«  2015年3月13日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2015年3月13日

歯周病になる原因はいくつかありますが
今回はプラーク(細菌の塊)についてお話しします。

まずお口の中の磨き残しをそのままにしておくと?

磨き残しは細菌の塊であるプラークとなり、それがいつまでも
歯に付いているとそのうち歯石になります。

歯石の表面はザラザラしており、構造は珊瑚や軽石のように
無数の穴が空いています。
その穴の中に細菌たちが住んでいます。

そのため歯ぐきは「汚いもの(プラーク)」から逃げようとして
歯の表面から離れ隙間が出来ます。そこにまた磨き残したプラークが付き
歯石になりさらに歯と歯ぐきの境目の溝がどんんどん深くなります。

病的な歯と歯ぐきの溝を歯周ポケットと呼びます。
その深さによって歯周病がどのくらい進行しているのかを知る目安として
歯ぐきの検査をします。

次回続きをお話しいたします。

歯科衛生士  マヤ

歯の治療は、何回も繰り返す程ダメージを受けて治りが悪くなり
その歯は長持ちしなくなります。

最近、当院にみえた患者さんは
近隣の歯科医院で数年歯の痛みによって治療を受けました。
しかし、痛みはいつまでたってもとれませんでした。
そして、その先生にはもう来なくていいと言われたとのことでした。
仕方なく大学病院に行き、せっせと何年も通いましたが
少しも痛みはとれませんでした。
結局大学病院でも抜歯せざるおえないということで
口腔外科のになりました。
しかし、その方はその前にひょっとしてということで
以前に来院した当院にみえたのです。
治療の結果、痛みはとれ今までの時間と労力は
なんだったんだろうと思っておられます。
朝目が覚めて、あの歯の痛みがない事に気づき、
嬉しさのあまり涙が止まらなかったとのことでした。

ですから、歯科の治療は初期の段階でしっかり治療して
長く持たせられるようにしなくてはならないのです。

院長 初谷宏一

« 2015年3月11日 | メイン | 2015年3月17日 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
初谷歯科医院 院長 : 初谷 宏一

医療法人社団NDO
初谷歯科医院
院長 初谷 宏一

www.hatsuya-dental.com

日本顎咬合学会認定指導医
日本歯内療法学会認定指導医

【所属学会】
 米国歯内療法学会正会員
 日本顎態調和法研究会
 日本ヘルスケア会員
 CBSベーシックコース主宰