«  2013年9月10日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2013年9月10日

先日、患者様が
「タバコやめられたんです!もう吸いたいとも思わなくなりました。」
と報告してくれました。

初診時に「たばこ止めようと頑張っているんです。」とお話いただいたので、
たばこがお口にも悪影響を及ぼすことを患者様にお伝えしました。

当院では、たばこを吸われている方には、
たばこがお口に与える影響についてかかれている
パンフレットをお渡ししております。
そこから少し抜粋してお伝えします。

たばこは唾液の分泌を抑制するため、
唾液による自浄作用が減り、お口の中が不潔になりやすく、
たばこに含まれるタールが歯の表面に付着することにより
歯周病の原因となるプラーク(歯垢)や歯石がつきやすくなります。
その結果、歯周ポケットが深くなり歯周病が進んでしまいます。

たばこに含まれるニコチンは歯茎の血管を収縮させ、
血液の流れを悪くし、歯茎に酸素や栄養がいきわたらず、
歯茎の抵抗力が弱まり、歯周病を進行させます。

上記のことから喫煙者はたばこを吸わない人より高い確率で
歯周病にかかりやすく、歯を失う確率も高くなります。

とのことです。
確かにたばこを吸っている人の歯茎は黒ずんでいて、
見た目にも健康的に見えなくて悪いですし、
身体によくないですし、吸っても何一ついいことはないですね。

お伝えしたことが患者様のたばこをやめる
手助けの一つになったと思うと嬉しいです!

受付 リサ

« 2013年9月 3日 | メイン | 2013年9月13日 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
初谷歯科医院 院長 : 初谷 宏一

医療法人社団NDO
初谷歯科医院
院長 初谷 宏一

www.hatsuya-dental.com

日本顎咬合学会認定指導医
日本歯内療法学会認定指導医

【所属学会】
 米国歯内療法学会正会員
 日本顎態調和法研究会
 日本ヘルスケア会員
 CBSベーシックコース主宰