«  2014年12月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2014年12月24日

年末になりこれから新年に向けて
飲み会が多くなる時期ですよね。

一般に美味しいものはおおよそ酸性と考えてよいと思いますが、
pH5.5よりも低い(酸性度が高い)ものが触れると
歯は溶け始めてしまいます。
酸性度の高い食品を頻繁に、しかも長時間かけて
摂取するような時は注意が必要です。

身近な酸性の食品といえば、炭酸飲料やビール、
日本酒、ウィスキー。炭酸飲料はPH3程度と
歯を溶かすのに十分な酸性があります。
ワインにも酸が入っており、舌でゆっくりと味わいながら飲むと
それだけ歯と酸が長いこと触れることになり、
歯が溶けるリスクが高まります。

そんな時、唾液は酸を中和したり、
酸で溶けた歯の表面を再石灰化(カルシウムなどを補給して硬く回復させること)する
効果に優れていて、自己防御力が働きます。

酸性の食品を口にしたら、その酸性を薄めてあげることが大切です。
簡単なのは食後にお水やお茶を飲んで口の中を中性にしてあげること。
また、よく噛んだりしゃべることで唾液をさせ、
口内をきれいにすることもひとつの手です。

さらにガムを噛んでも唾液の分泌が促されるので、これも有効です。

家族や職場の方々と長い間おしゃべりしながら、
食事をしお酒を飲むのは楽しいことですが、
頭の片隅に少し歯を労わってあげることを覚えてもらえてると嬉しいです。

歯科衛生士 アキ

2014年12月22日

今の時期、何かと飲酒の機会が多いですよね。
なんといっても危険なのが、飲んだ後に転倒して
歯を折ったりしてしまうことです。

ご来院された患者さんは、電車に乗るのに
慌てて駅の階段を駆け下りて、転げ落ちたそうです。
その結果どうなったか。
前歯3本抜けてしまい、失いました。
大変なことになってしまいました。
幸いにも頭を打ったり、骨折したりしないですみましたが。

このように歯が事故で抜けた場合、
すぐに(1時間以内)口腔外科のある病院に行って、
とれた歯を入れてもらって下さい。
また組織が再生して歯がつく場合があるのです。

いつも余裕をもって慌てずに行動して下さいね!

受付

2014年12月17日

今年も残りわずかとなってまいりました。
皆さん、お口のチェックは済んでいますか。

詰め物がとれたり、歯がかけたりした患者さんがいらっしゃいます。
最近は痛くないからと、その事態が起きてから
1ヶ月たってたりと長期あいていらっしゃる方が多いです。
ただ、とれたり・かけたりするには何かしら原因があります。

例えば、虫歯が原因だった場合。
虫歯のすすんでしまったり、割れてしまう可能性もあります。

詰め物がとれたり、歯がかけた場合は
早めに歯科医院を受診しましょう。

当院は12月27日(土)~1月4日(日)まで休診致します。

年末年始のお休みの間、
心配な方はお休みにはいる前に時間をみつけて
検診・クリーニングを受けましょう!

受付リサ

2014年12月15日

今月は診査診断についての勉強会を行いました。
まず、どの科においてもそうだと思いますが治療をする前に
正確な"診断"を行うことがとても大切になります。

正確な診断を行うにあたり必要になるのが色々な情報です。
そして、この情報を得るために必要なのが色々な診査です。
まずは患者さん自身がどこが気になるのか?痛いのか?
問診から始まります。
そして、実際に目で見て症状の原因となる部位を確認します。
この時に、より正確に確認するために肉眼ではなく
拡大鏡を使って口腔内を診るようにしています。

また、被せ物がしてある歯や歯の根の方で症状が出ている場合
目で見て確認することはできません。
こういう場合は部分的にレントゲンを撮って
内部の状態を診査していきます。
症状が出ている歯を特定するのが難しい場合
色々な方法で検査し診断をしていきます。

先生だけでなく私たち歯科衛生士も診断に必要な
診査を行う場面があります。
正確な診査ができる様よう手技の向上に努めるとともに
その検査が何のために必要なのか患者さんが理解できるよう
説明の仕方についても考えていかないといけないなと思いました。

歯科衛生士 マキ

自分の歯、身体は自分でしか守れません。
そのために私達は食事で栄養を摂り、睡眠で一日の疲れを取ります。

もし不摂生をして睡眠不足であればどんなに正しく歯を磨いて
プラークコントロールを徹底しても限界があります。

これは「免疫力」の差に原因があるといえます。

歯周病は「デンタルプラーク(細菌の塊)の量・質」と
「身体の免疫力」とのバランスが崩れることで発症します。

細菌やウイルスと闘う力が弱ければ歯周病になりやすくなります。

歯周病を予防するにはお口の中を清潔にして
細菌を退治することがとても大切です。

プラークコントロールだけでは守れなかった歯周病に対して
「免疫」を持つことで、外側、内側から予防していくことができます。

またインフルエンザなども流行っています。
風邪予防の為にもお口の中を清潔にし、
しっかり栄養と睡眠をとり、新年に向けてお口と
身体の健康づくりをしていきましょう。


歯科衛生士  マヤ

2014年12月11日

歯石とは歯に付着した歯垢が石灰化したものです。
これは、歯ブラシでは取れません。
歯石には新たな歯垢が付きやすいです。

歯石は歯肉縁より下にもつきます。
歯肉縁より下についたものは目で見えないので
ご自身では付いているかどうかわかりません。

なので、最低でも半年に1回は
歯科医院での定期検診とクリーニングを受け
確認してもらうことが大事なのです。

みなさん定期検診受け忘れていませんか?
スッキリとキレイなお口で年末年始を過ごしましょう!
ご予約のご連絡お待ちしております。

受付 リサ

2014年12月 9日

厚生労働省や歯科医師会で推進されている
8020運動は皆さん耳にしたことがあると思います。
生涯を通じて自分の歯で食事ができるように
"80歳になっても自分の歯を20本以上保とう"という運動です。

先日、定期検診でいらっしゃった60代の方に
"私は80歳まで20本は歯を残したいのだけれど
今ある歯から何本までならダメにしていいですか?"
と聞かれました。
私はその考えは間違っていますよとその方にお伝えしたのですが
80歳までに20本まで歯を減らしてもいいというわけではありません。

歯は1本でも失ってしまうと
お口の中で咬み合わせのバランスが崩れてしまいますし
お掃除も難しくなり、他の歯に負荷がかかり
ドミノ倒しのように悪くなってしまうことが多いです。

こうならないようにするためにも
歯科医院での定期検診を受けることをおすすめします。
定期的にお口の中の状態をチェックし
普段の歯磨きの仕方を確認、見直していくことで
むし歯や歯周病は防ぐことができます。

当院にずっと定期的にメンテナンスで通っている方は
80、90歳を過ぎた方でも自分の歯を20本以上保って
元気に過ごされている方が多いです。

皆さんも歯科医院で定期的な検査・クリーニングを受けて
健康な歯を維持していきましょう。

歯科衛生士 マキ

2014年12月 6日

先日、NHKのプロフェッショナルという番組で
歯科医師の熊谷先生を取り上げていました。

熊谷先生は予防歯科(虫歯や歯周病などの病気にならにようにする)
の先生です。

この先生は患者さんが初診でみえても
どうしても痛みに耐えられなかったりしない限りは
治療をせず、必要な検診や資料をとり
まずは患者さん自身がどうしたら虫歯や歯周病にならないか
理解してもらい、そのためのセルフケアを実行してもらってから
やっと治療に入るという方針を行っています。

初めは患者さんにとっては理解しがたいと思う方も多いと思います。
しかし、自分自身で口腔内を守れる人は
今までに比べて今後、虫歯や歯周病になるリスクが大幅に減るので
治療することが減ってくるでしょう。

患者さんに歯をたくさん残すためにも
どうしたら虫歯や歯周病にならないのか
知識をもってブラッシングが出来るようになってもらえるのか
改めて考えていきたいなと思いました。

歯科衛生士 アキ

2014年12月 5日

以前、歯ブラシは2週間で取り替えましょう、
歯ブラシには細菌が付いているのでと画像つきでご紹介しました。
今回は歯ブラシの保管方法です。

歯ブラシを使った後は、
流水でよく洗い、よく水をきり、乾燥させることが大事です。
植毛部を上にして風通しのよいところで保管しましょう。

注意したいのは、

・1つのコップで複数の歯ブラシを保管しないこと。
 毛先が触れ合ってしまうと歯ブラシを共有していることと同じことになります。

・ユニットバスの洗面所に置かないこと。
 トイレの細菌に汚染されてしまいます。

・戸棚に入れたりケースなどで歯ブラシを覆ったりしないこと。
 湿度のあるろころでは菌の繁殖を促してしまいます。

です。

清潔に保つようにしましょう!

受付 リサ

2014年12月 3日

皆さんデンタルフロスはご存知ですか?
デンタルフロスは糸ようじとも言います。

デンタルフロスは歯と歯の間をお掃除をするための道具です。
むし歯、歯周病、口臭予防に効果的なものです。

歯ブラシでのお掃除も上手くお掃除すれば歯垢(デンタルプラーク)の
除去にはとても有効的ですが歯と歯が接しているところは
歯ブラシでいくら突っついてお掃除をしても取れません。

むし歯や歯周病、口臭などの予防には、歯垢を残さないことが肝心です。

使う順番としてデンタルフロスをしたあとに歯ブラシで浮いた汚れを
除去します。

デンタルフロスを使用することで夜寝ている間の
お口の中の細菌の数も減ります。

デンタルフロスの使い方がいまいちわからなかったり
ご不安であればいつでもご相談ください。

むし歯、歯周病、口臭予防には歯垢を残さずに落とすことが大切です。
予防の為にもデンタルフロスを習慣化してみませんか?

歯科衛生士  マヤ

ホワイトニングキャンペーンが始まりました!

年末年始のお出かけに
口元もキレイにしましょう!!

26年12月1日~27年1月31日まで
10%OFFです。

是非、この機会にご来院下さい!

ご予約のご連絡お待ちしております。

受付

« 2014年11月 | メイン | 2015年1月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
初谷歯科医院 院長 : 初谷 宏一

医療法人社団NDO
初谷歯科医院
院長 初谷 宏一

www.hatsuya-dental.com

日本顎咬合学会認定指導医
日本歯内療法学会認定指導医

【所属学会】
 米国歯内療法学会正会員
 日本顎態調和法研究会
 日本ヘルスケア会員
 CBSベーシックコース主宰