«  2016年9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« 歯と身体の健康づくり | メイン | 詰め物がとれたり、歯がかけたり 四ツ谷・麹町駅近くの初谷歯科 »

2014年12月15日

今月は診査診断についての勉強会を行いました。
まず、どの科においてもそうだと思いますが治療をする前に
正確な"診断"を行うことがとても大切になります。

正確な診断を行うにあたり必要になるのが色々な情報です。
そして、この情報を得るために必要なのが色々な診査です。
まずは患者さん自身がどこが気になるのか?痛いのか?
問診から始まります。
そして、実際に目で見て症状の原因となる部位を確認します。
この時に、より正確に確認するために肉眼ではなく
拡大鏡を使って口腔内を診るようにしています。

また、被せ物がしてある歯や歯の根の方で症状が出ている場合
目で見て確認することはできません。
こういう場合は部分的にレントゲンを撮って
内部の状態を診査していきます。
症状が出ている歯を特定するのが難しい場合
色々な方法で検査し診断をしていきます。

先生だけでなく私たち歯科衛生士も診断に必要な
診査を行う場面があります。
正確な診査ができる様よう手技の向上に努めるとともに
その検査が何のために必要なのか患者さんが理解できるよう
説明の仕方についても考えていかないといけないなと思いました。

歯科衛生士 マキ

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
初谷歯科医院 院長 : 初谷 宏一

医療法人社団NDO
初谷歯科医院
院長 初谷 宏一

www.hatsuya-dental.com

日本顎咬合学会認定指導医
日本歯内療法学会認定指導医

【所属学会】
 米国歯内療法学会正会員
 日本顎態調和法研究会
 日本ヘルスケア会員
 CBSベーシックコース主宰