«  2013年10月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2013年10月23日

先日HIV・AIDSに関する講習会に行ってきました。
HIVは血液・性的接触・母子感染の3つが主な感染経路で
厚生労働省の2012年までの動向調査ではHIV・AIDSに感染している人は
累計2万人以上という報告があります。
感染している人は年々増加しているということです。

HIVの症状は感染初期はインフルエンザのような症状が出て
その後1か月程で抗体ができるため、ウイルスが抑えられ
いったん症状が落ち着きます。けれど、症状が落ち着いたから
と言って治ったわけではなく、HIVのウイルスは体内にある状態なため
この時期に気づかずに感染を拡大してしまうことが多いということです。
こうした無症候状態を何年か経て、日和見感染を引き起こし
AIDSを発症します。
どちらも適切な処置を行なえばウイルスをコントロールすることができ
改善していくとの事でした。

歯科にもいろいろな疾患を持った患者さんがいらっしゃいます。
感染の恐れがある疾患を持った方、そうでない方・・・
私たちが幅広く疾患のことについて知ることが皆さんによりよい状態で
安全に治療をうけていただくためにとても大切だなと改めて思いました。

歯科衛生士 マキ

2013年10月11日

むし歯だったり噛みしめだったりで歯が痛くて
神経をとる治療になる方がいます。
よく受付で神経とるとどうなるの?と聞かれます。

むし歯だったり噛みしめで痛みを感じていた痛みは
神経をとると感じなくなります。
ただ、それで痛くなくなったからと安心してはいけません!!
神経をとった歯は神経のある歯に比べて弱いので
神経をとった後の根管治療をしっかりし、
被せ物をして強度をもたせないと、歯が割れてしまう可能性があります。
あと、神経をとった歯でもむし歯になります。
ただ、むし歯による痛みは感じないので
知らない間にむし歯が進行してしまいます。

一番良いのは神経をとらずにすむことですね。
なので、日ごろからのお口のケア・噛みしめに気を付けて
定期検診に行き、早期発見・早期治療が大事なのです。

受付 リサ

2013年10月 8日

お口の中の汚れは歯垢からつき
バイオフィルムというぬめりのある
歯ブラシでは落ちない汚れがつきます。
(歯垢は歯ブラシで落ちます)

バイオフィルムは細菌がフィルム状のバリヤーに覆われているため
細菌が排除されないだけでなく
抗生剤や殺菌剤などの化学療法も効果的ではありません。

PMTCはそのバイオフィルムを
重点的にクリーニングすることを目的としており
また汚れをつきにくくします。

繰り返しPMTCを行なうことでお口の中の細菌の構成をコントロールし
歯周病の原因となる細菌の数を減らすことができます。

PMTCの効果を高めるためにも
定期的にPMTCを受けられることをお勧めします。

歯科衛生士 マヤ

« 2013年9月 | メイン | 2013年11月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
初谷歯科医院 院長 : 初谷 宏一

医療法人社団NDO
初谷歯科医院
院長 初谷 宏一

www.hatsuya-dental.com

日本顎咬合学会認定指導医
日本歯内療法学会認定指導医

【所属学会】
 米国歯内療法学会正会員
 日本顎態調和法研究会
 日本ヘルスケア会員
 CBSベーシックコース主宰