«  2016年4月10日 - 2016年4月16日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2016年4月15日

お口の中に銀色の詰め物が入っていませんか?

保険の銀色の詰め物はほとんど発がん性物質が入っていたり
詰め物と歯の隙間があいていたり、そこに食べ物のカスや、
磨き残し(細菌)が入り込んでしまうと銀色の詰め物の下で
むし歯になっていることがあります。

実際、銀色の詰め物を外した患者さんのほとんどが
むし歯になっているのが現状です。

パッと見ただけではむし歯になっているかどうか
わからないこともあり、知らないうちに神経にまで
むし歯菌が浸透していることがあります。

こうなった場合神経をとる治療になってしまいます。

次回神経をとった後の歯の状態をお話しします。


歯科衛生士 マヤ

2016年4月12日

ほとんどの方は毎日歯磨きをしていると思います。
けれども、虫歯や歯周病、口臭になる方はいっらしゃいます。
では、それはどうしてでしょう。
それは汚れが落とせているかいないかや、
それ以外の原因があるからだと思います。
毎日歯ブラシをしているのにという考えは1回頭の隅においておいて、
どうしたら予防できるかというのを考えてみませんか。
その為にも、歯科医院にて定期検診をうけ
自分のお口の中の現状を知り、
歯科衛生士に相談してみましょう。
きっとお役にたつ情報が得られると思いますよ!

いつでもご予約のお電話お待ちしております!

受付 リサ

2016年4月11日

歯磨きをしたり冷たい飲み物などで歯がしみたりすることはありますか?

むし歯が原因でしみたりすることもありますが、
知覚過敏が原因の事もあります。

よくあるのが歯のつけ根が欠けてしみている場合です。
これは噛みしめ歯ぎしりで歯が揺さぶられてしまい
歯のつけ根が毎日少しずつがけ崩れのようにポロポロ歯が
欠けていってしまっているのです。

欠けたままにしておくと、しみるのはもちろん、
汚れが溜まりやすくなったり、むし歯になりやすくなったりします。

そうならないようにプラスチックの詰め物でコーティングをして
しみるのを防ぐことが出来ます。

歯科衛生士  マヤ

« 2016年4月 3日 - 2016年4月 9日 | メイン | 2016年4月17日 - 2016年4月23日 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
初谷歯科医院 院長 : 初谷 宏一

医療法人社団NDO
初谷歯科医院
院長 初谷 宏一

www.hatsuya-dental.com

日本顎咬合学会認定指導医
日本歯内療法学会認定指導医

【所属学会】
 米国歯内療法学会正会員
 日本顎態調和法研究会
 日本ヘルスケア会員
 CBSベーシックコース主宰