«  2014年9月 8日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2014年9月 8日

よく"歯石はどのくらいでつきますか?"という質問を受けますが
そもそもどうして歯石は付いてしまうのでしょうか
答えは、その部分(特に歯と歯の間、歯の裏側)に
上手くブラシが当たっていないために、汚れ(プラーク)が
落としきれていないためです。

歯石の直接的な原因はプラークという細菌の塊です。
プラークがなければ歯石は作られません。
このプラークにお口の中に存在するカルシウムやリンが蓄積され
石灰化していくのはだいたい2週間くらいかかると言われています。
そして頑固に付着した歯石になるのは1か月以上かかります。

特に顎下腺、舌下腺というネバネバした唾液にさらされやすい
下の前歯の裏側は歯石が付きやすいです。
硬く付いてしまった歯石は歯科医院で専用の器具や機械を
使わないと取れません。
また、歯石が付いたままだとさらに歯石の上で石灰化が進み
歯石が大きく厚くなっていきます。
歯石と接している歯肉は炎症を起こして下がっていきます。
そして、歯周病が進行していきます。

まずは、歯石が付かないようなお掃除の仕方を身につけていくことと
付いてしまった歯石はそのままにせず、定期的に歯科医院で
チェックして取り除くようにしましょう。

歯科衛生士 マキ

« 2014年9月 6日 | メイン | 2014年9月 9日 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
初谷歯科医院 院長 : 初谷 宏一

医療法人社団NDO
初谷歯科医院
院長 初谷 宏一

www.hatsuya-dental.com

日本顎咬合学会認定指導医
日本歯内療法学会認定指導医

【所属学会】
 米国歯内療法学会正会員
 日本顎態調和法研究会
 日本ヘルスケア会員
 CBSベーシックコース主宰