«  2016年5月23日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2016年5月23日

前回、歯石は下の前歯の裏につきやすいとお伝えしました。
今回は、なぜ歯石を検診クリーニングで
除去したほうがいいのかをお伝えしたいと思います。

歯石は軽石のように小さな穴があり、
そこを住みかに細菌が繁殖し、毒素を出します。
その毒素が原因で歯茎が腫れたり、
歯の周りの骨を溶かす歯周病の原因になります。
歯石の中の細菌は歯磨きなどでは取れません。、
なので、ついてしまった歯石は歯科医院に定期的に行き、
歯石除去をしてもらったほうがよいのです。

歯石はプラークをたった2日磨き残しただけでついてしまいます。
一番は歯石を作らないためにも、プラークを磨き残さないことです!
磨き残さないように上手く歯磨きをしましょう!

受付 リサ

歯周病の治療をするにあたって一番重要なことはなんだか知っていますか?
歯科医院に頑張って通って治療してもらうこと、と思いがちですが
これだけでは歯周病は良くなりません。

歯周病を良くしていくためには歯科医院での治療、クリーニングと合わせて
みなさんの"生活習慣"と"自己管理"がとても大切になってきます。
歯周病は日本人の80%以上がかかっている"生活習慣病"です。
治療して歯周病が良くなっても自己管理がうまくできていないと
治療する前の振出しに戻ってしまいます。
なので、みなさん自身でもお口の中を清潔に管理していく
という意識がとても大切になります。
また、タバコや食事の栄養面、睡眠、その他の病気の管理も大切です。

歯周病は終わりのない病気ですが、うまく管理することで悪くなるのを
食い止めていくことはできます。
当院では歯科衛生士がみなさん一人一人にあったお掃除の方法から
メンテナンスまでしっかりみなさんのサポートをしていきます。
わからないことは相談くださいね。

歯科衛生士 マキ

« 2016年5月20日 | メイン | 2016年5月24日 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
初谷歯科医院 院長 : 初谷 宏一

医療法人社団NDO
初谷歯科医院
院長 初谷 宏一

www.hatsuya-dental.com

日本顎咬合学会認定指導医
日本歯内療法学会認定指導医

【所属学会】
 米国歯内療法学会正会員
 日本顎態調和法研究会
 日本ヘルスケア会員
 CBSベーシックコース主宰