«  2016年9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« 自分の歯を知り、意識してもらう 四ツ谷・麹町駅近くの初谷歯科 | メイン | 飲み込める歯磨き粉登場! 四ツ谷・麹町駅近くの初谷歯科 »

2014年10月30日

以前、私の姪が転んでイスにぶつかり、
前歯が抜けてしまった事がありました。
その時、私の姉は焦って電話をかけてきました。
「歯が抜けてしまったけどどうしよう」というのです。
歯が外傷で抜けてしまった場合は、すぐに手当てをすれば
抜けた歯と骨がくっつく場合があります。

歯の根っこは骨と歯根膜という膜でくっついています。
この歯根膜が生きている間に元に戻す治療ができればいいのです。
歯根膜は口の外に置いておくと、20~30分で死んでしまいます。
なので、歯根膜を長く生かしておくためには
乾燥させないことです。

まず、抜けた歯を探し、砂などがついている場合は
水道水で10~20秒くらい洗います。
この時、歯の根を指でこすったりしてしまうと
歯根膜が傷つき、骨とくっつかなくなるので
水で洗い流す程度でOKです。
そして、洗った歯は母親の口の中に入れておくか
牛乳に漬けてなるべく早く歯科医院で治療をしてもらいましょう。
それが無理な場合は、元の穴に戻します。

私の姪の歯は、牛乳に漬けて歯科医院へ持っていき
治療をしてもらい無事に元通りなり、また噛める様になりました。
このような事にならない為に、
転んだ時には先に手が出るといいですね。
また、危ないと思った時にしゃがむと転倒を防げます。
普段から転んでも顔から地面にぶつからない様に
身体機能を高める練習をしてください。

皆様、大切な歯をケガでなくさないようにしましょう。

歯科衛生士 シバ

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
初谷歯科医院 院長 : 初谷 宏一

医療法人社団NDO
初谷歯科医院
院長 初谷 宏一

www.hatsuya-dental.com

日本顎咬合学会認定指導医
日本歯内療法学会認定指導医

【所属学会】
 米国歯内療法学会正会員
 日本顎態調和法研究会
 日本ヘルスケア会員
 CBSベーシックコース主宰