«  2015年3月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2015年3月31日

四ツ谷駅前の桜もキレイに咲きました!
IMG_0332sakura.JPG
暖かく過ごしやすく桜もキレイで気持ちがいいですね!

歯もキレイにしましょう!
外国では歯がキレイ、清潔なことはステイタスです。
日本人にも、もっと意識をもってほしいと思います。

先日、某テレビ番組である方が
電動歯ブラシのブラシ部分を1週間で交換すると言っておりました。
とても良いことだと思いますが、
他の沢山のタレントさんたちからは「えー!」と
驚きの声があがっていました。
私はその驚きの声があがることにビックリしました。
みなさんは、どれくらいで歯ブラシを交換するのでしょう。

最低でも2週間ごとに取り替えましょう。
毛先が広がったらなどと聞いたりしますが、
広がるのは当て方だったり当てる強さで変わっていきますよね。
広がるのを待っていたらいつになるのでしょう。
目に見えない汚れがついていたり、
目に見えなくても毛先の頭は丸くなっていたりします。
衛生的にもよくないですよ。

受付 リサ

2015年3月30日

院長は長らく青年海外協力隊の
歯科の技術専門委員として歯科医・歯科衛生士・歯科技工士の
派遣者の選定業務活動や現地からの
歯科相談などにもかかわってまいりました。
この度、JICAより感謝状を贈られました。
IMG_0327jicaj.JPG
今後は若い先生に引き継いでもらいますが
世界で更に日本の歯科がお役に立てるといいですね。

2015年3月24日

当院に何年か通院していた患者さんIさんは、
何と現在通っている大学をやめて
歯科大に編入することにしたそうです。
当院において治療を受けている間に
すっかり歯科に感銘を受けて目覚めたそうです。
まさしくDentistry is a Work of Love(内村鑑三)ですね。
dentistry.jpg

彼女は以前に住んでいたイギリスでの治療があまりに
ひどかった為、将来はイギリスで開業して皆を救ってあげたいとのことです。
夢はグローバルで素晴らしいことですね。

受付

いつも定期検診などで下の前歯の舌側に
歯石が付いている方が多くみられます。

歯石になるにはいつもそこにプラーク(細菌の塊)があり
唾液のカルシウム成分などによって歯石になってしまうのです。

ただむし歯にはなっていません。
何故なのでしょう。

先程も唾液が・・・というように下の前歯の舌側には舌下腺という
唾液の出る穴があります。
正常であれば、常に豊富な唾液に歯がさらされ、
汚れをいくらか洗い流してくれたり抗菌作用が働きます。

唾液にはカルシウムやリンが含まれているので
プラーク(細菌の塊)が少しずつ唾液の成分で石灰化を起こし
歯石になります。

ですので大量のプラーク全てが歯石になるのではなく
毎日少しずつ歯石が作られていくのです。

先程もお話ししましたが、下の歯は唾液が豊富なので
唾液の洗浄効果抗菌作用などによってむし歯になりにくい
部位だと考えられています。

逆に上の前歯は唾液が少ないのでむし歯のできやすい部分です。
(特に歯と歯の間)


いずれにしろうまくお掃除をしてむし歯で歯を削らないよう
上手くお掃除をしましょう。


歯科衛生士  マヤ

2015年3月18日

今や、ネットの動画サイトでいろんな情報がみれますね。
日本訪問歯科協会からYou Tubeに口腔ケアチャンネルで
いろんな動画が配信されております。
再生回数が多いのは
舌のマッサージとストレッチ、パタカラ体操、などで
現役の歯科医師が無料で公開しております。
具体的なケアやリハビリの方法など
他にも沢山の動画が配信されております。

ぜひ、ご覧になられてみて下さい。

受付 リサ

2015年3月17日

歯周病が進行して歯周ポケットがどんどん深くなると、
歯を支えている骨が溶けはじめ、最後には歯を支えられなくなり
歯が抜けてしまいます。

またこの頃にはすでに口臭が発生しています。

そして骨が溶けるのは、歯周病菌から自分を守ろうと
免疫機能が働いて、病気になるのを防ぐために
一本の歯を犠牲にしようとします。

つまり「免疫機能が高い人程歯周病の進行が速い」のです。

歯周病を予防するために毎日の正しい歯磨きが必要です。
磨き残しがあるところはおよそ2週間で歯石になってしまいます。

また上手く掃除が出来ていても毎日噛みしめたり
歯ぎしりをしたりすることによって歯が揺さぶられ
歯と歯ぐきの境目に大きな溝(歯周ポケット)ができてしまいます。

歯周ポケットが深い分、汚れをそのままにしておくと
歯周ポケットのなかにどんどんよごれが入りこんでしまいます。

歯周病にならないよう上手くお口の中の管理をして
一生自分の歯で生活していきたいですね。


歯科衛生士  マヤ

2015年3月13日

歯周病になる原因はいくつかありますが
今回はプラーク(細菌の塊)についてお話しします。

まずお口の中の磨き残しをそのままにしておくと?

磨き残しは細菌の塊であるプラークとなり、それがいつまでも
歯に付いているとそのうち歯石になります。

歯石の表面はザラザラしており、構造は珊瑚や軽石のように
無数の穴が空いています。
その穴の中に細菌たちが住んでいます。

そのため歯ぐきは「汚いもの(プラーク)」から逃げようとして
歯の表面から離れ隙間が出来ます。そこにまた磨き残したプラークが付き
歯石になりさらに歯と歯ぐきの境目の溝がどんんどん深くなります。

病的な歯と歯ぐきの溝を歯周ポケットと呼びます。
その深さによって歯周病がどのくらい進行しているのかを知る目安として
歯ぐきの検査をします。

次回続きをお話しいたします。

歯科衛生士  マヤ

歯の治療は、何回も繰り返す程ダメージを受けて治りが悪くなり
その歯は長持ちしなくなります。

最近、当院にみえた患者さんは
近隣の歯科医院で数年歯の痛みによって治療を受けました。
しかし、痛みはいつまでたってもとれませんでした。
そして、その先生にはもう来なくていいと言われたとのことでした。
仕方なく大学病院に行き、せっせと何年も通いましたが
少しも痛みはとれませんでした。
結局大学病院でも抜歯せざるおえないということで
口腔外科のになりました。
しかし、その方はその前にひょっとしてということで
以前に来院した当院にみえたのです。
治療の結果、痛みはとれ今までの時間と労力は
なんだったんだろうと思っておられます。
朝目が覚めて、あの歯の痛みがない事に気づき、
嬉しさのあまり涙が止まらなかったとのことでした。

ですから、歯科の治療は初期の段階でしっかり治療して
長く持たせられるようにしなくてはならないのです。

院長 初谷宏一

2015年3月11日

2月の末に勉強会を行いました。

今回は普段何気なく使っている私たちの"歯"って何なんだろう?
ということについて考え学びました。

歯の役割と言うと噛んで食べものを細かくするだけの機能
と思いがちですが
歯は目や耳と一緒で感覚を受容する大切な器官で
センサーの役割をしています。
そして歯から得た情報は脳が処理しているので
固い物が歯に触れれば気を付けて噛むようにしますし
食べ物の食感、歯触りを楽しみながら食事をすることができます。
すなわち私たちは"脳"で物を噛んでいるということになります。

けれど、その大事なセンサーの役割をしている歯が
むし歯で穴が空いたまま放置してあったり
歯が1本抜けたままになっている
咬み合わせに問題が生じ
歯だけではなく脳の方にも問題が生じてきてしまいます。

今回の勉強会で改めて歯の重要を感じましたし
歯や歯肉と部分的に診ているだけではなく視野を広く
全身と歯について考えながら、皆さんの健康のサポートが
出来るよう今後もこの様な勉強会を通して理解を深めて
皆さんにお伝えしていけたらと思います。

歯科衛生士 マキ


2015年3月 9日

PMTCをしていればむし歯にならないのか・・・

PMTCをしていてもご自身の毎日の正しいお掃除が出来ていなければ
むし歯、さらには歯周病になりやすくなってしまいます。

ですので毎日の歯磨きにPMTCをプラスしてあげることで
むし歯や歯周病に対して予防することが出来ます。

当医院ではほとんどの患者様が3~4か月に1回のペースで
受診されています。

ただし、患者様お一人お一人のむし歯、歯周病に対する抵抗力などによって
受診するペースは異なります。
PMTCを受けることでむし歯、歯周病予防になり、
また仮にむし歯になっていてもひどくなる前に治療も最小限で
済む場合があります。

PMTCはプラーク、バイオフィルムを除去するだけではなく
新たにプラークをつきにくくする効果もあります。

自分の歯で一生生活していけるよう継続してPMTCを受けましょう。

歯科衛生士  マヤ

2015年3月 5日

最近は日本人の健康意識も高まり、
歯や口腔内の検診やクリーニングに
定期的に通われる方が大変多くなりました。

口元がきれいになると、表情が明るくなり、
印象もぐっと良くなりますね。
反対に口元が気になると動作や態度に表れて、
あなたの魅力も半減してしまいますね。
ですから、口元が良くなると自信がついて
気持ちも前向きになってきます。
白く美しい歯、しっかりした歯肉、口臭がない、
勿論、虫歯がないことです。
さあ、あなたも口元美人にチャレンジしましょう!

受付

2015年3月 4日

今朝、テレビで3月から就職活動が解禁になり、
就職活動の面接の際についての身だしなみについて
放送されていました。
企業の面接官経験者の方が言っていたのは、
やはり身だしなみが整っているか、清潔感があるかを
チェックしているとのことでした。
髪の毛、髪の毛の色、爪、メイク、スーツなどなど
取り上げられていました。
ただ、皆さんお口もしっかり整えていますか?
せっかく身だしなみが整って清潔感あるいい印象を与えていても、
面接時にお話したときに見えた歯が汚れていたり、
口臭がしたら不快感をあたえてしまいます。
そうならなためにも、お口もしっかりチェックしておきましょう!
目に見えない、見えずらいところまでも
キレイに整えていることが大切です。

受付 リサ

2015年3月 3日

PMTCはご自身で磨いているだけではとれない歯の表面についた
細菌の膜(バイオフィルム=むし歯や歯周病のもとになる細菌の塊)や
歯と歯の間の汚れを機械的に除去します。

反復してPMTCを行うことで歯と歯ぐきの溝の細菌の構成に
影響を与え、さらに歯周病菌の数も減ります。

スウェーデンの研究によると定期的にPMTCを受けたグループと
受けなかったグループで20年間の間にどのくらい
むし歯が発生したか比較しました。

結果はPMTCを受けなかったグループは受けたグループに比べ、
70倍むし歯になってしまいました。

PMTCはご自身では落としきれない歯についたバイオフィルム、
プラークを落とすことができるためこのように
むし歯を予防する効果が高いのです。


歯は磨かなくていい、必ずむし歯にならないのか
ということについて次回お話しいたします。


歯科衛生士  マヤ

2015年3月 2日

先日、テレビのニュース(2月16日)で虫歯のない学校というのが
とりあげられていました。
滋賀県の竜王中学校では何と中学1年の9割が虫歯がないというのです。

学校で生徒達は1分間うがいをします。
そのうがいの中にフッ素が入っているのです。
フッ素は歯の表面を強くして酸をブロックするので
虫歯予防に効果があると言われています。
厚生労働省にも認められており、
各自治体にフッ素うがいの方法を指示しているそうです。

最近は様々なフッ素入り歯磨きが販売されていますね。
こういう物を活用して少しでも虫歯予防してみてはいかがでしょうか。

受付

« 2015年2月 | メイン | 2015年4月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
初谷歯科医院 院長 : 初谷 宏一

医療法人社団NDO
初谷歯科医院
院長 初谷 宏一

www.hatsuya-dental.com

日本顎咬合学会認定指導医
日本歯内療法学会認定指導医

【所属学会】
 米国歯内療法学会正会員
 日本顎態調和法研究会
 日本ヘルスケア会員
 CBSベーシックコース主宰