«  2014年7月13日 - 2014年7月19日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2014年7月17日

先日、虫歯の治療で来院した患者様に麻酔をし、
麻酔が効くまでの間にお口の中のチェックを行いました。

初診時からのブラッシング指導などで
少しずつ歯のお掃除がうまくなっていき、
つっつき磨きも積極的に行っておられました。

ただいつも一番大事な歯と歯の間には
奥歯にかけて汚れ(デンタルプラーク)が残っていました。

ブラッシングにも積極的だったため、
つぎのステップとしてデンタルフロスを勧めました。

デンタルフロスのほとんどの製品がナイロン製の糸からできています。
細かい繊維が束になっている構造です。
フロスには、歯と歯の間に通しやすくするため
ワックスのついたものや味のついたものなど
様々な種類のものがあります。

使い方として、
のこぎりをひくように歯と歯の間にフロスを入れて
歯ぐきの中の痛くないところ(歯と歯ぐきの溝)まで入れて
歯ぐきの中の汚れをかき出し、歯の面についた汚れは
デンタルフロスをしっかり沿わせてこすりとります。
隣の歯も同様に行います。

最初はぎこちない様子でしたが、つっつき磨きと同じように
練習が必要なのでご自宅で練習してみてくださいとお話ししました。
後日むし歯の治療で来院した際にお口の中をチェックしたところ、
今まで歯と歯の間に残っていた汚れがありませんでした。
もしかしてフロス、使ってみましたか?とおたずねすると
はい!と笑顔でご返答がありました。
汚れが残っていないことをお伝えすると
「やったー!!」とガッツポーズをしていました。
私も思わずガッツポーズをしていました。
ただ、つっつき磨きをするとまだ出血はしていたので、
この調子でデンタルフロスを習慣化して
つっつき磨きで歯ぐきを鍛えましょうとお伝えしました。

歯と歯の間のむし歯を予防するにはデンタルフロスがとても有効であり、
歯周病の予防にもなります。
デンタルフロスが気になる方、使い方を確認したいかたなど
ご興味のある方はいつでもお声かけ下さい。

歯科衛生士  マヤ

2014年7月16日

10年ぶりに初谷歯科に復帰いたしました。
患者様のお口を拝見し、
10年前より良い状態の方がとても多く感激しました。
10年間患者様が、ご自分のお口を上手くお掃除されてきた結果ですね。
すばらしい!!
「歯と歯の間をつっついて間の汚れを押し出し歯肉にも刺激を与えてましょう」と
患者様に伝えて続けていた結果、
10年後患者様の歯肉はちょっとやそっとでは歯周病にはならないくらい
しっかりとした歯肉になっていました。また、
よく噛めている為、身体も心も健康になっていました。
私は患者様、初谷先生、スタッフに感謝する日々を送っています。
子どもが3人いる為、限られた時間しかありませんが、
皆様の役にたてるような
歯科衛生士であり続けたいと思いますのでよろしくお願い致します。

歯科衛生士 シバ

10年ぶりに初谷歯科に復帰いたしました。
患者様のお口を拝見し、
10年前より良い状態の方がとても多く感激しました。
10年間患者様が、ご自分のお口を上手くお掃除されてきた結果ですね。
すばらしい!!
「歯と歯の間をつっついて間の汚れを押し出し歯肉にも刺激を与えてましょう」と
患者様に伝えて続けていた結果、
10年後患者様の歯肉はちょっとやそっとでは歯周病にはならないくらい
しっかりとした歯肉になっていました。また、
よく噛めている為、身体も心も健康になっていました。
私は患者様、初谷先生、スタッフに感謝する日々を送っています。
子どもが3人いる為、限られた時間しかありませんが、
皆様の役にたてるような
歯科衛生士であり続けたいと思いますのでよろしくお願い致します。

歯科衛生士 シバ

2014年7月15日

先日ホワイトニングコーディネーターの講習会に行き、
歯のホワイトニングに関する基礎・実践・カウンセリング等
について学んできました。

最近では当院は男女問わずホワイトニングに興味がある、
ホワイトニングをやってみたいという方が
増えていているように思います。

今回の講習を受けたことでよりホワイトニングの知識も深まりましたし
ホワイトニングとケアについては歯科医師よりも歯科衛生士の方が
患者さんと関わりあう重要な役割を担っているということを実感しました。
みなさんが不安なく、よりその方に合った方法でホワイトニングが
受けられるように今後も努めていきたいと思います。

ホワイトニングをやってみたいという方は
相談だけでも大丈夫ですのでお気軽にお問い合わせください。

歯科衛生士 マキ

最近の食生活ではジュースやワインを飲んだり、
サラダにドレッシングを使うことが多いですよね。
これらは実は酸を含んでいるのです。
酸は歯にとってはとてもダメージを与えます。
ですから最近、知覚過敏の方がとても多いですね。
「しみる、しみる」ということです。
その為にはやはり歯質を強化して、保護しなくてはなりません。
果物や酢の物をとった後は、水で口をゆすぐとか
今はその為のいろいろな知覚過敏や虫歯予防の為の
歯磨き剤が出ています。
image.jpeg
是非、活用しましょう。

受付

2014年7月14日

先日保育園の懇談会に行きました。
懇談会の参加は1歳から2歳までの間の
お子さんのお父さんお母さんが主でした。
その中での話題で歯ブラシを嫌がってしてくれない、
歯ブラシは嫌がらないけど親が仕上げ磨きをしようとすると嫌がる。
親子関係が崩れそうなほど嫌がられ、やらないといけないし、
虫歯になっては困るけど...どうすればいいのか解らないなど、
人それぞれ悩みがありました。

教科書通りの回答をするのであれば、
子供を仰向けで寝かせて1本10回から21回ずつ擦りましょう。となるのですが、
出来る子の話は聞いたことがありません。
衛生士の学校で講義を受けてる時から、
そんなにうまく出来るのかなと不思議に思ったりしていましたが、
6か月ごろから自分の子供に歯ブラシをしようとした際、
まずは仰向けで寝ることを何よりも嫌がり、歯ブラシする以前の問題だ、
衛生士の子供なのにどうしようと思いました。

この先、生命がある間はずっとするであろう歯ブラシが、
楽しく気持ちがいいものというのを、
まずは何となく理解してくれれば子供にとって、
嫌がらすやってくれるのかなと、思っています。
そのため、まずは子供の歯ブラシの時間は
家族みんなでリビングなどリラックスできる場所で、
楽しみながら大人も含めて交互に磨きあいっこをする。
テレビの教育番組や、通信教育のマスコット、絵本など、
子供が好きなキャラクターがあるときは、
その子と一緒に歯磨きをするなど、
楽しい思い出を作っることを優先にして、
磨くときの姿勢や回数、順番は2番目に考えてみてはいかがですかと
懇談会ではお話しました。

私自身もこれをすれば必ず大丈夫とお答え出来るわけではないですが、
子供さん一人一人に合わせてアドバイス出来るように、
これからも勉強していきたいと思います。

歯科衛生士 アキ

« 2014年7月 6日 - 2014年7月12日 | メイン | 2014年7月20日 - 2014年7月26日 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
初谷歯科医院 院長 : 初谷 宏一

医療法人社団NDO
初谷歯科医院
院長 初谷 宏一

www.hatsuya-dental.com

日本顎咬合学会認定指導医
日本歯内療法学会認定指導医

【所属学会】
 米国歯内療法学会正会員
 日本顎態調和法研究会
 日本ヘルスケア会員
 CBSベーシックコース主宰