«  2014年11月 4日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2014年11月 4日

噛みしめは夜寝ている間に無意識にやっている方が多いですが
実は寝ている間だけではなく日中、仕事中などにも無意識に
噛みしめていることが多いのです。
噛みしめが原因で顎が痛くなったり、歯が割れてしまったり・・・
噛みしめによって引き起こされる問題は深刻です。

自分では噛みしめているつもりはなくても、お口の中を見ると
噛みしめているサインが歯だけではなく粘膜にもみられることがあります。

頬の内側の粘膜に白っぽいスジや
舌の周りに歯型の跡が付いていたりしませんか?

このような歯型が付いてる方は噛みしめをしている可能性があります。
口の周りには口を開けたり、閉じたりする筋肉があります。
上下の歯を接触させ口を閉じる筋肉を緊張させたままでいると
頬の内側に歯を押し付けたままにするため
粘膜に歯型が付いてしまいます。
また、舌を動かす筋肉も連動して緊張している場合が多いので
同じように歯に押し付けることで舌の周りに歯型が付きます。


皆さんもお口の中に噛みしめのサインがないか
チェックしてみて下さい。

歯科衛生士 マキ

« 2014年10月31日 | メイン | 2014年11月 5日 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
初谷歯科医院 院長 : 初谷 宏一

医療法人社団NDO
初谷歯科医院
院長 初谷 宏一

www.hatsuya-dental.com

日本顎咬合学会認定指導医
日本歯内療法学会認定指導医

【所属学会】
 米国歯内療法学会正会員
 日本顎態調和法研究会
 日本ヘルスケア会員
 CBSベーシックコース主宰