«  2016年9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« 奥歯の歯の根が使えなくなっても歯を残す方法 四ツ谷・麹町駅近くの初谷歯科 | メイン | 生涯歯科研修を修了しました。 »

2014年8月 5日

1日の日常生活で咀嚼などで上下の歯が触れる時間は
合計20分以内だと言われています。
しかし、たとえ20分程度といえども数十年に渡り毎日硬いもの同士が
触れ合っているので、その力が歯にあたえる影響は無視できません。

それに加えて1日数時間も上下の歯が触れるような状態
"噛みしめ"があるとそのダメージは深刻です。
歯が接している間、咬筋や側頭筋といった筋肉は
ずっと収縮し続け歯に過大な噛む力をかけます。
その結果どうなってしまうか?というと

歯が割れてしまったり、歯の根元が楔状に減ってしまったり
顎の関節が痛くなってくるなど
噛みしめによるトラブルはかなり深刻です。

そこで皆さんにぜひやって頂きたのが
"顎体操"です!!
この顎体操をすることで
身体を鍛えるのと一緒で顎周りの筋肉を鍛え
無駄な緊張をほぐし、バランスを保つことで
咬み合わせの違和感や頭痛や肩こりも改善されるとともに
噛みしめも軽減されていきます。

私も噛みしめる癖があるので意識して
トイレの中や電車の待ち時間を利用して顎体操を行うようにしています。
必要な方には顎体操のプリントをお渡ししています。
簡単な体操ですので、みなさんもぜひ日常に取り入れていって下さい。

歯科衛生士 マキ

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
初谷歯科医院 院長 : 初谷 宏一

医療法人社団NDO
初谷歯科医院
院長 初谷 宏一

www.hatsuya-dental.com

日本顎咬合学会認定指導医
日本歯内療法学会認定指導医

【所属学会】
 米国歯内療法学会正会員
 日本顎態調和法研究会
 日本ヘルスケア会員
 CBSベーシックコース主宰