«  2016年6月15日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2016年6月15日

皆さんかぶせ物をした後、その歯はむし歯にならないと
思っていませんか?

かぶせ物をしている歯の土台はご自身の歯なので
歯の付け根や歯と歯の間のお掃除がうまくいっていないと
かぶせ物と歯の隙間から細菌(磨き残し)が入り込み
かぶせ物の中でむし歯になってしまいます。

神経のある歯であればしみたり、痛む可能性があります。
神経のない歯だと、痛みを感じないため
むし歯になっていることに気が付かずに中がボロボロになって
いることがあります。

そうならないためにもデンタルフロスや歯間ブラシで
歯と歯の間の汚れをとり、定期検診でお口の中をチェックしてもらい
かぶせた歯がむし歯にならないようにしていきましょう。


歯科衛生士  マヤ

« 2016年6月13日 | メイン | 2016年6月18日 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
初谷歯科医院 院長 : 初谷 宏一

医療法人社団NDO
初谷歯科医院
院長 初谷 宏一

www.hatsuya-dental.com

日本顎咬合学会認定指導医
日本歯内療法学会認定指導医

【所属学会】
 米国歯内療法学会正会員
 日本顎態調和法研究会
 日本ヘルスケア会員
 CBSベーシックコース主宰