«  2016年9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« 噛みしめのサイン 四ツ谷・麹町駅近くの初谷歯科 | メイン | 歯周病ってどんな病気? 四ツ谷・麹町駅近くの初谷歯科 »

2014年11月 5日

インフルエンザが流行りだした地域がちらほら出てきたようです。

今まで風邪は「手洗い」「うがい」と言われていましたが、
今はそこに、「お口ケア」を追加することで
もっと効果的に予防できるんです!!
ご存じのとおり、風邪の80〜90%はウイルス感染で、
そのほとんどが手についているウイルスが口から入り、
喉の一部である咽頭粘膜を介して
猛烈な勢いで増殖することが原因です。
そのため、手洗い、うがいが重要と言われています。
でも、もともと人間にはウイルスや細菌の侵入を防ぐ
バリアが働いていて体を守っているので、
風邪ウイルスを吸い込んでも
必ずしも誰もが風邪をひくわけではないのです。

では、どんな人が風邪をひきやすいのでしょうか?
最近の研究で、お口の中のバイオフィルムが増えると
身体を守るバリアが弱まり、
ウイルスの侵入を手助けすることがわかってきたのです。
つまり、お口の中のバイオフィルム細菌を殺すことによって
ウイルスの増殖を防ぎ、
風邪ウイルスの吸着や侵入を防ぐ訳なんです。

歯ブラシだけでなく、お口の洗口剤などでも殺菌作用があるものは、
風邪予防も出来ると言われています。
お口を綺麗にして風邪の予防もして、
これから寒い時期を乗り越えてくださいね。

歯科衛生士 アキ

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
初谷歯科医院 院長 : 初谷 宏一

医療法人社団NDO
初谷歯科医院
院長 初谷 宏一

www.hatsuya-dental.com

日本顎咬合学会認定指導医
日本歯内療法学会認定指導医

【所属学会】
 米国歯内療法学会正会員
 日本顎態調和法研究会
 日本ヘルスケア会員
 CBSベーシックコース主宰