«  2014年1月28日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2014年1月28日

前回の続きです。

TCHを続けているとどのようなことが起こるのか。
それは、顎関節症になる可能性が高くなります。

顎関節症の症状には大きく分けて3つの症状が挙げられます。

①口を開いたり閉じたりするとカクカク音が鳴る「関節雑音」
②口を開いたり閉じたりすると痛みが出る「顎関節痛・筋痛」
③口が開かない「開口障害」

このうち1つでも当てはまる場合、顎関節症となります。

TCHは顎関節症だけではなく歯周病や被せ物が欠けたり、
歯にひびが入ったりなど様々な症状を引き起こします。

もし顎の関節が疲れていたり、顎関節の症状に当てはまる方は
いつでもご相談ください。

歯科衛生士 マヤ

最近、朝日新聞の報道によりますと、
歯が抜けて歯の数の少ない人程、
肺炎で亡くなる危険性が高いということが
名古屋大学・京都大学などの
調査でわかったそうです。

歯がないとお口の中は細菌が多く、
歯周病が進んで肺にまで感染してくるからだ
ということです。
大変ですねー!!
結局、よく噛めないということが原因となります。

歯の健康は全身に影響してきます。

これからは何といっても歯の1本ずつのケアが大事です!

きちんと定期検診とクリーニングを受けましょう!

受付

« 2014年1月27日 | メイン | 2014年2月 3日 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
初谷歯科医院 院長 : 初谷 宏一

医療法人社団NDO
初谷歯科医院
院長 初谷 宏一

www.hatsuya-dental.com

日本顎咬合学会認定指導医
日本歯内療法学会認定指導医

【所属学会】
 米国歯内療法学会正会員
 日本顎態調和法研究会
 日本ヘルスケア会員
 CBSベーシックコース主宰