«  2015年4月 5日 - 2015年4月11日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2015年4月 7日

フッ素は歯の表面に作用します。
唾液とプラーク(細菌の塊)の中に供給された低濃度のフッ素は
歯の脱灰(歯が溶ける)するのを抑えて、再石灰化(修復)を促進します。

低濃度のフッ素は高頻度に使ってあげると良いです。
毎日の歯磨きの時に使う歯磨き粉やフッ素の入った洗口剤。


よくフッ素は危険じゃないのかという声もたまに聞こえてきますが、
フッ素は、自然界では土壌や海水、大気中に存在しています。

濃度の違いはありますが地球上の水、すべての食べ物や飲み物には
必ずフッ素が含まれています。
この濃度も微量であり心配することはありません。

フッ素が毒かどうかは使用量によります。
たとえばビタミンA、ビタミンD、食塩、みずでさえも、
不足していると障害が現れますが、
摂りすぎても有害となります。

適量を摂取することが大切なのです。


歯科衛生士   マヤ

« 2015年3月29日 - 2015年4月 4日 | メイン | 2015年4月12日 - 2015年4月18日 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
初谷歯科医院 院長 : 初谷 宏一

医療法人社団NDO
初谷歯科医院
院長 初谷 宏一

www.hatsuya-dental.com

日本顎咬合学会認定指導医
日本歯内療法学会認定指導医

【所属学会】
 米国歯内療法学会正会員
 日本顎態調和法研究会
 日本ヘルスケア会員
 CBSベーシックコース主宰