«  2014年7月 2日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2014年7月 2日

先日30代女性の方で主訴が親不知の抜歯を希望で来院されました。

口腔内を拝見したところ、上の前歯の歯ぐきが赤く腫れており
汚れ(デンタルプラーク)も歯面全体に多量に付着していました。
口臭もありました。

まず汚れが多量に付着し、歯ぐきが腫れてしまっていることを鏡で確認していただきました。
顕微鏡で実際にばい菌(細菌)をみていただき、その後赤染をして汚れの付着状態を確認しブラッシング指導を行いました。

まず歯ブラシは最大2週間で交換することが絶対条件です。
歯ブラシの毛が歯と歯ぐきの境目の溝に入るよう歯ブラシの角度と小刻みに一本一本お掃除することをお伝えしました。

ご本人も歯ぐきが赤くなっていることは認識していましたが、痛みがなかったためかご本人からの訴えはありませんでした。

指導後初めての来院で歯茎の状態が劇的に変化しました。
歯ぐきの腫れが引き歯の付け根のあたりの歯ぐきに赤みが少し残っている程度でした。

もちろん歯面にべっとり付着していた汚れもきれいにお掃除されており、ご本人もとても嬉しいと喜んでおりました。

たった一回でこんなに歯ぐきの状態が良くなった患者様と初めてお会いし感動と感謝と喜びでいっぱいになりました。

今ではお掃除も初診時とは比べ物にならないくらい上手くなっており、ピンク色の健康な歯ぐきを保っておられます。


歯科衛生士  マヤ

今の日本人で歯を磨いていないという人は
あまりいないのではないでしょうか。
しかし、虫歯や歯周病は一向うに減りません。
やはり歯ブラシによる歯磨きだけでは難しいようです。
そこで、いろいろな補助具が必要となってきます。
どの補助具がいいかは、それぞれのお口の状況や程度によって
選ぶものが違ってくるので、専門の歯科衛生士に相談してみて下さい。

私はウォーターピックを使っています。
IMGP0806.JPG
水流で歯と歯の間や歯と歯茎の間の歯ブラシではとれない汚れをとるのに
ウォーターピックはとても有効だと思います。
歯周病が進んだ患者さんで少々ぐらついていた歯も立ち直りました。
治療と並行してウォーターピックを使っているうちに、
何とか立ち直ってきたと大変喜んでおられました。
今や一日一回はウォーターピックをやらないと
気持ち悪い程だということです。
有効な道具はどんどん利用した方が得なようですね。
ぜひ、使ってみて下さい。

受付

« 2014年7月 1日 | メイン | 2014年7月 4日 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
初谷歯科医院 院長 : 初谷 宏一

医療法人社団NDO
初谷歯科医院
院長 初谷 宏一

www.hatsuya-dental.com

日本顎咬合学会認定指導医
日本歯内療法学会認定指導医

【所属学会】
 米国歯内療法学会正会員
 日本顎態調和法研究会
 日本ヘルスケア会員
 CBSベーシックコース主宰