«  2016年9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« ホワイトニングキャンペーン!! | メイン | 8020まで頑張ろう! 四ツ谷・麹町駅近くの初谷歯科 »

2014年4月 7日

先日、インターネット上でニュースを読みあさっていたら
こんな記事を発見しました。
題は
「恥ずかしい!日本人はオーラルケアの意識が欧米より低すぎと判明」
です。

記事の内容は、「ライオン」が15~69歳の
日本人、アメリカ人、スウェーデン人の男女1,200人に
オーラルケアに関するアンケート調査を行ったところ
他2国にくらべて日本人は歯や口などのオーラルケアに対する
意識が低いことが判明したそうです。

また、具体的なケア方法として他2国はデンタルリンスと
デンタルフロスの使用率が半数近くなのに日本では20%前後と
歯ブラシだけで済ませている人が多いのも日本の特徴だそうです。
それが顕著に現れたのがオーラルケア用品の年間購入額で
アメリカは平均約8,354円、スウェーデンは約8,415円なのに
日本は4,965円。
両国の半分程度しかケアにお金をかけていないことがわかります。

日本人は身体の健康や美への意識はとても高いのですが
歯や口のことに対しては低いと思います。後進国です。
歯科は歯が痛くなってから、異常がでてから行くものと
考える人が多いと思います。
しかし、アメリカやヨーロッパでは
虫歯にならないように定期的に行くという
予防歯科の考え方が当たり前だそうです。
歯並びや歯の白さをとても重要視する欧米人にとって
歯科はヘアサロンに行くように身近で当たり前の存在だそうです。
歯科治療費が日本と比べて高額なことも、
日頃から歯のケアに気を付けている人が多い理由でもあるでしょう。

日本は先進国なはずなのに後進国。これは恥ずかしいですね。
まず、ヘアサロンに行くような感覚で
歯科に定期検診とクリーニングに行き、
ご自身のお口の状態を確認することから始めてみましょう!

記事のURL↓
http://girls.xbrand.yahoo.co.jp/column/beauty/20140405-01201144-xbrand/

受付 リサ

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
初谷歯科医院 院長 : 初谷 宏一

医療法人社団NDO
初谷歯科医院
院長 初谷 宏一

www.hatsuya-dental.com

日本顎咬合学会認定指導医
日本歯内療法学会認定指導医

【所属学会】
 米国歯内療法学会正会員
 日本顎態調和法研究会
 日本ヘルスケア会員
 CBSベーシックコース主宰