«  2016年4月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2016年4月22日

むし歯は"歯の質""糖分""細菌"の3つの要因が揃った時に
できると言われています。口の中に歯たくさんの細菌が住んでいて
食べかすなどの糖分を栄養にして酸を作りだします。
その酸によって歯の表面が弱くなり少しずつ溶けてむし歯になります。
毎日の歯磨きで細菌を減らすことと、食事の摂り方である程度
予防していくことができますがフッ素を取り入れるとより効果的に
むし歯の予防ができます。
効果としては
①歯の表面(エナメル質)が強化され酸に溶けにくい丈夫な歯になります
②歯から溶け出した"リン"や"カルシウム"が再び歯に戻る再石灰化を助けます
また高濃度のフッ素では
③細菌に働きかけ菌が酸を作るのを抑えます
フッ素は歯科医院で塗布する高濃度のフッ素からご家庭で習慣的に使える
歯磨き粉やフッ素ジェル、洗口液などがあります。
子供の頃から取り入れることでむし歯になりにくい歯にしていくのに
とても効果的ですし、成人の方も歯の根の部分や詰め物の
境目からおこるむし歯の予防に効果的です。
使用方法等フッ素を使ってみたいという方は歯科医院で相談してみましょう。

歯科衛生士 マキ

銀色の詰め物を外して、その下がむし歯になって
神経にまで達すると神経をとる治療になります。

神経のある歯は、歯の中に神経と栄養を送る為の血管が
入っています。

神経をとるということは血管も取ることになるので
その歯に栄養がいかなくなり枯れ木のような状態になります。

枯れ木のような状態になるのでその歯は
神経がある歯に比べると弱くなります。

根の治療が終わった後土台を立てて歯の強度を保ったり
咬み合わせが悪くならないためにも被せ物をしていきます。

ご自身のお口の中を鏡で見てみて、
銀色の詰め物が入っていないかなど観察をしてみましょう。


歯科衛生士  マヤ


<乳歯列期>
生後6か月頃から乳歯が生え始め、
2歳半~3歳ころには乳歯が全てそろい20本になります。

1歳半を過ぎると虫歯菌が存在するようになってきます。
これが虫歯の大きな要因ではありますが、
むし歯のなりやすさは半分は遺伝、半分は環境です。

環境で一番大切なのは生活習慣。
夜食を食べたと磨かないで寝てしまう、
甘いものを与えがちで仕上げ磨きをあまりしないなどです。
特に飲み物は要注意です。
野菜ジュースなどは意外と酸性度が高い為注意が必要です。
毎日ジュースを飲むときは直後に水でうがいをしたり、
歯磨きの後フッ素ジェルなどをつけるようにしてケアしていきましょう。

歯科衛生士 サキ

2016年4月21日

妊娠は家族で歯の健康を考えるチャンスです。

妊娠中に出来ること2つ目は、
妊娠中から自分自身の健康を保つことです。
むし歯は虫歯菌がうつる事によっておこる感染症なので、
家族全員の虫歯菌が少なければ子供にうつるリスクも少なくなります。
 
妊娠をきっかけに、家族全員がお口のケアに興味を持ついい機会にしてみましょう。

歯科衛生士 サキ

2016年4月20日

<胎児期>
歯の成長はおなかの中ですでにはじまっています。
乳歯の芽は妊娠7週頃からつくられ始め、
妊娠4,5ヶ月頃になると永久歯の芽までつくられはじめます。
 
つまり〝歯育て"はおなかの中からはじまります。

子供に歯で苦労させたくないと皆さんも思っているとおもいます。
その為にも妊娠中から出来ることがあります。

1つは、歯の形成を助ける栄養素を十分に摂取することです。
丈夫な歯を育てるのにカルシウムとリンが重要ですが、
これらの吸収を促進するビタミンD,ビタミンEと
一緒に摂取することでより効果が期待できます。
また、良質なタンパク質もかかせません。

理想は和定食。サプリメントに頼ることなく、
バランスのいい食事を心がけましょう。

歯科衛生士 サキ

2016年4月19日

痛くなった歯の治療をくり返さなくてもいいようにするには
何といっても予防です!!
まずは自己管理がある程度は出来なくてはなりません。
その為には、ご自分の状況を知っておく必要があるのですね。

体質と同じようにお口の状態は一人ずつ違うのです。
ですから、その方の状況に応じた
予防方法を考えていくのが効果的なのです。

その為には、ご自分の体質や口腔内の状況を知ることから始めましょう。

いわゆる歯科ドックといわれるものです。
あなたの体質、お口の状況がわかることによって
将来的に虫歯になりやすいが、
どういうケアをしていくか、ケア用品はどういう物かつ、効果的か、
ということがわかってきます。

受付

2016年4月18日

もうすぐゴールデンウィークです!
なかには最大10連休という方もいらっしゃるみたいですね。
ご旅行などお出かけする予定がある方も多いのではないでしょうか。

長期休暇中、楽しんでいる最中に歯が痛くなってしまったら
せっかくの楽しいお出かけが楽しめなくなってしまうほど
苦痛だったっと患者様に聞いたことがあります。
楽しい思いでも、一気に嫌な思い出になってしまうと。
そうならないためにも、長期休暇、長期出張の前には
検診とクリーニングを受けておいた方が安心ですね!
早め早めの対策が重要です!

当院は4月28日(木)~5月6日(金)まで
休診させて頂きます。
5月7日(土)より通常通り診療いたします。

受付 リサ

2016年4月15日

お口の中に銀色の詰め物が入っていませんか?

保険の銀色の詰め物はほとんど発がん性物質が入っていたり
詰め物と歯の隙間があいていたり、そこに食べ物のカスや、
磨き残し(細菌)が入り込んでしまうと銀色の詰め物の下で
むし歯になっていることがあります。

実際、銀色の詰め物を外した患者さんのほとんどが
むし歯になっているのが現状です。

パッと見ただけではむし歯になっているかどうか
わからないこともあり、知らないうちに神経にまで
むし歯菌が浸透していることがあります。

こうなった場合神経をとる治療になってしまいます。

次回神経をとった後の歯の状態をお話しします。


歯科衛生士 マヤ

2016年4月12日

ほとんどの方は毎日歯磨きをしていると思います。
けれども、虫歯や歯周病、口臭になる方はいっらしゃいます。
では、それはどうしてでしょう。
それは汚れが落とせているかいないかや、
それ以外の原因があるからだと思います。
毎日歯ブラシをしているのにという考えは1回頭の隅においておいて、
どうしたら予防できるかというのを考えてみませんか。
その為にも、歯科医院にて定期検診をうけ
自分のお口の中の現状を知り、
歯科衛生士に相談してみましょう。
きっとお役にたつ情報が得られると思いますよ!

いつでもご予約のお電話お待ちしております!

受付 リサ

2016年4月11日

歯磨きをしたり冷たい飲み物などで歯がしみたりすることはありますか?

むし歯が原因でしみたりすることもありますが、
知覚過敏が原因の事もあります。

よくあるのが歯のつけ根が欠けてしみている場合です。
これは噛みしめ歯ぎしりで歯が揺さぶられてしまい
歯のつけ根が毎日少しずつがけ崩れのようにポロポロ歯が
欠けていってしまっているのです。

欠けたままにしておくと、しみるのはもちろん、
汚れが溜まりやすくなったり、むし歯になりやすくなったりします。

そうならないようにプラスチックの詰め物でコーティングをして
しみるのを防ぐことが出来ます。

歯科衛生士  マヤ

2016年4月 8日

虫歯菌や歯周病菌から守ってお口の中を常に清潔に保つことは
全身の健康を守る為にも非常に重要なことです。
でも、それをどのように守っていくかがわからないと
どうしたらいいかわからないですよね。

その為、今までは歯が痛くなったら歯医者さんに行って治療する、
これの繰り返しでした。
でも、これからは自分で自分の健康管理をした方がお得です。
その上で更に定期的に歯医者さんに行って
検査やクリーニングをしてもらえば
常にご自分の今の状態がわかって、
どうしたらよいか対策をたてられます。

お口の中の状況は決して皆同じではありません。
1人ずつ個性があり体質も様々なのです。
まずはあなたの現在のリスク(危険)が何かを
調べるところから始めましょう!

受付

2016年4月 4日

先日、患者さんの口腔、健康のリスクを
今後どのように管理ケアーしていくのがいいのかのセミナーがありました。

自分の身体の一生の健康管理をしていく為には
まず自分の現状をしっかり把握してもらい
その為にはどうしたらよいかを
歯科医師、歯科衛生士がアドバイスしていく必要があるということですね。

今までは痛くなったら診療所に行って
治療してもらう、その繰り返しでしたね。
しかし、それでは身体へのダメージも大きく
また、時間も費用もかかります。

今では自分で取り組む予防の方法がいろいろあります。
それをこれから紹介していきたいと思います。

受付

« 2016年3月 | メイン | 2016年5月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
初谷歯科医院 院長 : 初谷 宏一

医療法人社団NDO
初谷歯科医院
院長 初谷 宏一

www.hatsuya-dental.com

日本顎咬合学会認定指導医
日本歯内療法学会認定指導医

【所属学会】
 米国歯内療法学会正会員
 日本顎態調和法研究会
 日本ヘルスケア会員
 CBSベーシックコース主宰