«  2013年6月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2013年6月26日

先日、お子様のいらっしゃる患者様に
歯磨き粉どれがいいですか?ということで
オーラルケアから発売されている
アパガードリナメルの子供用ピカキッズをオススメしました。
IMGP0326.JPG
使ってみていただいたところ、
マスカットフレーバーでおいしくて
つるつるピカピカになって嬉しい!と
お子様達が楽しんで歯磨きをしてくれるようになったそうです。
お母様も子供達が自分から進んで楽しんで
歯磨きをしてくれるようになったので良かった!と大変喜ばれました。
私もアパガードリナメルを使っていますが、
つるつるになり、とても気持ち良いのでオススメの歯磨き粉です!

受付 リサ
                                                                                                                    

2013年6月21日

今年の6月の朝日新聞の朝刊に
1分で知る豆医学という記事がありました。

そこに新潟市の明倫短期大学の河野正司先生が
食事をする時、左右の歯を平等に使って食物を噛むのが
正しい噛み方であると書いてあります。

曰く片側だけだと口の中で食物をうまく集められず、
細かい食物が口に残って不潔になり
誤嚥の危険にもつながるとの事でした。

私はこの他に顎関節に異常のある方は
やはり片側噛みの傾向があるのを認めております。

しかしながら我国では
両側で正しく噛めている人が少ないのも事実です。
この辺りが今後の日本の歯科医療の
大きな改善点ではないかと考えます。

院長 初谷宏一

2013年6月19日

去年の1月から咬合矯正を始めて1年と半年たちました。

先日、院長に咬み合わせを診ていただいたときに
赤い咬合紙をカチカチして、
どこで噛んでいるか確認をするのですが、
奥歯がようやく歯の真ん中に赤くしるしがつくようになりました!

矯正前は歯が舌側に倒れてしまっていて
外側にしるしがついてしまっていたので・・

最近では食事中もしっかり噛めてきてるなと感じてきております。
引き続き、頑張って続けたいと思います。

それと同時に鏡で口の中をみたら黒い点が!
ビックリして歯科衛生士に診てもらったら着色だと。

虫歯じゃなくて、一安心しました。

もちろんその着色もとってもらいました。

やはり、診てもらわないと着色なのか虫歯なのかはわかりません。

虫歯であれば早期治療をしないと
進行状態によっては時間とお金もかかります。

やはり、定期的に歯科検診とクリーニングをすることが
とても大切です!

最近は、お子様が学校の歯科検診で虫歯が見つかった、
会社の歯科検診で虫歯が見つかったと
治療にご来院される方も多いです。

とくにそういった検診がない方は、
最低でも年に2回は歯科を受診し
検診とクリーニングをするようにしましょう!

そして、一生自分の歯で不自由なく
お食事を楽しめるお口でいられるよう管理をしましょう。

受付 リサ

2013年6月14日

平成25年6月17日から平成26年2月28日まで
平成25年度千代田区民歯科検診です!
対象者は千代田区在住者で19歳以上の方です。
費用は無料となります!(検査結果、治療等行った場合は実費負担となります)
受診には千代田区の受信券が必要です。
お手元にない場合は
千代田保険所健康推進課健康推進係
TEL 03-5211-8161(代表)
にお問い合わせください。

検診内容は
・現在歯・喪失歯の状況(歯の状態・虫歯の有無など調べます)
・歯周組織の状況(歯肉など歯を支えている組織の状態を調べます)
・口腔清掃状態(口の中が清潔に保たれているかを調べます)
・歯科保健指導
です。

区民検診を受診された方には、
歯やお口の健康づくりに関する情報を掲載した
「歯科健康手帳」をお配りしております。
健康な歯やお口の維持にお役立て下さい。

ご来院の際は
区民歯科健康診査受信券・保険証をお持ちください。

ご予約のお電話、いつでもお待ちしております。

初谷歯科
03-3262-8206
受付 リサ

2013年6月12日

自分の子供には歯で苦労させたくない!
虫歯にしたくない!
そんな風に思っているお母様はたくさんいると思います。
私自身、今妊娠中で産まれてくる子には・・・と思っている1人です。
同じ箸は使わない、おじいちゃんおばあちゃんにはチューをさせないなど、
いろいろ頑張っている方が多いと思いますが、
完璧にこなすことって難しいですよね。
そこで簡単にできるのがキシリトールガムです。
キシリトールガムを毎日とり続けると
お口の中の虫歯菌が弱くなっていきます。
自分の口の中の環境が良くなれば
子供に虫歯菌をうつすリスクも減りますよね。
そうすることで、あまり神経質にならずに虫歯予防ができます。
もちろん自分1人ではなく家族みなさんでキシリトールガム試してみて下さいね。

当院ではキシリトール100%ガムも販売しております。
お子さんのいる方、妊娠中の方、
いつか子供がほしいと思っている方、
皆さん今からチャレンジしてみませんか。

初谷歯科ホームページ歯ブラシ・予防グッズご紹介ページは
コチラです。


歯科衛生士 サキ

2013年6月 8日

よく、健康の為に栄養・ビタミンをしっかり取りましょう!
栄養バランスのいい食事を心がけましょう!などと言われます。
それは歯にとってもとても大事なことなのです。
今回は、どの栄養素がどのように歯に作用するかご紹介したいと思います。
タンパク質→歯の土台の材料になる
カルシウム→歯の石灰化のための材料となる
ビタミンA→歯のエナメル質の土台を仕上げる
ビタミンC→歯茎のコラーゲン線維の修復を助ける
ビタミンD→カルシウムの代謝や石灰化の調整役
歯のためにも身体の健康の為にも、
バランスの良い栄養摂取を心がけましょう!

受付 リサ

2013年6月 5日

永久歯は大きくなった成長の証、けれど生えたばかりの永久歯は
"幼弱永久歯"と言われ未熟な状態です。
歯の表面を覆うエナメル質が柔らかく、顕微鏡で見ると
軽石のようにデコボコしています。
そのため、硬くてミネラル構造がしっかりしている大人の永久歯に比べると
生えたての永久歯は虫歯の原因菌であるミュータンス菌が
歯の表面につきやすく虫歯になりやすいのです。
また、強すぎるブラッシングや酸による脱灰など
少しの油断が虫歯になりやすい状況をつっくていきます。
うまくプラークをコントロールしていくことに加え、
歯に必要な栄養分を補給するなど生えたての永久歯に
適切なケアをすることはずっと健康な歯でいるためには
とても大事な準備になります。

歯科衛生士 マキ

2013年6月 4日

歯と口の健康週間ポスターh25_eiseishukanp.jpg
6月4日から歯と口の健康週間が始まります。
その名称が従来のむし歯予防デーとして親しまれてきましたが
今年から、更に歯だけでなく口腔全体の健康増進を目的とするということで
厚生労働省の通知によって「歯と口の健康週間」に変わるそうです。
これは、やはりむし歯だけでなく、
歯周病が全身の疾患を引き起こしていくということが
現在明らかになってきたから名称変更になったようです。
まず、口の衛生を良くすることが身体全体の健康につながるということですね。
この際、検診・クリーニングをして、しっかりお口のケアをしましょう。


受付

« 2013年5月 | メイン | 2013年7月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
初谷歯科医院 院長 : 初谷 宏一

医療法人社団NDO
初谷歯科医院
院長 初谷 宏一

www.hatsuya-dental.com

日本顎咬合学会認定指導医
日本歯内療法学会認定指導医

【所属学会】
 米国歯内療法学会正会員
 日本顎態調和法研究会
 日本ヘルスケア会員
 CBSベーシックコース主宰