«  2016年9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« ダイアグノデントを体験! 四ツ谷・麹町駅近くの初谷歯科 | メイン | 夏に気を付けること!歯が欠けるというのは 四ツ谷・麹町駅近くの初谷歯科 »

2014年8月 8日

先日、定期検診にいらした患者様で
歯肉が硬くとてもひきしまっている方がいらっしゃいました。

70才以上の方では土台からしっかりとしているというのは
珍しくありませんが、この患者様は40才前です。
私は何故こんなにしっかりとしいるのか疑問に思い
まずお口の中の汚れをチェックしました。

すると歯と歯の間はスッキリしていて汚れはありません。
上手く歯と歯の間をつっついて清潔にしておられました。
歯ブラシの毛で適度な刺激を与えている為、
常にキレイな血液が歯肉に流れているとわかりました。

次にどのようなお食事をしているのか聞いてみると
和食中心とのことでした。
特にレンコンやゴボウの根菜類を意識して食べているとのこと。
なるほどと思いました。
よく噛むことは歯肉に刺激を与えるからです。

若い方は柔らかい食事が多い為、歯肉が薄く歯周病になりやすいのです。
この患者様から上手く掃除をし、和食中心の食生活をすることが
とても大切だと教わりました。

さらに私は根菜類というと
煮物やきんぴらくらいしかレパートリーがないので
患者様にどんな料理を作るか聞いたところ、つくねを勧められました。
子どもも喜んで食べてくれると教わり
我が家の食卓にはたびたびレンコンとゴボウ入りの
つくねを出すようになりました。
息子たちにも好評です。

歯科衛生士 シバ

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
初谷歯科医院 院長 : 初谷 宏一

医療法人社団NDO
初谷歯科医院
院長 初谷 宏一

www.hatsuya-dental.com

日本顎咬合学会認定指導医
日本歯内療法学会認定指導医

【所属学会】
 米国歯内療法学会正会員
 日本顎態調和法研究会
 日本ヘルスケア会員
 CBSベーシックコース主宰