«  2014年8月31日 - 2014年9月 6日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2014年9月 6日

歯磨きは、虫歯や歯周病のためにやっていると思います。
ところが、心筋梗塞・脳卒中といった
心臓や血管に関わる病気(心血管疾患)になった方を調べると
歯周病菌がたくさんいたということは、
すでに知っている方もいるでしょう。

どういうことかというと下手な歯磨きや
歯磨きの習慣があまりない人は歯周病となり
その歯周病菌が心筋梗塞・脳卒中の原因になる
可能性が高いということです。
歯磨き回数を調べた結果、歯磨きを1日に1回未満の人は
1日に2回行う人の1.7倍も心筋梗塞・脳卒中などの
生活習慣病の予防ができることが判ったわけです。

皆様も1日2回歯磨きをして、いつまでも元気に生活しましょう!

歯科衛生士 シバ

2014年9月 5日

最近ちょっと週刊誌などで話題になっていますよね。
安倍総理が歯痛に悩んでるそうですよ。
外遊中にずっと歯痛に苦しめられ、
結局現地(ロシア)の歯科にかかったところ
帰国してから多額の請求書がきて驚いたそうです。
そして総理曰く、
「日本はやっぱり保険制度があって良かった」
ということだそうです。

しかし、一国の総理が外遊中に歯痛に悩まされているのでは
肝心の政治どころではないですよね。
これは、やはり普段のメンテナンスの怠りとしか思えません。
きちんと定期検診を受けて早め早めに処置していれば、
こんなことにはならないはずです。

皆さんも海外旅行や出張中にこんなことになっては
何もいいことはありません!!
常日頃から検診・メンテナンスは忘れずに行って下さいね!

受付

2014年9月 3日

今回はお電話でよくあるお問い合わせについて
お答えしたいと思います。

Q 初谷歯科は自費診療になりますか?

A 当院は保険医登録の機関になりますので、
  保険で定められているところは保険診療を行っております。
  しかし、保険医登録の機関でも
  自費診療が認められている部分に関しては
  自費診療にさせて頂いております。
  例えば、根管治療後の被せ物の処置にはいるところからや
  義歯・ホワイトニングやPMTC

Q 被せ物を保険でやってもらえますか。

A 当院では保険の被せ物は行っておりません。

Q 駐車場はありますか。

A 1階がガレージになっておりますので、駐車できます。
  車でご来院の場合はご連絡下さい。

他にもご質問等ございましたら、いつでもご連絡下さい。

受付 リサ

2014年9月 2日

なぜ3か月ごとの定期検診が必要なのでしょうか?

私たち歯科衛生士がいくら徹底的にむし歯や歯周病の
原因菌を除去したとしてもこの地球上から感染症を
ゼロにすることができないことと同じように、
お口の中からむし歯や歯周病の原因菌をゼロにすることはできません。

原因菌(細菌)をゼロに出来なくても数を減らすことはできます。
そのためには毎日歯についた汚れ(デンタルプラーク)をご自身で
上手くお掃除していただくことが重要です。

毎日歯磨きをしていても、磨けているつもりになっていたり、
手抜きになっていたり、間違った自己流のブラッシングになっていたり・・・
ということがあります。

また治療した歯、白いプラスチックの詰め物、被せ物、インプラントなどは
作りものです。治療した歯はお掃除も難しくなります。

歯を車に例えると・・・
どんなに高級な車を買ってもメインテナンスをしなければ長持ちはしません。
ボロボロになってから直すには、時間もお金もかかりますし、
その前に大事故に繋がるかもしれません。

歯も同じで3ヶ月ごとに定期検診に来院することで
間違った自己流のブラッシングを正しく修正したり、
どこに汚れ(デンタルプラーク)が残りやすくなっているかなど把握ができ、
失う歯の数を減らし、歯の健康状態を維持するためにも大きな効果をもたらします。

毎日の正しいセルフケアと3ヶ月ごとの定期検診で自分の歯は自分で守り、
一生自分の歯で生活していきたいですね。


歯科衛生士 マヤ

2014年9月 1日

骨や歯は硬い組織なのでカルシウムをたくさん取っていれば
丈夫になると考えがちですが、歯を構成している成分は
カルシウムだけではありません。

まず歯の基本となる成分は実はコラーゲンと呼ばれる
"タンパク質"からできているのです。
そしてこのタンパク質にカルシウムやリンなどがくっついて
丈夫な歯を作っているのです。
タンパク質は歯以外にも血液や筋肉、皮膚、髪の毛など
人の身体の重要な組織の構成成分なのです。

特に成長期の子どもや妊婦さんの場合新しい組織を作っていくため
身体のタンパク質は消耗されていきます。

そのため肉・魚介類、牛乳・乳製品、大豆製品など
良質なタンパク質を食事から取っていくことが大切になってきます。

最近ではダイエットや不規則な生活で偏った食事になりがちな方が
多いですが丈夫な歯・身体を作っていくには偏食しないで
バランスの取れた食事を心がけていくことがとても大切です。
食欲の秋、食生活を見直してみるのもいいですね。

歯科衛生士 マキ

« 2014年8月24日 - 2014年8月30日 | メイン | 2014年9月 7日 - 2014年9月13日 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
初谷歯科医院 院長 : 初谷 宏一

医療法人社団NDO
初谷歯科医院
院長 初谷 宏一

www.hatsuya-dental.com

日本顎咬合学会認定指導医
日本歯内療法学会認定指導医

【所属学会】
 米国歯内療法学会正会員
 日本顎態調和法研究会
 日本ヘルスケア会員
 CBSベーシックコース主宰