«  2014年3月18日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2014年3月18日

唾液というとあまり良いイメージがないかもしれませんが
実は私たちの健康にはなくてはならない大切なものなのです。
唾液は大人の場合1日に1~1.5ℓ分泌されています。
実はこれは1日に出る尿と同じくらいの量と言われています。

唾液はお口の中をただ潤してくれるだけではなく
その水分と分解酵素によって私たちの食事の消化を
助けてくれたり、食事をした時に味覚の刺激が唾液に溶け込むことで
味を感じることができるのです。
美味しく食事をするのにも一役かっています。

歯科的な観点からみてもとても重要な役割をしています。
・お口の中の細菌や食べかすなどを洗い流してくれる作用
・唾液の中のタンパク質の成分により歯の表面に膜を作り
 歯を保護してくれる作用
・食後食べ物や口腔内の細菌が出す酸によりお口の中が
 酸性に傾いた状態を中性に戻す作用
・唾液の中に溶け込んだミネラル成分(カルシウムやリン等)
 を歯に補給する再石灰化の作用
などがあります。

けれど20~30歳をピークに年齢と共に少しずつ
唾液の流量が減っていきます。
では唾液が減ってくるとどんな問題が起こってくるのでしょう?
続きはまた次回書きますね。

歯科衛生士 マキ

« 2014年3月14日 | メイン | 2014年3月19日 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
初谷歯科医院 院長 : 初谷 宏一

医療法人社団NDO
初谷歯科医院
院長 初谷 宏一

www.hatsuya-dental.com

日本顎咬合学会認定指導医
日本歯内療法学会認定指導医

【所属学会】
 米国歯内療法学会正会員
 日本顎態調和法研究会
 日本ヘルスケア会員
 CBSベーシックコース主宰