«  2016年9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« 妊娠期の歯ぐきの病気 | メイン | 臍下丹田(せいかたんでん) 四ツ谷・麹町駅近くの初谷歯科 »

2014年9月26日

先日上の歯は総義歯で、下の歯は自分の歯
という方の定期検診を行いました。
今回の定期検診では左下の歯が一部欠けてしまっている所があり
処置を行いましたが、この方は以前も同じ所が欠けてしまい
処置を行っていました。
噛みしめてはいないようですが、大体食事の時は左側で噛んでる
とおっしゃていました。

この方は上は総義歯ですが、左上だけ一部根を残した状態で
義歯を作っています(残根上義歯)
そのため右側で噛むよりも左側で噛んだ方が根を伝わって
噛んでる感覚があり、食事が美味しいとおしゃっていました。

歯の根の周りには歯根膜という感覚受容器があります。
これによって噛んだ時に食感を感じます。
しかし、歯を失ってしまうと歯根膜もなくなってしまうため
入れ歯にして噛めるようになっても
自分の歯で噛んでいる感覚とは違ってきてしまいます。

このように自分のが歯は1本でも多くあった方が
美味しく食事ができるのです。

そして自分のを歯を1本でも多く残すためには
やはりお口の中の掃除が1番大切です。
本当にお口の中を清潔にしている方は
一生自分の歯で美味しく食事をされています。

お口の中の状況は皆さんそれぞれ違います。
当院ではその方にあったお掃除の仕方を
皆さんがご自身で出来るようになるまで指導しております。
難しい所や分からない所はその都度担当の歯科衛生士と
一緒に確認していきましょう。

歯科衛生士 マキ

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
初谷歯科医院 院長 : 初谷 宏一

医療法人社団NDO
初谷歯科医院
院長 初谷 宏一

www.hatsuya-dental.com

日本顎咬合学会認定指導医
日本歯内療法学会認定指導医

【所属学会】
 米国歯内療法学会正会員
 日本顎態調和法研究会
 日本ヘルスケア会員
 CBSベーシックコース主宰