«  2014年8月10日 - 2014年8月16日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2014年8月15日

皆様の中に、歯ブラシをしてもお口の中が
ネバネバしている方はいませんか?
お口の中のネバネバが気になる方は、
キシリトールガムを噛んでみてください。
1日2~3回、3か月以上キシリトールガムを噛み続けると、
お口の中のネバネバがなくなってきます。

キシリトールには、細菌の活動を弱める働きがあります。
もう少し詳しく説明すると、
細菌はキシリトールを食べると酸を作れなくなるのです。
細菌は食べカス等のエサになる『糖』を摂取すると、
酸を」作り、歯を溶かしてむし歯にしてしまいます。
でも、キシリトールには『糖』が入っていません。
しかし、糖ににた形があり(にせのエサ)それを糖と間違えて
食べるのです。にせのエサなので、
酸を作ることができないので、むし歯の予防効果があるのです。
そして、キシリトールを食べた細菌は、不溶性菌体外多糖
(ネバネバプラーク)を作りません。不溶性菌体外多糖を
作らないということは、プラークの量を少なくし、粘着性が低い為、
歯ブラシで除去しやすいということです。

長期間(3か月以上)キシリトールガムを噛んでいると、
お口の中のネバネバ感がなくなってきます。
プラークが付着しても歯ブラシで簡単に除去できるので、
むし歯、歯周病予防に最適なのです。
妊娠中の方がキシリトールガムを噛むことで、産まれてきた
赤ちゃんのむし歯が少ない事も証明されています。

私の長男は、口呼吸でネバネバプラークが多く困っていました。
しかし、キシリトールガムを噛むようになり、サラサラプラークが
多くなり、口の中がスッキリしてきました。
もちろん、キシリトールガムを噛んでいれば、
むし歯・歯周病にならないわけではありません。
毎日の『自己管理』(上手な歯ブラシ)が重要です。

歯科衛生士 シバ

2014年8月13日

先日、補綴物(かぶせ物)がたくさん入っている
50才代の患者様が初診でいらっしゃいました。
お話を伺っていると、
いろいろな医院でたくさんの治療をしてきたとのことでしたが
今まで自分の口の中がどの様な状態で、どんな治療が必要なのか、
ブラッシング指導など説明された経験がほとんどないと
お話し下さいました。

当院では初診の患者様は椅子に座って院長とお話をしてから
ユニット(治療を行う椅子)に座って頂き治療を行います。
そして、本格的な治療に入る前に一度ブラッシング指導を行い
今までの歯ブラシで直してもらいたい点や
今後、行ってもらいたいブラッシングの仕方や
歯ブラシの考え方など説明させてもらいます。

患者様にはその全てが初めてで、戸惑ったりしたけど
本当は私自身がしてもらいたいことをしてもらえて
とても嬉しいし、この歯科医院に通うことができて
とても嬉しいです。と言われたとき
これからも患者様の為に頑張っていきたいなと思いました。

歯科衛生士 アキ

2014年8月12日

虫歯になってしまい治療をおこない終わって、
「治療が終わったから大丈夫!」と安心しきってしまってはいませんか。
実は、そこからは予防がとても大事なのです!

虫歯の治療をしたところの
詰め物や被せ物と、歯の間にできたわずかな隙間から
細菌が入り、歯の中で虫歯が広がってしまうことがあります。
特に古いものはできやすいそうです。

また、自分の目では気づきにくいので
定期的に歯科医院に行き、
定期検診でチェックしてもらい
クリーニングを行い予防ましょう!

受付 リサ

2014年8月11日

皆さんはいつもどのような姿勢でお食事をされていますか?
猫背でうつむいて食べていませんか?

5~7㎏ある頭を支える筋肉(胸鎖乳突筋)が前に傾いたまま咀嚼(噛む)すると、ほうれい線や首のしわが深くなりやすくなります。
お食事をする際に噛むことは1日何百回と繰り返す行為です。
そのたびに老けてしまいます。

そこで咀嚼エクササイズで噛む筋肉を鍛え、顔も体も若返らせましょう!

①椅子に座り顔を上げて頭を後ろに60°傾けて保つように意識します。

②お尻に力を入れます。その後、肩を下げてわきを締め、かかとを上げます。
この時肩の力は抜いて肩が前に出ないようにします。

③食べ物をお口の中に入れたら左右均等に前から4番目の歯で5回ほどゆっくり噛みます。

④咀嚼後(噛んだ後)一旦かかとを下げて、お尻の力を抜きます。

⑤30回以上噛んだ後飲み込みます。咀嚼中飲み込むときもうつむいて猫背にならないようにしましょう。

咀嚼エクササイズは良い姿勢を維持する筋肉に意識的に負荷をかけています。
毎食一回このエクササイズを取り入れていけば日常動作でも良い姿勢が身につくでしょう。
是非試してみてはいかがでしょうか。


歯科衛生士  マヤ

« 2014年8月 3日 - 2014年8月 9日 | メイン | 2014年8月24日 - 2014年8月30日 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
初谷歯科医院 院長 : 初谷 宏一

医療法人社団NDO
初谷歯科医院
院長 初谷 宏一

www.hatsuya-dental.com

日本顎咬合学会認定指導医
日本歯内療法学会認定指導医

【所属学会】
 米国歯内療法学会正会員
 日本顎態調和法研究会
 日本ヘルスケア会員
 CBSベーシックコース主宰