«  2016年9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« 歯周病とストレス 四ツ谷・麹町駅近くの初谷歯科 | メイン | 妊娠期のお口のケア② 四ツ谷・麹町駅近くの初谷歯科 »

2015年11月20日

先日、テレビで子供のむし歯予防についてやっていました。
番組内では、歯磨きより食べ物や食べ方が
むし歯に大きく関わっていると伝えていました。

むし歯菌が口の中の糖分を栄養にして巣をつくります。
これがプラークです。このプラークが酸を出して歯を溶かします。
これがむし歯の始まりです。

歯磨きでプラークを完全にとりきる事は難しい。
それよりも食べ物や食べ方に気をつけて、
プラークが付きにくい状態にする方が賢明だということでした。
その為には1つ目は、
甘いもの・味の濃いものを避ける
(味の濃いものに慣れてしまうとより甘いものを好むようになるそうです。)
2つ目は、唾液(唾液には再石灰化作用があってミネラルを修復する作用があります。)

唾液の力を発揮させるには
食べるとき食べない時のメリハリをつけることが大切です。
ダラダラ食べていると常に口の中が酸性になって
唾液の力が間に合わないのです。

むし歯予防には歯ブラシ!と一つのことにとらわれずに、
その他の事も工夫して色々な角度からケアをして歯を守っていきましょう。

歯科衛生士 サキ

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
初谷歯科医院 院長 : 初谷 宏一

医療法人社団NDO
初谷歯科医院
院長 初谷 宏一

www.hatsuya-dental.com

日本顎咬合学会認定指導医
日本歯内療法学会認定指導医

【所属学会】
 米国歯内療法学会正会員
 日本顎態調和法研究会
 日本ヘルスケア会員
 CBSベーシックコース主宰