«  2014年7月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2014年7月30日

歯石とはプラーク(細菌の塊)が唾液の中の
ミネラル成分とむすびついてかたくなったものです。
ここまでなると歯ブラシでは落とせなく自分ではどうにもできません。

歯石は歯周病の原因である細菌の住みかなので
そのままにしておくと歯周病で歯が抜けてしまうおそれもあります。
口臭の原因にもなります。
どんなにセルフケアを頑張っていても、
歯ブラシなどがとどきにくい場所に
蓄積されてしまったりすると思います。
なので、定期的に歯科医院にて除去したほうがいいのです。

私も先日、歯科衛生士に歯石除去をしてもらいました。
そんなに付いてはいないとのことでしたが、
やはり、下の前歯の裏側に薄くついているとのことで
キレイにとってもらいました。
施術後はスッキリして気持ちがいいですね!

少なくとも半年に1度は歯科医院で
チェックしてもらい歯石が付いていたら除去してもらいましょう。
歯石除去でしたら保険適用されます。

いつでもご予約のご連絡お待ちしております。

受付 リサ

2014年7月28日

皆さんお食事をする際、右だけで噛んだり、左だけで噛んだりしていませんか?

先日患者様に左下のブリッヂ(橋渡しの被せ物)を被せて
咬み合わせの調整を行いました。

こちらの患者様は左で噛む癖がありました。

「何故左ばかりで噛む癖が抜けないと思いますか?」
と先生が問いかけました。

その答えは、左ばかりで噛んでいると舌の左側に
味蕾(味を感じる小さな器官)が増え、左で噛んだほうが美味しいと自然に感じ、
左だけで噛んでしまっているということです。

左右どちらかで噛む癖があると咬み合わせが悪くなり、
顔のゆがみ、全身のゆがみの原因にもなります。

お食事をする際、どちらか一方で噛んでいないか思い出してみてください。
もし思い当たる方は左右同時に噛むように心がけてみましょう。

歯科衛生士  マヤ

2014年7月25日

歯の治療はあのキーンと削る音と振動が嫌ですよね。
それだけでも皆さん一番行きたくないところでしょう。
でも何と朗報があるのです。
先日、NHKのニュースでイギリスで歯を削らずに
虫歯を治す治療法が出来たというニュースをしていました。
それは歯に電気で刺激を与えるとカルシウム成分が再生されて
虫歯の穴がふさがれていくということだそうです。
その方法はサンゴ礁の再生にも使われているそうです。
画期的ですね!
もちろん痛くも何ともないそうですよ。
でも、実用化は3年後ということです。
まだまだクリーニングと早期発見が大事ですね。

受付

2014年7月23日

歯の周りには歯肉溝という溝があります。
健康な状態の時には歯肉が歯にピッタリくっついていて
細菌の侵入を防いでくれます。
しかし、汚れ(プラーク)が付いたままになっていると
歯肉が腫れてブヨブヨになり、この密着が離れてしまいます。
この時にポケットのような隙間ができます。
これを歯周ポケットと言います。

歯周ポケットは深くなるとそこが細菌の溜まり場となり
さらに歯周病を悪化させていきます。
また歯周ポケットの中までは普段の歯ブラシ等では
完全にキレイにすることはできないため
歯周ポケットの中には汚れや膿が溜まったままになりやすく
口臭の原因になっていることもあります。

歯周ポケットが深くなってしまう1番の原因は汚れですが、
咬み合わせや被せ物、親知らずが原因の事もあります。
まずは歯科医院で検査を受けて、どの歯がどういう状況なのか?
と、把握することも治療していく上でとても大切です。

当院では歯周ポケットの検査の結果、現状の説明、お掃除のアドバイ等
を担当の歯科衛生士がコメントを書いてプリントでお渡ししています。

みなさんもまずは検査をして状況を把握してみてはいかがですか?

歯科衛生士 マキ


2014年7月17日

先日、虫歯の治療で来院した患者様に麻酔をし、
麻酔が効くまでの間にお口の中のチェックを行いました。

初診時からのブラッシング指導などで
少しずつ歯のお掃除がうまくなっていき、
つっつき磨きも積極的に行っておられました。

ただいつも一番大事な歯と歯の間には
奥歯にかけて汚れ(デンタルプラーク)が残っていました。

ブラッシングにも積極的だったため、
つぎのステップとしてデンタルフロスを勧めました。

デンタルフロスのほとんどの製品がナイロン製の糸からできています。
細かい繊維が束になっている構造です。
フロスには、歯と歯の間に通しやすくするため
ワックスのついたものや味のついたものなど
様々な種類のものがあります。

使い方として、
のこぎりをひくように歯と歯の間にフロスを入れて
歯ぐきの中の痛くないところ(歯と歯ぐきの溝)まで入れて
歯ぐきの中の汚れをかき出し、歯の面についた汚れは
デンタルフロスをしっかり沿わせてこすりとります。
隣の歯も同様に行います。

最初はぎこちない様子でしたが、つっつき磨きと同じように
練習が必要なのでご自宅で練習してみてくださいとお話ししました。
後日むし歯の治療で来院した際にお口の中をチェックしたところ、
今まで歯と歯の間に残っていた汚れがありませんでした。
もしかしてフロス、使ってみましたか?とおたずねすると
はい!と笑顔でご返答がありました。
汚れが残っていないことをお伝えすると
「やったー!!」とガッツポーズをしていました。
私も思わずガッツポーズをしていました。
ただ、つっつき磨きをするとまだ出血はしていたので、
この調子でデンタルフロスを習慣化して
つっつき磨きで歯ぐきを鍛えましょうとお伝えしました。

歯と歯の間のむし歯を予防するにはデンタルフロスがとても有効であり、
歯周病の予防にもなります。
デンタルフロスが気になる方、使い方を確認したいかたなど
ご興味のある方はいつでもお声かけ下さい。

歯科衛生士  マヤ

2014年7月16日

10年ぶりに初谷歯科に復帰いたしました。
患者様のお口を拝見し、
10年前より良い状態の方がとても多く感激しました。
10年間患者様が、ご自分のお口を上手くお掃除されてきた結果ですね。
すばらしい!!
「歯と歯の間をつっついて間の汚れを押し出し歯肉にも刺激を与えてましょう」と
患者様に伝えて続けていた結果、
10年後患者様の歯肉はちょっとやそっとでは歯周病にはならないくらい
しっかりとした歯肉になっていました。また、
よく噛めている為、身体も心も健康になっていました。
私は患者様、初谷先生、スタッフに感謝する日々を送っています。
子どもが3人いる為、限られた時間しかありませんが、
皆様の役にたてるような
歯科衛生士であり続けたいと思いますのでよろしくお願い致します。

歯科衛生士 シバ

10年ぶりに初谷歯科に復帰いたしました。
患者様のお口を拝見し、
10年前より良い状態の方がとても多く感激しました。
10年間患者様が、ご自分のお口を上手くお掃除されてきた結果ですね。
すばらしい!!
「歯と歯の間をつっついて間の汚れを押し出し歯肉にも刺激を与えてましょう」と
患者様に伝えて続けていた結果、
10年後患者様の歯肉はちょっとやそっとでは歯周病にはならないくらい
しっかりとした歯肉になっていました。また、
よく噛めている為、身体も心も健康になっていました。
私は患者様、初谷先生、スタッフに感謝する日々を送っています。
子どもが3人いる為、限られた時間しかありませんが、
皆様の役にたてるような
歯科衛生士であり続けたいと思いますのでよろしくお願い致します。

歯科衛生士 シバ

2014年7月15日

先日ホワイトニングコーディネーターの講習会に行き、
歯のホワイトニングに関する基礎・実践・カウンセリング等
について学んできました。

最近では当院は男女問わずホワイトニングに興味がある、
ホワイトニングをやってみたいという方が
増えていているように思います。

今回の講習を受けたことでよりホワイトニングの知識も深まりましたし
ホワイトニングとケアについては歯科医師よりも歯科衛生士の方が
患者さんと関わりあう重要な役割を担っているということを実感しました。
みなさんが不安なく、よりその方に合った方法でホワイトニングが
受けられるように今後も努めていきたいと思います。

ホワイトニングをやってみたいという方は
相談だけでも大丈夫ですのでお気軽にお問い合わせください。

歯科衛生士 マキ

最近の食生活ではジュースやワインを飲んだり、
サラダにドレッシングを使うことが多いですよね。
これらは実は酸を含んでいるのです。
酸は歯にとってはとてもダメージを与えます。
ですから最近、知覚過敏の方がとても多いですね。
「しみる、しみる」ということです。
その為にはやはり歯質を強化して、保護しなくてはなりません。
果物や酢の物をとった後は、水で口をゆすぐとか
今はその為のいろいろな知覚過敏や虫歯予防の為の
歯磨き剤が出ています。
image.jpeg
是非、活用しましょう。

受付

2014年7月14日

先日保育園の懇談会に行きました。
懇談会の参加は1歳から2歳までの間の
お子さんのお父さんお母さんが主でした。
その中での話題で歯ブラシを嫌がってしてくれない、
歯ブラシは嫌がらないけど親が仕上げ磨きをしようとすると嫌がる。
親子関係が崩れそうなほど嫌がられ、やらないといけないし、
虫歯になっては困るけど...どうすればいいのか解らないなど、
人それぞれ悩みがありました。

教科書通りの回答をするのであれば、
子供を仰向けで寝かせて1本10回から21回ずつ擦りましょう。となるのですが、
出来る子の話は聞いたことがありません。
衛生士の学校で講義を受けてる時から、
そんなにうまく出来るのかなと不思議に思ったりしていましたが、
6か月ごろから自分の子供に歯ブラシをしようとした際、
まずは仰向けで寝ることを何よりも嫌がり、歯ブラシする以前の問題だ、
衛生士の子供なのにどうしようと思いました。

この先、生命がある間はずっとするであろう歯ブラシが、
楽しく気持ちがいいものというのを、
まずは何となく理解してくれれば子供にとって、
嫌がらすやってくれるのかなと、思っています。
そのため、まずは子供の歯ブラシの時間は
家族みんなでリビングなどリラックスできる場所で、
楽しみながら大人も含めて交互に磨きあいっこをする。
テレビの教育番組や、通信教育のマスコット、絵本など、
子供が好きなキャラクターがあるときは、
その子と一緒に歯磨きをするなど、
楽しい思い出を作っることを優先にして、
磨くときの姿勢や回数、順番は2番目に考えてみてはいかがですかと
懇談会ではお話しました。

私自身もこれをすれば必ず大丈夫とお答え出来るわけではないですが、
子供さん一人一人に合わせてアドバイス出来るように、
これからも勉強していきたいと思います。

歯科衛生士 アキ

2014年7月11日

咬み合わせ矯正を始めて2年経ちました。
始める前は自分が噛めていないことにすら気づいていませんでした。
なぜなら噛めているか噛めていないかなんて意識したことがなく、、
食事ができているから大丈夫だろうくらいにしか思っていませんでした。

ある日、お口の中の模型をとってもらい
院長にみてもらったところ
「今、噛めてない。このままだと今後もっと噛めなくなる。」
と言われ、模型を一緒に見ながら
状態説明・今後どうしたらいいかを説明してくださいました。
そして咬み合わせ矯正を始めました。

2年経ってとても変わりました。
私が実感していることは噛めるという状態がわかり
噛めると咀嚼回数が増え肥満防止になる→実際体重が落ちました。
歯は動いてるということ。
途中、模型をとり最初にとった模型と比べてみると
状態が全く違い噛めるようになったのが目でみてもわかりました。
患者様にも変わったね!と言われました。

咬み合わせは身体にいろんな影響を及ぼすそうです。
咬み合わせ矯正を行って噛めるようになるのはもちろんですが、
咬み合わせが改善されることによって
他の身体への改善の感じ方は人それぞれです。

患者様とお話していると、咬み合わせ矯正を行ったことで
あんなことやこんなことが良くなったなど聞きます。

気になる方は是非一度、お口の中の模型をとって
自分がどのような状態なのか確認してみてはいかがでしょうか。

受付 リサ

2014年7月 9日

被せ物をするために、前段階の仮歯を作製している時でした。

隣の歯のコンタクトの部分(歯と歯の間)がむし歯になっていることに気がつきました。

むし歯になっている歯は噛む面に銀色の詰め物がしてありました。
歯を削る量を最小限に抑えるため、被せる前にむし歯の治療をしました。

コンタクトの部分のむし歯を削っているとむし歯が深く、噛む面の銀色の詰め物の下にむし歯がありそこと繋がっていました。

やはり歯と歯の間や、詰め物と歯の隙間からむし歯になってしまっている方がとても多いなと改めて思いました。

コンタクトの部分は肩と肩が寄り添っているようなものなので、デンタルフロスを通さない限り汚れは完全に落ちてくれません。

同じところに新たにむし歯を作らない為にも、つっつき磨きやデンタルフロスを有効的に使うことが大切です。

また患者様にむし歯になりやすい部分をしっかり認識していただき、治療ではなく予防で歯科医院に通えるよう私たち歯科衛生士が伝えていかなければと改めて強く感じました。


歯科衛生士 マヤ

TV「主治医のいる診療所」で
100歳で元気な人達の健康法をいろいろ紹介されていました。
100歳というのにお元気ですねー。驚きです!!
なんといっても共通しているコツは、
畑仕事など何か動き回っていること、運動やカラオケ、
サークルに積極的に参加していること等です。
退職したらゆっくり過ごそうなんてとんでもない、ということでした。

そして何より皆さんパクパクと美味しそうに食事を
しっかり食べていることです。
腹八分がコツと言いながらも、沢山のおかずに驚きます。

最後に大事なことは、何といっても皆さん歯が沢山残っているのです。
しっかり咬めれば元気!!
22本残っていると自慢していました。

歯を長持ちさせて元気に生きていきましょう!

受付

2014年7月 8日

歯を抜いた後は個人差はありますが何日か痛むことがあります。

また、歯を抜いた後は抜けた所に
穴がしばらく空いた状態になります。

よく穴が空いたままなのでは?と、
心配される方が多いですが、1~2ヶ月くらいかけて
お肉が盛り上がってきてその下で骨がまた作られ
少しずつ穴が塞がっていきます。

その間穴の所に食べ物が入りやすいですが
無理に突っついて取ったりすると歯肉を傷つけてしまいます。
気になるかとは思いますが、無理に突っついて出そうとはせず
ブクブクうがいで中に入った物を出すようにして下さい。

また、歯を抜いた後はしっかり食事を取ることがとても大切です。
特にこの時期は暑さで体力も落ちてきています。
しっかり栄養のある物を食べるということも
傷口の治りを助けます。
特にタンパク質(ひき肉、魚、卵、大豆製品など)を
取るようにすると良いです。
タンパク質は皮膚や筋肉、血液や骨などを構成する
重要な成分です。
タンパク質の中に含まれていアミノ酸の中には
痛みを軽減してくれる働きもあります。

特に赤みのお肉や魚はタンパク質とビタミン類も
豊富に含まれています。
柔らかいハンバーグなどでいいのでしっかり食べましょう。

またわからないことや心配なことがありましたら
スタッフに言って下さいね。

歯科衛生士 マキ

2014年7月 7日

当院にご来院されるほとんどの患者様には
ブラッシング指導を受けるようにお薦めしています。
先日ご来院された患者様は、お話している印象では
ブラッシング指導なんて必要ないと考えているような感じでしたが、
お口の中の状況はとてもよくありませんでした。
毎日歯を磨くのであれば効率よく磨く方法をしてみませんか?と
ご提案させていただきブラッシング指導を受けていただきました。

歯を赤く染めて、どこに汚れが付きやすいのか、
自分の目で確認していただき、
歯ブラシをお渡ししてご自身で1本1本磨いてもらいます。
このとき歯に当たっている角度や場所など1本1本確認して、
お話させてもらいながら行っていきます。
すべて磨き終わった時に、今までは磨いて無いのと同じですねと、
今まで磨いていた方法では
お口の中の汚れが取れてなかったと実感されたようでした。

今までブラッシング指導は受けたことがあっても口頭で話をしただけだと、
知識はあるけど磨けていない方がとても多いなと感じてます。
歯科医院で治療の合間の説明だけとか、
仕事の途中で時間が無いからとりあえず話だけハイハイと聞いてたりと
理由は様々だと思いますが、お口の中の状況は皆様違います。
歯ブラシをもって、ブラシの毛先が歯の間に当たっている、当たってない、
角度があっているかなど歯科衛生士に目でみて確認してもらいながら
ブラッシング指導を受けてください。
そうすれば、お口の中がとってもきれいになりますよ。

毎日磨くのであれば、効率よくきれいになる方法を
歯科衛生士からたくさん聞き、どんどん自分のものにしてくださいね。

歯科衛生士 アキ

2014年7月 4日

歯の表面につく歯垢(プラーク)は舌にもつきます。

舌についたものを舌苔といいます。
歯につくよりもわかりやすく、舌が白っぽくなっている状態です。
細菌や食べかす、ストレスなど心身系の原因のほか、
疫力が低下したり、消化器系の疾患によってもみられるそうです。

舌苔は食べかす、舌から剥がれた細胞、
お口の中の細菌とその細菌が代謝したものだそうで、
舌の表面にある粘膜の小さな突起(舌乳頭)に食べかすが残ると、
その下に隠れている細菌が増殖して舌苔がたまるそうです。
それが細菌によって分解され、ニオイの成分を発し口臭となるそうです。
なので粒子状のもの、例えばコーヒーやカレーなど粉からできているものは
粒子が舌の小さな突起に残りやすく口臭の原因になりやすいそうです。
残さない予防としては、コーヒーを飲んだりカレーを食べたらお水を飲む。
それだけでも、少しは違ってくると思います。

また、唾液が減りドライマウス状態になっているときは、
お口の中の自浄作用が低下するので、
常に舌苔がつきやすくなるそうです。

口臭の原因となる舌苔がつかないように予防に出来ることから、
舌を鏡で確認してみる!
歯をきれいに磨いて歯垢(プラーク)を残さないようにする!
飲食したらお水を飲む!
唾液が減ってきたら、唾液がでるように工夫する!

気になる方は、取り入れられるものから行ってみて下さいね。

私も飲食したら必ずお水を飲むようにしています!

受付 リサ


2014年7月 2日

先日30代女性の方で主訴が親不知の抜歯を希望で来院されました。

口腔内を拝見したところ、上の前歯の歯ぐきが赤く腫れており
汚れ(デンタルプラーク)も歯面全体に多量に付着していました。
口臭もありました。

まず汚れが多量に付着し、歯ぐきが腫れてしまっていることを鏡で確認していただきました。
顕微鏡で実際にばい菌(細菌)をみていただき、その後赤染をして汚れの付着状態を確認しブラッシング指導を行いました。

まず歯ブラシは最大2週間で交換することが絶対条件です。
歯ブラシの毛が歯と歯ぐきの境目の溝に入るよう歯ブラシの角度と小刻みに一本一本お掃除することをお伝えしました。

ご本人も歯ぐきが赤くなっていることは認識していましたが、痛みがなかったためかご本人からの訴えはありませんでした。

指導後初めての来院で歯茎の状態が劇的に変化しました。
歯ぐきの腫れが引き歯の付け根のあたりの歯ぐきに赤みが少し残っている程度でした。

もちろん歯面にべっとり付着していた汚れもきれいにお掃除されており、ご本人もとても嬉しいと喜んでおりました。

たった一回でこんなに歯ぐきの状態が良くなった患者様と初めてお会いし感動と感謝と喜びでいっぱいになりました。

今ではお掃除も初診時とは比べ物にならないくらい上手くなっており、ピンク色の健康な歯ぐきを保っておられます。


歯科衛生士  マヤ

今の日本人で歯を磨いていないという人は
あまりいないのではないでしょうか。
しかし、虫歯や歯周病は一向うに減りません。
やはり歯ブラシによる歯磨きだけでは難しいようです。
そこで、いろいろな補助具が必要となってきます。
どの補助具がいいかは、それぞれのお口の状況や程度によって
選ぶものが違ってくるので、専門の歯科衛生士に相談してみて下さい。

私はウォーターピックを使っています。
IMGP0806.JPG
水流で歯と歯の間や歯と歯茎の間の歯ブラシではとれない汚れをとるのに
ウォーターピックはとても有効だと思います。
歯周病が進んだ患者さんで少々ぐらついていた歯も立ち直りました。
治療と並行してウォーターピックを使っているうちに、
何とか立ち直ってきたと大変喜んでおられました。
今や一日一回はウォーターピックをやらないと
気持ち悪い程だということです。
有効な道具はどんどん利用した方が得なようですね。
ぜひ、使ってみて下さい。

受付

2014年7月 1日

スーパーフロスは糸ようじや巻き付けて使うデンタルフロスとは異なり
写真のように中央に膨らみがあるナイロン繊維が
一体となっているフロスです
PICT0028.JPG
特にブリッジやインプラントの入っている方には是非
使って頂きたいお掃除用具の1つです。

ブリッジは抜けた歯の部分を補うため
抜けた前後の歯に橋渡しをして
繋がった被せ物が一体となって入っています。
そのため被せ物を繋げている連結部分
人工歯の底(橋の下)の部分は
普通の歯ブラシだけではお掃除が難しく
多くの方がブリッジの所に汚れを付けたままにしてしまっています。
これが歯周病や口臭の原因となります。
またせっかくブリッジをやっても台無しなってしまうのは
この汚れの為なのです。

そこで使って頂きたいのがスーパーフロスです。
PICT0032.JPG
当院ではブリッジを入れた方にはスーパーフロスが
実際に使えるように指導を行っていますが
1回で完璧に使いこなせる方は少ないです。
しかし、練習すれば皆さんきちんと使いこなせるようになります。

先日もメンテナンスの時に、前回教わったスーパーフロスを
もう一度教えて欲しいと言う方がいらっしゃいました。
わからない事は何回でも歯科衛生士に質問して下さい。
皆さんが上手くお掃除が出来るまで私たちは
何回でもサポートしていきます。

歯科衛生士 マキ

« 2014年6月 | メイン | 2014年8月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
初谷歯科医院 院長 : 初谷 宏一

医療法人社団NDO
初谷歯科医院
院長 初谷 宏一

www.hatsuya-dental.com

日本顎咬合学会認定指導医
日本歯内療法学会認定指導医

【所属学会】
 米国歯内療法学会正会員
 日本顎態調和法研究会
 日本ヘルスケア会員
 CBSベーシックコース主宰