり咬みましょうね。
なお、歯が欠けるのは奥歯のかみしめ、
固いナッツ類やチョコレート、箸やフォークを噛む、
凍ったアイスキャンディーを噛むなどです。
気をつけましょうね。

受付

2013年3月18日

歯周病は歯肉だけに炎症がおきる「歯周炎」の
状態から始まります。
炎症が広がり「歯肉炎」と呼ばれる状態になると
さまざまな症状が起こってきます。
・歯茎から血がでる
・歯茎が腫れてブヨブヨしているところがある
・歯茎がやせ、歯が伸びた感じがする
・歯が痛んだり、しみることがある
・口臭が気になる
・たばこを吸っている
・歯を磨くときに血がでる
・左右の奥歯でしっかり噛めない
・歯がぐらぐらする
などです。
この中にあてはまる項目があれば歯周病の可能性があります。
ぜひ一度、歯科医院でチェックを受けてみるといいですね。

歯科衛生士 マキ

2013年3月15日

今回は酸蝕歯についてお話したいと思います。
酸蝕歯とは酸の作用によって歯が脱灰されることです。
清涼飲料水・スポーツドリンク・ワイン・一部の果汁・ハーブティー・酢などの
食品のとりすぎによることでおこります。
症状が進行すると、冷たいものが歯にしみる知覚過敏や
虫歯のような痛みがあります。
防ぐ方法としては、原因となる飲食を長時間口の中に入れず、
食べたり飲んだりしたあとは、お水やお茶で口をゆすいで
歯磨きをしてください。

受付 リサ

2013年3月 5日

あなたは自分の歯をいじめていませんか?
現代人は毎日多くのストレスにさらされている為
かみしめ・くいしばり・歯ぎしり等で自分の歯や歯の周りの組織に
本来の働きをはるかに超えた過重労働を長時間強いています。
これが歯周病や歯の破折、ひいては顎関節症の原因となっているわけです。
顎関節症になると頭痛・肩こり・腰痛と連続的に問題が起きます。
これらの不快症状を招かない為には
上下の歯をさわっていない状態にする事が先決問題です。
ご自分ではかみしめていないと思っている人でも
80%以上の方が実は常時かみしめています。
私の長い臨床経験では、このかみしめの説明を聞いた方のほとんどは
「夜、寝ている時はわかりませんが、昼間は絶対噛みしめはしていません」と
おっしゃいますが、一週間後にはびっくりした顔をして
先生の言ったように私、昼間噛みしめていました。と言われます。
私には歯のすりへりから噛みしめが100%わかります。
この噛みしめを放置しておくと、いずれ歯が痛くなったり
グラグラになったりして抜けてしまいます。
多くの場合、一番奥の歯から抜けて、
その後は入れ歯となるわけですが、
その入れ歯も噛み割ってしまいます。
今のうちに上下の歯をさわらないようなクセをつけましょう。

院長 初谷宏一

2013年3月 4日

虫歯や歯周病の原因となる細菌は
自分たちの身を守るために細菌が作りだした
ネバネバ成分をもとに色々な細菌が絡み合い
バイオフィルムという膜をつくり歯の表面にはりついています。
このバイオフィルムは抗生物質や唾液の作用が効かず
排水溝や台所のシンクのヌルヌルと同じで
しっかりこすらないと落ちません。
PMTCは普段の歯磨きでは落とせないバイオフィルムを
専用の器材を用いて除去するクリーニングです。
歯がツルツルできれいになるだけではなく、
クリーニングの後にフッ素をつけることにより
歯の再石灰化を促してくれるため歯の強化にもつながります。
定期的に行って虫歯や歯周病を予防していきましょう。

初谷歯科ホームページクリーニングご紹介ページはコチラです。

歯科衛生士 マキ

« 2013年2月 | メイン | 2013年4月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
初谷歯科医院 院長 : 初谷 宏一

医療法人社団NDO
初谷歯科医院
院長 初谷 宏一

www.hatsuya-dental.com

日本顎咬合学会認定指導医
日本歯内療法学会認定指導医

【所属学会】
 米国歯内療法学会正会員
 日本顎態調和法研究会
 日本ヘルスケア会員
 CBSベーシックコース主宰