«  2015年5月13日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2015年5月13日

歯周病を悪化させる原因の一つに骨粗しょう症があります。

骨粗しょう症は加齢とともに進行します。
特に女性は閉経後ホルモンの影響で進行が著しくなります。

骨粗しょう症によって骨がスカスカになりもろくなると
歯を支えているあごの骨ももろくなります。

上手くお掃除が出来ていないところ、
つまり磨き残しで汚れ(プラーク)が残っていたり
すでに歯周病が進行しかかっている場合、
急速にあごの骨が溶けやすくなり歯周病が悪化してしまいます。

さらに咬み合わせに問題があると歯周病はさらに
深刻になっていきます。

骨粗しょう症を予防するためにも毎日のバランスのとれた食事や
適度な運動などを心がけ、歯周病の悪化も防いでいきたいですね。


歯科衛生士 マヤ

« 2015年5月12日 | メイン | 2015年5月14日 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
初谷歯科医院 院長 : 初谷 宏一

医療法人社団NDO
初谷歯科医院
院長 初谷 宏一

www.hatsuya-dental.com

日本顎咬合学会認定指導医
日本歯内療法学会認定指導医

【所属学会】
 米国歯内療法学会正会員
 日本顎態調和法研究会
 日本ヘルスケア会員
 CBSベーシックコース主宰