«  2014年10月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2014年10月31日

NHKテレビで飲み込める歯磨き粉が紹介されていました。
歯を磨いた後、そのまま飲み込めるということで
どこでも歯が磨けるということですね。

きっかけは病人や障碍者の介護が必要な人の為にということで
食品会社と共同で開発したそうです。
なんと、その成分は梅干し・おからというので驚きです。
梅干しは殺菌、おからには乳酸菌によって効力が発揮され
そして細菌が胃や肺に流れ込むことなく、
肺炎などを防ぐことが出来るようになったということです。
これによって飲み込んでも安心という。

口の中を清潔に保つことで
勿論、若い人にも歯周病予防にも効果的だそうです。

受付

2014年10月30日

以前、私の姪が転んでイスにぶつかり、
前歯が抜けてしまった事がありました。
その時、私の姉は焦って電話をかけてきました。
「歯が抜けてしまったけどどうしよう」というのです。
歯が外傷で抜けてしまった場合は、すぐに手当てをすれば
抜けた歯と骨がくっつく場合があります。

歯の根っこは骨と歯根膜という膜でくっついています。
この歯根膜が生きている間に元に戻す治療ができればいいのです。
歯根膜は口の外に置いておくと、20~30分で死んでしまいます。
なので、歯根膜を長く生かしておくためには
乾燥させないことです。

まず、抜けた歯を探し、砂などがついている場合は
水道水で10~20秒くらい洗います。
この時、歯の根を指でこすったりしてしまうと
歯根膜が傷つき、骨とくっつかなくなるので
水で洗い流す程度でOKです。
そして、洗った歯は母親の口の中に入れておくか
牛乳に漬けてなるべく早く歯科医院で治療をしてもらいましょう。
それが無理な場合は、元の穴に戻します。

私の姪の歯は、牛乳に漬けて歯科医院へ持っていき
治療をしてもらい無事に元通りなり、また噛める様になりました。
このような事にならない為に、
転んだ時には先に手が出るといいですね。
また、危ないと思った時にしゃがむと転倒を防げます。
普段から転んでも顔から地面にぶつからない様に
身体機能を高める練習をしてください。

皆様、大切な歯をケガでなくさないようにしましょう。

歯科衛生士 シバ

2014年10月28日

先日、NHK毎週月曜日22時から放送されている
「プロフェッショナル仕事の流儀」という番組で
山形県酒田市の診療所の
歯科医、熊谷崇先生について放送されていました。
診療所に通う子どもの8割が、
20才になっても永久歯に虫歯が1本もできないなど、
世界屈指の実績を上げている先生です。

熊谷先生は自分の歯を知り、意識してもらう、
患者が歯を守りたいという意識を強くもってこそ、
予防は成功するという考えだそうです。
番組の中では、熊谷先生の診療所に通ってらっしゃる
患者様の声も紹介されていました。
美味しく食事出来るのが幸せ。
歯を出して笑えるのが幸せ。
永久歯が虫歯になったことがないのが自慢。
皆さん熊谷先生が患者の歯を守るために、
患者に義務づけている治療をすべて終え、
歯が痛くなくなったあとも、数か月ごとに通院してもらい、
歯科衛生士の「メンテナンス」を受けることを守ってらっしゃいます。

やはり、一生自分の歯を守っていくには
定期的なメンテナンスが大事ということです。

受付 リサ

2014年10月24日

皆さんドライマウスという言葉、
どこかで耳にしたことがあるかと思います。

お口の中には唾液があって、私たちにとって
なくてはならないものです。

ドライマウスは別名「口腔乾燥症」ともいい、
口が渇いた感じがしたり、実際に乾燥して保湿力が
低くなった症状を表す言葉です。

これは必ずしも唾液が無くなったというわけではなく・・・

・唾液、お口の中がネバネバする。
・お口の粘膜がやけどのような熱さ、痛みがある。
・お口の中の感覚、味がわからないなどの味覚異常がある。
など、これらの症状があります。

唾液には細菌を洗い流してくれる作用があり
唾液が減るとむし歯や歯周病になりやすく、
口臭の原因にもなります。

唾液を出す方法として
唾液腺マッサージというものがあります。

①耳の脇を手で後ろから前へ回すようにします。
②あごのえらの下を親指で上に押します。
③あごの下を親指で上に押します。

お口の乾燥を防ぐためにも唾液が出るマッサージをしたり
舌をアッカンベーと大きく出したり、お食事の時はよく噛んで
常にサラサラの唾液がでる健康的なお口の環境づくりをしていきましょう。


歯科衛生士  マヤ

2014年10月23日

今やテレビや雑誌で一番の関心事は
何といってもダイエットですね。
これは見た目だけが問題なのではありませんね。
生活習慣病の結果であり、
健康保持には重要なことなのです。
いろいろなダイエット法が紹介されていますが
なかなか結果が伴わないのが悩みの種です。
当院では「フレッチャーさんの噛む健康法」という
本を置きました。
hure.JPG
これは不摂生のあげく、色々な病気をかかえこんだ
フレッチャーさんが一大決心して
ダイエットに取り組みました。
さてフレッチャーさんと日本とのかかわり
そしてどうやってダイエットを成し遂げたのか
とても面白く参考になりますよ。

受付

2014年10月22日

女性は一生の中で
「思春期」「妊娠期」「授乳期」「更年期」「閉経後」と
女性ホルモンのバランスがめまぐるしく変化し、
口の中にも影響します。

思春期には歯肉炎になりやすく、
妊娠するとつわりで歯磨きが不規則になったり、
子育ての疲れが歯茎に影響したり、
更年期はカルシウム濃度が薄くなるので、
入れ歯になりやすいなど、
ライフステージに合わせて口の中の状態も変わります。

そしてまた生理周期に伴って1か月の短いスパンでも変化します。
女性ホルモンが生理に向けて子宮を厚く成熟させるのと一緒で、
同じ粘膜の歯茎も充血します。
体も疲れやすいので、
そこに菌が入り込むと歯周病のリスクが高まります。

女性の体が最も大きく変化する妊娠・出産は、
歯への負担も大きくなります。
妊娠すると女性ホルモンが増加するので、
妊娠性の歯肉炎になりやすい。
そこから歯周病に感染して、
出産を経て、育児疲れによって深刻化することもあります。
妊娠中の治療は、初期と臨月は麻酔が使用できません。
安定期では麻酔を用いての治療も可能ですが、
抗生物質や痛み止めの強いものは使えないので、
できれば妊娠前にケアしておきたいですね。

現在、問題視されているのが、
歯周病と早産や低出生体重児との関係。
重度の歯周病を患っていると、
その炎症物質が血液中に入り込み子宮を収縮させて、
早産を引き起こすことがあります。

世の中の女性は自分自身のことよりも、
子供や周りの人の心配はしても、
自分の口の中の事は
二の次になっている方が多いような気がします。
ご自身が健康で無いと家族も、
周りの人も健康でいられないのでは無いのかなと思います。
ご自身が健康でいるためにも、
自分自身と向き合い口の中を含めた
体を労わってあげて欲しいなと思います。

歯科衛生士 アキ

2014年10月21日

歯に付いている歯石が口臭の原因になっているのではないかと
心配している方も多いのではないでしょうか。
歯石は歯垢が固まってできた石のようなものです。
歯石があることによって汚れが付きやすく、
歯垢や歯茎から口臭の原因になるものが出てしまうのです。
そのため歯石を定期的に取らないと口臭がきつくなってしまうのです。

歯石とはお口の中で歯の周りにつく石のようなものです。
プラーク(細菌の塊)が唾液の中のカルシウムやリンなどの
ミネラル成分と結びついて石のように固くなったものを歯石と言います。
歯に歯石が付くと表面はザラザラし、歯垢が付きやすくなります。
歯石の上の歯垢は歯磨きをしても取りにくく、
歯石が歯と歯の間に詰まってしまうこともあります。
溜まった歯垢は発酵し、ガスを発生させ口臭の原因となります。

歯石は体にとって異物です。
歯に歯石が溜まると周りの歯茎に白血球などの
炎症細胞が集まり歯茎が腫れます。
腫れた歯茎の周りには歯垢や歯茎から出る
浸出液によって口臭が発生します。
歯茎の中に歯石が溜まると歯茎が腫れ、膿が出てきます。
膿は口臭の一番の原因です。
歯槽膿漏という状態でそのままにしておくと
強い痛みや周りの骨が溶けて歯が抜けてしまうこともあります。

通販等で歯石取り用の器具が販売されていますが、
自分で歯石を取るのは無理だと思ってください。
歯石は歯にこびり付いており、
自分で取ろうとしても歯や歯茎を傷付けるだけで、
ほとんど取れないことが多いです。
また、大きな歯石を取っても歯の表面が
ザラザラしていると直ぐに歯石が付いてしまいます。
歯医者で歯石を取っているのは、ただ取っているのではなく、
歯石を取った後、歯石が付きにくいように歯を磨いているのです。
半年に1回は定期健診とクリーニングを受け、
きれいなお口を保ってくださいね。

歯科衛生士 アキ

2014年10月20日

女性ならお肌の曲がり角ってよく聞きますよね!
最近、歯茎の曲がり角という記事を読みました。

歯周病菌の中には、女性ホルモンを栄養源として繁殖する菌がいるので
女性ホルモンの変化によっても、女性は歯周病にかかりやすい時期があるそうです。
ホルモンバランスが大きく変わると、その影響を受けて、
歯茎がムズムズしてうずいたり、腫れたりすることが多くなるそうです。
なので、ライフステージによってそれぞれ
思春期性歯肉炎、妊娠性歯肉炎、更年期性歯肉炎という病名があるそうです。
ホルモンステージに合わせたオーラルケアが必要だそうです。
思春期は女性ホルモンがつくられるようになると、
それに反応して、歯肉炎が起こりやすくなるそうです。
妊娠中は女性ホルモンの分泌量が増えて
歯周病菌も異常に増殖して歯茎がひどく腫れやすくなるそうです。
更年期以降は女性ホルモンの低下にともなって、
ドライマウスの人が増えてくるそうです。
お口の自浄作用をもつ唾液が減ることにより、
歯周病が進行しやすいので注意がしたほうがいいそうです。

お肌と一緒でその時その時に合ったケアをしていきましょう!

受付 リサ

2014年10月17日

先日PMTCを受けた患者様が
「歯ブラシを当てると歯がしみる」とおっしゃいました。

お口の中を拝見し、しみるという歯は明らかなむし歯では
ありませんでした。

歯の付け根にもとくに問題はなく、風をかけるとしみるということでした。
こちらの患者様はお掃除を頑張りすぎて歯ブラシがその部分に
強く当たっていたようでした。

PMTCのあとに知覚過敏処置をすることにし、
PMTC+リナメルトリートメントのコースを行いました。

リナメルトリートメントは毎日の歯磨きやお食事などで
歯の表面についたミクロの傷を修復し汚れを付きにくくさせる効果や、
むし歯になりかけた歯を内側から修復してくれる効果があります。

PMTC+リナメルが終わりしみるとおっしゃっていた歯に風をかけると
「しみなくなりました!」と一言。
患者様も私も笑顔になりました。

リナメルは歯の表面を修復してくれる作用があるので
軽度の知覚過敏にも有効だということです。

こちらの患者様には歯ブラシの当てる圧をいつもより弱めに、
試供品でシュミテクトをお渡ししてお帰りいただきました。

リナメルは患者様用の歯磨剤としても販売していますので
気になる方はいつでもお声掛けください。
(PMTCのリナメルトリートメントとは成分の濃度が異なります。)

歯科衛生士  マヤ

2014年10月15日

ヘルペスは口腔領域で最も多く見られるウイルス感染症です。
風邪をひいたり体調を崩したりした時
紫外線に当たった後、生理やストレスなどが刺激となり
身体の抵抗力が低下した時に発症することが多いです。

ヘルペスは特に口角や口唇にできやすく
前兆としてチクチクした違和感やかゆみが出ます。

この時期に冷蔵庫の氷を付けると治ることがあります。

放置するとウイルスが増殖し3~5mm大の水ぶくれができてきます。
1週間前後で水ぶくれが破れてかさぶたになり自然に治っていきますが
それまでの間かゆみや痛み、発熱を感じることがあります。

そして、何よりも皆さんに覚えておいていただきたいことは
ヘルペスは人に移るということです。

水ぶくれの中には大量のウイルスが充満している状態です。
水ぶくれを触った手やタオルなどから感染を広めてしまいます。
ヘルペスができてしまったら、その部分は触らないで
清潔にしておくのが1番です。
無理に水ぶくれを破いてしまうと
そこからまた細菌に感染しやすくなり、治りも遅くなります。
また、ヘルペスができている時の歯科治療も感染を広げてしまう
原因になるのであまりおすすめはできません。
気になる症状がある方はまずはご相談ください。

歯科衛生士 マキ

2014年10月10日

先日、詰め物がとれてしまったといらっしゃった患者さんがおりました。
そこの部分は処置して終わりましたが他にも大変なことが。

歯茎の状態を検査したところ、なんと歯周病が進行していたのです。
患者さん自身は痛みもなく違和感もないので気づかなかったのです。
ただ、このままにしておくといずれ痛みが出て
大変なことになる状態だということを衛生士からお伝えしました。
患者さんはビックリしていました。

歯周病もそうですが、虫歯も初期のものは痛みがなく
ご自身では気づきにくいものです。
2つとも痛みが出てからでは手遅れな場合が多いです。
ご自身で気づきにくいからこそ
定期的な検診・クリーニングが必要なのです。
少なくとも年に2回は歯科医院での定期検診とクリーニングを受診し、
いつまでもご自身の歯で美味しくご飯が食べれるように
お口の健康を守り管理していきましょう!

受付 リサ

2014年10月 9日

小さい子供をお持ちの患者さんから
子供への口移しについて相談されます。
皆さんスプーンや箸の共有がいけないとは知識として知っていても
子供がご飯を食べてくれなかったり、
大人のスプーンを使って食べたがったりして
思うように区別出来ずに悩んでいる方がとても多いのです。

産まれたばっかりのあかちゃんには虫歯菌は存在しておらず、
虫歯菌を持っていない人は虫歯にならないわけです。
虫歯菌の最初の感染は保護者等からの口移しでの食事や、
スプーン等の食器の共有、キスなどによる
経口的な物である事が多いと言われます。
実験的に虫歯菌のDNA鑑定をしてみると、
親にも同じDNAをもつ虫歯菌がいる事から、
科学的にもある程度実証されています。

さらに虫歯になりやすい保育者から感染すると、
子供も保育者と同じように虫歯になりやすく、
虫歯菌が感染する時期が遅いほど
その後の虫歯本数が少ないことも実証されています。
乳歯が生えてくる時期が最も感染がおきやすく、
「感染の窓」と呼ばれています。
この時期以前(2歳前)に虫歯菌に感染すると
虫歯になる可能性が高くなるのです。

スプーンの共有をしてしまう可能性があるのであれば、
できるだけ近くにいる保育者自身が虫歯菌の
数を減らすような口腔内を清潔にするようにする。
早い時期から子供には歯ブラシを慣れさせる。
理解が出来る様な年になってきたら、
お口は自分自身できちんと管理して、
守っていくことを教えるようにしてあげてみてはどうですかと、
提案させていただいています。

食欲の秋ですので、みんなで楽しく食卓を囲んで、
最後にみんなで歯ブラシをしてみてください。

親の習慣は全て子供の習慣となるものなのです。

歯科衛生士 アキ

2014年10月 8日

前回、妊娠初期の胎生7週目に乳歯のもと、14週目には
永久歯のもとが作られ始めるとお話ししました。

この時期に規則正しい食生活を送ることで赤ちゃんの歯は
強くて丈夫な歯質になる可能性があります。

・タンパク質
歯の土台を作ります。歯の成分の80パーセントはタンパク質です。
歯にカルシウムを貯めるのに大きな役目をします。
妊娠4~10週頃の初期が特に大切です。
肉類、魚介類、卵類、大豆・乳製品に多く含まれています。

・ビタミンA
歯の表面「エナメル質」の土台を作ります。
またお口の中の粘膜も強くします。
レバー・緑黄色野菜に多く含まれています。

・ビタミンC
歯の象牙質(エナメル質の内側にある歯質)の土台を作ります。
果物、野菜に多く含まれています。

・ビタミンD
カルシウムの吸収を助け石灰化の調整をします。
魚介類に多く含まれます。

・カルシウム
歯胚(歯のもとになるもの)を硬くします。(石灰化)
妊娠中は通常の1.5倍の量を摂りましょう。
乳製品、骨ごと食べる魚、殻を食べるエビ、葉物に多く含まれます。
小松菜はカルシウムの特別多い野菜です。

この中でもタンパク質はとても重要です。
歯だけでなく、筋肉、骨格、皮膚、酵素、ホルモン、
免疫抗体をつくる大切な栄養素です。

またビタミンDは赤ちゃんの将来の骨の量を
高めるためにも重要で、鮭、イワシの丸干し、サンマなど、
レバーやきくらげ干しシイタケに含まれています。

妊娠をした時から赤ちゃんの歯の発育は始まっています。

様々な食品を偏りなく適量を摂り、
「マイナス1歳から強い歯を作る」をキーワードに
妊娠中の食生活をより良くしていき、赤ちゃんの将来を守っていきましょう。


歯科衛生士 マヤ

2014年10月 7日

以前行われたホワイトニングコーディネーターの講習会で
ホワイトニングに関する基本的な知識・技術・カウンセリング等
について学び認定試験を受け、日本審美学会が認定する
ホワイトニングコーディネーターに認定されました。

IMGP0068.JPG

最近では男女、年齢問わず歯をキレイにしたい、白くしたいと
"ホワイトニング"に関心を持っている方は多いように感じます。
被せ物をする前に歯を白くしたいという方
結婚式や同窓会など行事をきっかけにはをキレイにしたいという方
皆さん理由は様々です。

"ホワイトニング"というと一般的には専用のホワイトニング材を使用し
歯を白くしていくイメージがあると思いますが
ホワイトニングと一言に言ってもその方のお口の中の状況によっては
色々な手段があります。
歯磨き、PMTC、ホームホワイトニング、オフィスホワイトニングなど

コーヒー・紅茶・タバコなど歯の表面に沈着している着色はクリーニング
行ったり、普段の歯磨きを工夫することで歯の白さを保てる方も多いです。

しかし、ご自身の歯自体が加齢などにより黄色くなってきている場合
クリーニングだけでは希望の白さを得ることができないことがあります。
こういう場合はホワイトニング材を使用した
ホームホワイトニング・オフィスホワイトニングで歯を白くしていきます。

皆さんのお口の中の状態はそれぞれ違います。
むし歯やしみている歯がある場合はいきなりホワイトニンではなく
まずは治療を行う必要があります。
まずはお口の中の状態を確認させていただき、
しっかりカウンセリングを行い皆さんに合った方法で歯がキレイになるよう
一緒に考えていきたいと思っています。

歯がキレイになるということはとても気持ちがいい事ですし嬉しい事です。
また歯をキレイにすることで歯をキレイに保とうという意識が高まり
歯の健康への意識が変わる方も多いです。

皆さんが素敵な笑顔になれるようこれからも努めていきたいと思います。
ホワイトニングに興味があるはまずほ相談からでも構いません
ご連絡をお待ちしております。

歯科衛生士 マキ

2014年10月 4日

先日、一通り治療が終わり
定期検診とクリーニングのご予約を頂いて終えた患者様から
帰り際に素敵なお言葉を頂きました。
「ここにきて良かった!今まで知らなかったことも知れたし、
 皆さん親切に丁寧に熱心に治療・ブラッシング指導してくださるし。
 今まででは経験したことないことが出来ました。
 お口の健康が保てるように頑張ります。またよろしくお願い致します。」と。

当院では、治療と並行して歯科衛生士が
ブラッシング指導・クリーニングを行っております。
なぜかというと、いくら治療して痛いところが治ったとしても、
ご自身のお口にあったセルフケアが患者さんご自身で出来ないと
いくら治してもお口の健康が保てないと
また同じことの繰り返しだからです。

歯科医院は歯が痛くなったら行くところであるのはもちろんですが、
お口の健康を守る為に定期検診・クリーニングで行くところとも
思って頂きたいです。

受付 リサ

2014年10月 3日

皆さん、青菜・ごぼう・たこ等きちんと噛み切れますか?
毎日の食事で噛み切れない物はありませんか?
噛み切れないということは、
上下の歯が正しく噛み合っていないからかもしれません。

当医院では、正しく噛める為の治療を行っております。
ではなぜ上下の歯が正しく噛み合う為の治療が必要なのでしょうか?
それは、歯が頭蓋骨の土台になっているからです。
土台(噛み合わせ)がしっかりしていなければ、
頭蓋骨の中に入っている脳は良く働きません。
なので、上下の歯が正しく噛み合う為の治療が大切なのです。

患者様から、噛めるようになって初めて
「私は今まで噛めていなかったという事がわかった」
そして「初めて噛めるという意味がわかった」と
おっしゃる方がとても多いのでびっくりします。
「噛める」とおっしゃる方は一様に背筋がピンと伸びています。
噛めているのかご心配な方は、ぜひご相談にいらしてください。

歯科衛生士 シバ

2014年10月 1日

赤ちゃんの歯はいつ作られているのでしょう。

それは妊娠初期の胎生7週目に乳歯の元が、
14週目には永久歯の元が作られ始めると言われています。
妊娠に気がつく頃には歯の元やあごの骨が出来始めています。
出生後には乳歯が生えてからも永久歯は乳歯の下で
ゆっくりと時間をかけて成長していきます。

この時期に規則正しい食生活を送らなければ、赤ちゃんの
歯の質が弱くなってしまう可能性があります。

味を感じる「味蕾」も妊娠7週目頃から作られます。
羊水を通して味覚を形成している為、
羊水はおなかの中にいる赤ちゃんの母乳のようなもので
赤ちゃんが飲むこともあります。

赤ちゃんが生後2~3ヶ月にはすでに自分好みの味を持っているのは
この為ではないかと考えられています。

この羊水の味や成分はお母さんの食生活が大きく影響しています。
そして「味蕾」の形成ピークは妊娠5ヶ月~生後3ヶ月と言われており
成人と比べて約3割味蕾が多く、
それだけ鋭敏な味覚を赤ちゃんは持っているのです。

また、赤ちゃんが出生後母乳を吸うための吸啜行動も
おなかの中で育まれます。

このようにおなかの中ですでに「食べる」という
発育過程は作られています。

それだけに妊娠中の食生活や生活習慣はとても大切なのです。

よく歯が弱いのは遺伝によるものと考えられがちですが
歯の形、歯並びや骨格が遺伝することはあっても、むし歯は遺伝しません。
歯の質は妊娠中の母体の栄養状態に大きく影響を受けるのです。


次回歯に必要な栄養素についてお話しします。


歯科衛生士  マヤ


当院では、他院より依頼された患者さんを含めて
多くの下顎水平埋伏智歯(親知らず)を抜歯します。
下顎管に歯根をからませているような症例は大学病院へ紹介しますが、
大抵の水平埋伏智歯は通常の診療の中で処置しております。
この際、一番困るのは術中に患者さんの肩に力が入り頬筋が強張り
、患部が見えるように頬を引いても歯が見えないことです。
そこで術前に臍下丹田に力を入れてもらいます。
そうすると頬筋がゆるみ、楽に歯が見える様になり、
抜歯もスムーズに終了するわけです。

私は昔、弓道や剣道等いわゆる武道をやっていたので
この臍下丹田ということは熟知しており
皆さんもわかる事と思っておりましたが、
患者さんの半数以上の方が「それってなんですか」という反応でした。
そこで絵を描いて、おへそのすぐ下に昔から丹田と言われる場所があり
、その部位を意識すると肩から力が抜けて楽になるのですよと言うと、
ほっとした顔になり
「歯医者さんに来るといろいろ為になる事を教えてもらえるので有難い」
と感謝されました。

ちなみに昔の武士は常にこの丹田に力が入るように
袴の帯はこの丹田にしめていたわけです。
最近の若い男性は着物を着ても
帯を胸高にしめている人が多く見うけられますが、
時折駅などで見知らぬ年配の方に
帯のしめ方を注意されて慌ててしめ直している人をみて、
やっぱり見ていられなくなったんだろうなとニッコリしたものでした。

院長 初谷宏一

« 2014年9月 | メイン | 2014年11月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
初谷歯科医院 院長 : 初谷 宏一

医療法人社団NDO
初谷歯科医院
院長 初谷 宏一

www.hatsuya-dental.com

日本顎咬合学会認定指導医
日本歯内療法学会認定指導医

【所属学会】
 米国歯内療法学会正会員
 日本顎態調和法研究会
 日本ヘルスケア会員
 CBSベーシックコース主宰