«  2014年11月30日 - 2014年12月 6日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2014年12月 6日

先日、NHKのプロフェッショナルという番組で
歯科医師の熊谷先生を取り上げていました。

熊谷先生は予防歯科(虫歯や歯周病などの病気にならにようにする)
の先生です。

この先生は患者さんが初診でみえても
どうしても痛みに耐えられなかったりしない限りは
治療をせず、必要な検診や資料をとり
まずは患者さん自身がどうしたら虫歯や歯周病にならないか
理解してもらい、そのためのセルフケアを実行してもらってから
やっと治療に入るという方針を行っています。

初めは患者さんにとっては理解しがたいと思う方も多いと思います。
しかし、自分自身で口腔内を守れる人は
今までに比べて今後、虫歯や歯周病になるリスクが大幅に減るので
治療することが減ってくるでしょう。

患者さんに歯をたくさん残すためにも
どうしたら虫歯や歯周病にならないのか
知識をもってブラッシングが出来るようになってもらえるのか
改めて考えていきたいなと思いました。

歯科衛生士 アキ

2014年12月 5日

以前、歯ブラシは2週間で取り替えましょう、
歯ブラシには細菌が付いているのでと画像つきでご紹介しました。
今回は歯ブラシの保管方法です。

歯ブラシを使った後は、
流水でよく洗い、よく水をきり、乾燥させることが大事です。
植毛部を上にして風通しのよいところで保管しましょう。

注意したいのは、

・1つのコップで複数の歯ブラシを保管しないこと。
 毛先が触れ合ってしまうと歯ブラシを共有していることと同じことになります。

・ユニットバスの洗面所に置かないこと。
 トイレの細菌に汚染されてしまいます。

・戸棚に入れたりケースなどで歯ブラシを覆ったりしないこと。
 湿度のあるろころでは菌の繁殖を促してしまいます。

です。

清潔に保つようにしましょう!

受付 リサ

2014年12月 3日

皆さんデンタルフロスはご存知ですか?
デンタルフロスは糸ようじとも言います。

デンタルフロスは歯と歯の間をお掃除をするための道具です。
むし歯、歯周病、口臭予防に効果的なものです。

歯ブラシでのお掃除も上手くお掃除すれば歯垢(デンタルプラーク)の
除去にはとても有効的ですが歯と歯が接しているところは
歯ブラシでいくら突っついてお掃除をしても取れません。

むし歯や歯周病、口臭などの予防には、歯垢を残さないことが肝心です。

使う順番としてデンタルフロスをしたあとに歯ブラシで浮いた汚れを
除去します。

デンタルフロスを使用することで夜寝ている間の
お口の中の細菌の数も減ります。

デンタルフロスの使い方がいまいちわからなかったり
ご不安であればいつでもご相談ください。

むし歯、歯周病、口臭予防には歯垢を残さずに落とすことが大切です。
予防の為にもデンタルフロスを習慣化してみませんか?

歯科衛生士  マヤ

ホワイトニングキャンペーンが始まりました!

年末年始のお出かけに
口元もキレイにしましょう!!

26年12月1日~27年1月31日まで
10%OFFです。

是非、この機会にご来院下さい!

ご予約のご連絡お待ちしております。

受付

« 2014年11月23日 - 2014年11月29日 | メイン | 2014年12月 7日 - 2014年12月13日 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
初谷歯科医院 院長 : 初谷 宏一

医療法人社団NDO
初谷歯科医院
院長 初谷 宏一

www.hatsuya-dental.com

日本顎咬合学会認定指導医
日本歯内療法学会認定指導医

【所属学会】
 米国歯内療法学会正会員
 日本顎態調和法研究会
 日本ヘルスケア会員
 CBSベーシックコース主宰