«  2016年9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« 臍下丹田(せいかたんでん) 四ツ谷・麹町駅近くの初谷歯科 | メイン | 咬み合わせについて »

2014年10月 1日

赤ちゃんの歯はいつ作られているのでしょう。

それは妊娠初期の胎生7週目に乳歯の元が、
14週目には永久歯の元が作られ始めると言われています。
妊娠に気がつく頃には歯の元やあごの骨が出来始めています。
出生後には乳歯が生えてからも永久歯は乳歯の下で
ゆっくりと時間をかけて成長していきます。

この時期に規則正しい食生活を送らなければ、赤ちゃんの
歯の質が弱くなってしまう可能性があります。

味を感じる「味蕾」も妊娠7週目頃から作られます。
羊水を通して味覚を形成している為、
羊水はおなかの中にいる赤ちゃんの母乳のようなもので
赤ちゃんが飲むこともあります。

赤ちゃんが生後2~3ヶ月にはすでに自分好みの味を持っているのは
この為ではないかと考えられています。

この羊水の味や成分はお母さんの食生活が大きく影響しています。
そして「味蕾」の形成ピークは妊娠5ヶ月~生後3ヶ月と言われており
成人と比べて約3割味蕾が多く、
それだけ鋭敏な味覚を赤ちゃんは持っているのです。

また、赤ちゃんが出生後母乳を吸うための吸啜行動も
おなかの中で育まれます。

このようにおなかの中ですでに「食べる」という
発育過程は作られています。

それだけに妊娠中の食生活や生活習慣はとても大切なのです。

よく歯が弱いのは遺伝によるものと考えられがちですが
歯の形、歯並びや骨格が遺伝することはあっても、むし歯は遺伝しません。
歯の質は妊娠中の母体の栄養状態に大きく影響を受けるのです。


次回歯に必要な栄養素についてお話しします。


歯科衛生士  マヤ


Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
初谷歯科医院 院長 : 初谷 宏一

医療法人社団NDO
初谷歯科医院
院長 初谷 宏一

www.hatsuya-dental.com

日本顎咬合学会認定指導医
日本歯内療法学会認定指導医

【所属学会】
 米国歯内療法学会正会員
 日本顎態調和法研究会
 日本ヘルスケア会員
 CBSベーシックコース主宰