«  2016年9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« 歯と歯の間のむし歯 四ツ谷・麹町駅近くの初谷歯科 | メイン | 子供の歯ブラシ 四ツ谷・麹町駅近くの初谷歯科 »

2014年7月11日

咬み合わせ矯正を始めて2年経ちました。
始める前は自分が噛めていないことにすら気づいていませんでした。
なぜなら噛めているか噛めていないかなんて意識したことがなく、、
食事ができているから大丈夫だろうくらいにしか思っていませんでした。

ある日、お口の中の模型をとってもらい
院長にみてもらったところ
「今、噛めてない。このままだと今後もっと噛めなくなる。」
と言われ、模型を一緒に見ながら
状態説明・今後どうしたらいいかを説明してくださいました。
そして咬み合わせ矯正を始めました。

2年経ってとても変わりました。
私が実感していることは噛めるという状態がわかり
噛めると咀嚼回数が増え肥満防止になる→実際体重が落ちました。
歯は動いてるということ。
途中、模型をとり最初にとった模型と比べてみると
状態が全く違い噛めるようになったのが目でみてもわかりました。
患者様にも変わったね!と言われました。

咬み合わせは身体にいろんな影響を及ぼすそうです。
咬み合わせ矯正を行って噛めるようになるのはもちろんですが、
咬み合わせが改善されることによって
他の身体への改善の感じ方は人それぞれです。

患者様とお話していると、咬み合わせ矯正を行ったことで
あんなことやこんなことが良くなったなど聞きます。

気になる方は是非一度、お口の中の模型をとって
自分がどのような状態なのか確認してみてはいかがでしょうか。

受付 リサ

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
初谷歯科医院 院長 : 初谷 宏一

医療法人社団NDO
初谷歯科医院
院長 初谷 宏一

www.hatsuya-dental.com

日本顎咬合学会認定指導医
日本歯内療法学会認定指導医

【所属学会】
 米国歯内療法学会正会員
 日本顎態調和法研究会
 日本ヘルスケア会員
 CBSベーシックコース主宰