«  2016年6月 5日 - 2016年6月11日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2016年6月 8日

歯並びや噛み合わせの悪さは、私たちの健康に
どのような影響があるのでしょうか。

例えば、前歯が出ている方は、唇が閉じにくく、普段から
口が開いている状態になりやすいので、歯や歯ぐきが乾き
汚れが溜まりやすくなったり(唾液が洗い流してくれないため)
歯ぐきに炎症が起こりやすくなります。
そのままにしておくと歯周病を誘発しやすくなります。

噛み合わせの矯正で噛み合わせを改善すると、
上下で噛んだ時の接触する点が増え、1本当たりの歯の負担が減ります。

前から4番目の歯で噛むことで歯全体で噛むことができるので
今まで負担になっていた歯を助け歯を長持ちさせることに繋がります。
そして脳の活性化にもなります。

また、歯は体の中で一番最初の消化器官です。
よく噛むと胃や腸の負担も減ります。

当医院では、針金を使わず、歯を抜かない噛み合わせの矯正を
行っています。

今現在どういう状態で噛んでいるかなど、ご興味のある方は
ぜひご相談ください。


歯科衛生士  マヤ

2016年6月 7日

前回、お伝えした歯石を除去したほうがいい理由の続きです。

前回は歯周病の原因になるとお伝えしましたが、その他にもあります!
口臭を防ぐためにも歯石は除去したほうがいいのです。
歯石自体が臭いを発するわけではありませんが、
歯石に住み着く汚れが口臭の原因になります。

また、歯石は自分の目には見えない歯ぐきの中にもつきます。
なので、歯科医院に定期的に検診クリーニングに通い、
歯石がついていたら除去してもらいましょう!

6月4日~6月10日は歯と口の健康週間です。
この機会にぜひ、ご自分のお口の健康を考えてみましょう。

受付 リサ

« 2016年5月29日 - 2016年6月 4日 | メイン | 2016年6月12日 - 2016年6月18日 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
初谷歯科医院 院長 : 初谷 宏一

医療法人社団NDO
初谷歯科医院
院長 初谷 宏一

www.hatsuya-dental.com

日本顎咬合学会認定指導医
日本歯内療法学会認定指導医

【所属学会】
 米国歯内療法学会正会員
 日本顎態調和法研究会
 日本ヘルスケア会員
 CBSベーシックコース主宰