«  2016年6月 3日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2016年6月 3日

歯と歯の間はむし歯や歯周病が始まりやすいところです。

それは磨き残しが多くなりやすく、日本ではデンタルフロス
(糸ようじ)を使っている方、正しく使えている方が少ないため
歯と歯の間がむし歯になったり、歯ぐきが腫れやすくなってしまいます。

またデンタルフロスが使えないときにでも有効なお掃除方法があります。

それは、つっつき磨き~つまようじ法~です。
歯ブラシの毛先をつまようじに見立てて、
歯と歯の間に入れて汚れ(歯垢)を掻き出します。

最初は歯ぐきに炎症が起きていたり、歯ぐきが柔らかくなっているので
歯ぐきから血が出ます。
これは「ここに細菌(歯垢)がいますよ」と体からのSOSのサインです。

うまくお掃除ができるようになってくると
歯ぐきが引き締まり血が出なくなります。

磨き残しが減り、歯ぐきが引き締まることで口臭が減ったり、
歯のぐらつきが改善されたりもします。

具体的な磨き方は私たち歯科衛生士にお聞きください!


歯科衛生士  マヤ

« 2016年5月31日 | メイン | 2016年6月 7日 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
初谷歯科医院 院長 : 初谷 宏一

医療法人社団NDO
初谷歯科医院
院長 初谷 宏一

www.hatsuya-dental.com

日本顎咬合学会認定指導医
日本歯内療法学会認定指導医

【所属学会】
 米国歯内療法学会正会員
 日本顎態調和法研究会
 日本ヘルスケア会員
 CBSベーシックコース主宰