«  2014年3月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2014年3月26日

先日スウェーデン型プラークコントロールのセミナーに参加しました。

皆さんスウェーデン型プラークコントロールってご存知ですか?
これは予防先進国のスウェーデンで30年前から歯科医院で
実践されている歯磨きの方法です。

日本との違いは日本では3列ブラシの1本で
歯磨きをしている方が多く
それに対してスウェーデンでは、ワンタフトブラシ
(1本ブラシ・当医院にもございます)をメインとして提案しています。

次回スウェーデン型プラークコントロールの
メリットについてお話しします。


歯科衛生士 マヤ

2014年3月25日

みなさん歯ブラシをどのくらいの頻度で交換していますか?
毛先が広がった歯ブラシは、汚れを落とす毛先が横を向いていて、
歯面に当てることができないので、汚れが落ちません。

よく1か月、毛先が広がらないように、
歯ブラシを使えると良いなどという話も聞きますが、
毎日使用する歯ブラシ。
衛生的にも少し信じがたい話ですよね。

初谷院長もよく患者様にお伝えしていますが、
歯ブラシの寿命は最大2週間です。
たとえ、毛先が広がっていなくても、
目には見えないお口の中の細菌が歯ブラシにくっついて
歯ブラシが汚れてくることと、
歯ブラシの毛先が丸くなったりして、清掃能力が低下するためです。

200円の歯ブラシを2週間で交換しても
年間5000円程度で済むそうです。
汚れを落とす能力のある歯ブラシを使ってお口の健康を維持しましょう!

また、歯ブラシを変えるだけでなく、定期検診・クリーニングも大切ですよ!

歯科助手 ノリコ

2014年3月19日

前回の続きです。

正しい歯磨きのポイント

・歯と歯ぐきの境目に歯ブラシの毛が当たっていますか?
・歯ブラシを強すぎず、適度な力で小刻みにうごかしていますか?
・デンタルフロス(糸ようじ)や歯間ブラシを使って
歯と歯の間の汚れもきれいにおとせていますか?
・自分に合った歯磨きの仕方を習得していますか?

また、よく噛む習慣は、歯と歯ぐきを丈夫にしてくれます。
唾液の自浄作用でお口の中を清潔にする効果もあります。

毎日の歯磨きやキシリトール入りのガムを噛む習慣が、
歯と全身の健康を保つセルフケアになります。


歯科衛生士 マヤ

2014年3月18日

唾液というとあまり良いイメージがないかもしれませんが
実は私たちの健康にはなくてはならない大切なものなのです。
唾液は大人の場合1日に1~1.5ℓ分泌されています。
実はこれは1日に出る尿と同じくらいの量と言われています。

唾液はお口の中をただ潤してくれるだけではなく
その水分と分解酵素によって私たちの食事の消化を
助けてくれたり、食事をした時に味覚の刺激が唾液に溶け込むことで
味を感じることができるのです。
美味しく食事をするのにも一役かっています。

歯科的な観点からみてもとても重要な役割をしています。
・お口の中の細菌や食べかすなどを洗い流してくれる作用
・唾液の中のタンパク質の成分により歯の表面に膜を作り
 歯を保護してくれる作用
・食後食べ物や口腔内の細菌が出す酸によりお口の中が
 酸性に傾いた状態を中性に戻す作用
・唾液の中に溶け込んだミネラル成分(カルシウムやリン等)
 を歯に補給する再石灰化の作用
などがあります。

けれど20~30歳をピークに年齢と共に少しずつ
唾液の流量が減っていきます。
では唾液が減ってくるとどんな問題が起こってくるのでしょう?
続きはまた次回書きますね。

歯科衛生士 マキ

2014年3月14日

むし歯と歯周病の主な原因は、
歯につく白い細菌の塊、歯垢(プラーク)です。

予防の第一歩は、毎日の歯磨きでこの細菌の塊を
きちんと取り除くことが大切です。

磨き残しはないか舌で歯がツルツルしているか、
歯ぐきが赤く腫れていないかなど毎日鏡でお口の中も
チェックする習慣をつけましょう。

正しい歯磨きのポイントを次回ご紹介したいと思います。

歯科衛生士 マヤ

介護施設での調査によると、
長寿のコツはやはり「健康な口」ということになるようです。
毎日美味しいもの食べるというのは
何と言っても老後の楽しみですよね。

でも、お口の手入れが悪く歯周病が進行していくと
口臭も出てきたり、歯も次第に失われていきます。
そうなると満足に食事することも出来なくなるのです。
それどころか恐ろしいことに
口腔内の細菌が食べ物のカスと一緒に肺の中に入り
肺炎を引き起こしてしまうのです。
それが今、最も老人の問題になっている
「誤嚥性肺炎」と言われるものです。

まずは新しい歯ブラシで、
しっかり一本一本の歯を丁寧に磨きましょう!

受付

2014年3月10日

突然ですが、お食事の時、ひと口に何回噛んでいますか?
やわらかい食べ物が増え、
あまり噛まずとも飲み込んでしまえる食事が多いですよね。
お忙しい方だと、お食事をゆっくり取る時間もないかもしれません。

しかし、"よく噛んで食べる"と体に良いことばかりです!
お口の周りの筋肉が鍛えられることで表情がイキイキしたり、
脳の血流も良くなり、集中力や判断力も高まります。

ひと口に30回噛んで食べることを目標に、楽しくお食事しましょう!

歯科助手 ノリコ

2014年3月 4日

もう3月ですね!
これからは卒園・卒業・入園・入学・就職など
多くの人の前にでる機会が自然と多くなってきますね!

人の第一印象でも歯はとても重要な役割をはたします。
やはり綺麗な歯の方が印象が良く素敵ですよね!

アメリカではビジネスにも影響がでてくるとか!

それ程、歯が大事ということです。

定期検診・クリーニングをして
お口の中も、心もスッキリさわやかになりましょう!

そこで、初谷歯科では春のキャンペーンを行います!
4月末までホワイトニング10%OFF致します。

ぜひ、この機会にお待ちしております!!

受付 リサ


« 2014年2月 | メイン | 2014年4月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
初谷歯科医院 院長 : 初谷 宏一

医療法人社団NDO
初谷歯科医院
院長 初谷 宏一

www.hatsuya-dental.com

日本顎咬合学会認定指導医
日本歯内療法学会認定指導医

【所属学会】
 米国歯内療法学会正会員
 日本顎態調和法研究会
 日本ヘルスケア会員
 CBSベーシックコース主宰